関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

三朝温泉は鳥取一の温泉観光地ですよね。
私はこういう人気温泉地の賑わいが好きで、
そういう町並みをぶらぶら歩くのが、旅に行くと楽しみの一つです。
今回も、ぶらっと三朝の町を散策した後に訪れたのがここ、
ブランナールみささです。

ブランナールみささ(鳥取三朝温泉)源泉かけ流し露天風呂

町営の国民宿舎なんですけど、結構、建物は立派。
さーて、日帰り入浴しますかっと玄関に向かうと立て札が・・・
連休中日で、日帰り入浴を制限しているようで、
その日は15時半までしか受付やっていないとのこと。

別の日帰り探そうかと思ったんですけど・・・
ブランナールみささ(鳥取三朝温泉)源泉かけ流し露天風呂

その反対側、目の前に露天風呂があるではないか。
それも源泉かけ流しで、入浴料は100円!!
こりゃ、ここでええわって料金箱に100円を投入して中へ。

注意書き。
ブランナールみささ(鳥取三朝温泉)源泉かけ流し露天風呂

泉質表らしきもんはなかったので、内湯の情報を拝借。
三朝町有配湯用混合泉 含弱放射能-ナトリウム-塩化物泉で、
源泉温度38.3度でPh7.6の泉質です。
三朝温泉らしい、ラドン泉質をそのまま味わえるなんてね♪

こちらが浴槽。
ブランナールみささ(鳥取三朝温泉)源泉かけ流し露天風呂

この正方形の浴槽が一つだけです。
さっと足を入れてみると、んんっ、なんじゃこれ!!
めっちゃくちゃ熱いんですよ。
おもわず、すぐに上がりましたが、足がまっ赤。
45度ならなんとか私も入れる温度ですから、それ以上。

投入口に近いところに入ったからかもと一番遠い所で慎重に・・・
ブランナールみささ(鳥取三朝温泉)源泉かけ流し露天風呂

じわじわ体を沈めていくと、なんとか我慢できます。
しかし、全く長湯はできません、3分が限度。
ラドン泉質もどうかなんて、この温度じゃ全く分かりはしない。
まあ、元々、この泉質ってさらっとしてますしね。

周りの景色は立つと、見えるって程度。
ブランナールみささ(鳥取三朝温泉)源泉かけ流し露天風呂

しかし、こんな街中で丸見えは困るしね(^^;)

まあ、100円の施設っていえば、まあそんなもんかってとこ。
この温度ではものの10分も持たずに退散ですし、
景色を眺めるってわけでもないですしね。
ならば、この日も休日で大盛況でしたから、
河原風呂にでもいきましょう。
一人でここ入るのは勇気入りますが、誰か入っていれば、
観光客にじろじろ見られますが、男ならなんてことないでしょう。
鳥取三朝温泉、河原風呂の記事はこちら!

住所:鳥取県東伯郡三朝町三朝388-1
電話:0858-43-2211
日帰り入浴時間:10:30~21:00
定休日:無休
日帰り入浴料:大人500円 小人250円
(外の露天風呂は100円)


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

温泉博士、無料入浴手形行脚の旅、一湯目。
まずは、一番遠い、鳥取米子に向かいます。
ここに結構評判のいい温浴施設があるのだ。
涌くわく天然温泉「ラピスパ」を訪問しました。

涌くわく天然温泉 ラピスパ(鳥取米子)

大阪から、中国・米子自動車道を通って、3時間程度かな。
綺麗な施設です。
ただ、その分、施設の利用料は1200円!!
いくら、バスタオル、タオルの貸出あるって言ってもこの値段はね~
今回の無料入浴手形がなければ、スルーしていたでしょう。

その内湯より。
涌くわく天然温泉 ラピスパ(鳥取米子)

広々と開放感があります。

露天も一緒の雰囲気でしたね。
涌くわく天然温泉 ラピスパ(鳥取米子)

この露天にはワイン樽を利用したサウナもあります。

その泉質はこんなの。
涌くわく天然温泉 ラピスパ(鳥取米子)

低張性、弱アルカリ性の高温泉。
源泉温度が43度なので、そのまま源泉かけ流しかと思いましたが、
加水、加温、塩素投入のかけ流しです。
なので、さすがに塩素臭プンプンってわけではなかったですけど、
温泉感は全くなかったですね。

また内湯にはこんなのもありました。
涌くわく天然温泉 ラピスパ(鳥取米子)

岩盤浴の部屋があったんですが、これ誰利用するの?って出来。
ゴージャスな岩盤浴が近年多々あるだけに、これはね~
あと、「癒しの間」ってのが、写真左に写っておりますが、
ここのみどうも源泉かけながしみたいですね。
温度も他よりもヌルメであったし、露天や内湯と比べて、
質は違っておりました。

上がってからの休憩処もリクライニングシートがあります。
涌くわく天然温泉 ラピスパ(鳥取米子)

無料の館内着も貸してくれるので、ここでうだーっとできますね。

近くの皆生温泉と同じ泉質だとは思いますが、
源泉の濃さを感じません。
あと、やはり値段の高さは非常にネックやと思います。
大阪でも源泉かけ流し付き、時間無制限岩盤浴もつけて、
1500円~1600円ぐらいのゴージャススーパー銭湯はいくつかありますが、
こういう施設と比較すると、非常に見劣りを感じます。
一度、この辺りのスーパー銭湯を参考に、料金設定は見直されてはと思いますね。

住所:鳥取県米子市淀江町淀江2-38
電話:0859-56-1111
営業時間:10:00~22:00
定休日:無休
利用料金:大人1200円 子供500円 65歳以上・身障者 800円
(プール利用料金) 大人700円 小人500円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

山陰横断の旅も鳥取市までやってきました。
あとは鳥取道を通って、自宅に帰るだけです。
その鳥取市内にある国民宿舎「山紫苑」に、
今回最後の立ち寄り湯としてやってきました。

国民宿舎 山紫苑(鳥取県・鹿野温泉)

いかにも国民宿舎らしい外観。
国民宿舎 山紫苑(鳥取県・鹿野温泉)

質素で古めかしい雰囲気を持っています。
こちらのお風呂は本館の内湯、露天、
そして新館の展望風呂とあるんですが、
あとでその展望風呂の存在は知ったので、そちらは未訪です。

その泉質表。
国民宿舎 山紫苑(鳥取県・鹿野温泉)

アルカリ性の単純温泉で、源泉温度56.4度。
100%のかけ流しと聞いていたんですけど、ホントに??
この源泉温度をどうやって冷ましているんでしょうか。

こちらが内湯。
国民宿舎 山紫苑(鳥取県・鹿野温泉)

そして、露天です。
国民宿舎 山紫苑(鳥取県・鹿野温泉)

うん、浸かってみてもそのアルカリ感をほとんど感じません。
加水はされているでしょうし、循環もしてるでしょう。

ただ、露天は風情がいいです。
国民宿舎 山紫苑(鳥取県・鹿野温泉)

うん、この庭園風景は、
夜間にライトアップされたら綺麗だろうな。

まあ、国民宿舎らしい施設です。
泉質にもっと期待していただけに、これは残念。
鳥取市内にこだわらなければ、
三朝温泉、岩井温泉などがある鳥取県ですから、
そちらの方に足を運んだ方がいいですね。

住所:鳥取県鳥取市鹿野町今市972-1
電話:0857-84-2211
営業時間:11:00~20:00
定休日:無休
日帰り入浴料:大人500円 小人250円/1泊2食7000円~


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★