関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

温泉宿予約

香川でいいお湯を検索してみても・・・
うーん、なかなかないですね~
ただ、やはり湧いている所には湧いているもんです。
その香川に何カ所しかない、ええ泉質の温泉の一つ、
塩入温泉を今回、うどん巡りの小休止として利用しました。

塩入温泉(香川まんのう町)

山の中の施設ですが、スーパー銭湯並にしっかりと、
設備が綺麗なんですよ。

入ってすぐの所は・・・
塩入温泉(香川まんのう町)

レストランに、野菜の直売もあります。
巨大白菜が200円で売ってたのにはびっくり。

さあ、浴場へ!
塩入温泉(香川まんのう町)

ここは露天はないです、この内湯のみ。
あ、脇に水風呂ありますけどね。
ただ、窓からの風景を眺めることが出来、
光もいっぱいに受け入れており、開放感はあります。
それとサウナも併設されております。
これだけの施設で500円はありがたいですね。

その泉質。
塩入温泉(香川まんのう町)

弱アルカリ泉のそのお湯は、少し白濁しており、
そのぬるすべ度は、こういうアルカリ泉も
あちこち浸かってますが、かなり高いです。
源泉温度からも加温はしてるのは明らか(体感温度41.5度)ですが、
ざーっとかけ流してはいたので、非常に質のよさは素晴らしいです。

外には湯冷ましするスペースもありました。
塩入温泉(香川まんのう町)

山々の景色もなかなかええんで、
ここに露天を作って欲しいところです。

あがってからは。
塩入温泉(香川まんのう町)

休憩処もありますが、場所取りが激しい・・・
マイ毛布をしっかりと、場所取り用に置かれていました。

泉質自体は非常にいいです。
欲を言えば、露天が欲しいかな。。。それも源泉かけ流しのって思います。
あと、地元民の憩いの場となっている(休憩室もそんな感じ)ので、
その辺りを気にせずにいられたら、なかなかええ施設やと思いますよ。

住所:香川県仲多度郡まんのう町塩入718-140
電話:0877-78-3363
営業時間:10:00~21:00(20:30受付終了)
定休日:水曜日・年末年始(12月31日~1月1日)
入浴料:大人500円、小人(3~12歳まで)400円


★この旅は楽天トラベルにて、ビジネスホテル1人3150円で予約できました★
スポンサーサイト
記事編集

温泉宿予約

四国2泊3日の旅、高松での宿泊場所も、大浴場のあるビジネスホテルってことで、
色々探していると、ここ最近勢力を伸ばしている、「ドーミーイン」が、
高松にも出来ているんですね。
ここのホテルチェーンはなかなか評判がいいので、いずれ、どこかに旅行に行ったときに、
泊まろうとは思っていました。
まさか、こんなに早く泊まれるとは思ってなかったですが、楽天トラベルにて予約しました。
「ドーミーイン高松」です。

さぬきの湯 ドーミーイン高松

部屋はシングルでも結構、広めです。
さぬきの湯 ドーミーイン高松

きちんと大きめの液晶テレビがついていましたし、
また、ベッドもシモンズ社製の高級ベッドでした。
やはり寝心地は最高でしたね。
洗面台もトイレとは別になっているので、ユニットバス苦手ですから、
この点もよかったです。

また最上階には、電子レンジ、製氷機も設置されています。
さぬきの湯 ドーミーイン高松

部屋で簡単に食事も手軽にとることができます。

で、ここの一番の目玉は大浴場!
さぬきの湯 ドーミーイン高松

人工ラジウム泉ですが、温泉になっています。
さぬきの湯 ドーミーイン高松

結構、雰囲気は情緒がありますね。
ただ、温度はかなり熱かったです。

こちらは露天。
さぬきの湯 ドーミーイン高松

さすがに市街地のど真ん中ですから、眺望は壁の隙間からになりますけど、
屋外のお風呂はいいですね。
ただ、やっぱり人工温泉は、まあ白湯とほぼ変わらないです。
あ、あとサウナもついてますよ。

また風呂上りに・・・
さぬきの湯 ドーミーイン高松

部屋に戻らなくても、眺望もいい、休憩所があるので、
ここでちょっと間落ち着くのもいいですね。

今回、このシングル、セミダブル2人使用プランでいくらやと思います?
楽天トラベルの割引価格で、6800円で宿泊できました。
高松の繁華街もすぐ近くで便利ですし、部屋もすごく綺麗で大浴場つき。
1ランク上のビジネスホテルですね。

今回の旅のあらすじはこちら!

住所:香川県高松市瓦町1-10-10
電話:087-832-5489
チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00


★今回一人3500円もしないで、楽天トラベルで予約とれました★
記事編集

温泉宿予約

香川はなかなか、温泉のええところに行こうと思うと、
結構、山の奥に入らないと見つけられない。
しかし、一つだけ、高松市街地からすぐに行ける、
ええ泉質やと評判の温泉を伝え聞いた。
琴電に乗って、徒歩含めて、市街地から30分ほどでいけます。
今回の電車の旅ではありがたい♪
「仏生山温泉 天平湯」に立ち寄りました。

仏生山温泉 天平湯

この見た目どうです?
都心のデザイナーズ、スーパー銭湯らしいでしょ。
入ってすぐに、券売機があります。
このスーパー銭湯チックなのに、600円って値段もええですね。

館内に入っても・・・
仏生山温泉 天平湯

こんな感じの休憩スペースがあり、
非常に明るく、空間もめいっぱいゆとりを持って作られているので、
これは心地いい空間ですね。

中に入ると。。。
仏生山温泉 天平湯

大きく分けて、内湯ゾーンと、露天ゾーンに分かれます。
また内湯の奥には、ちょっとちゃっちい岩盤浴のような施設も。
内湯の湯に浸かってみた感じは、塩素臭が結構漂っており、
あまりよくは感じない。

なので露天の方に出てみる。
こちらは熱めとぬるめの2種類に分かれているようだ。
まずは熱めから・・・
そのぬめり感が非常にええ感じで、肌にしっとりと馴染む。
アルカリ性のこのお湯は結構好みですね。

泉質表。
仏生山温泉 天平湯

加温の消毒とあるのだが、内湯と露天の熱めの湯に浸かった感じはそうである。
ただ、かけ流しのお湯であるのも間違いはなかろう。

ただ、露天は熱めのよりぬるめの方がよい!
こっちは加温もされていないだろうと思う濃さを感じるのだ。
泡つきが非常に豊富で、このお湯に浸かってると幸せな気分になれる。

温泉の質としては、かなりの高評価。
そして施設としての、綺麗さ、清潔さ、落ち着きのよさ、どれもがいい。
さすがに香川地区では一番の評判高いお湯に浸かれたなと、
実感できた時間であった。

住所:香川県高松市仏生山町乙114-5
電話:087-889-7750
営業時間:11:00~24:00(土日祝日は9:00~、受付~23:00)
定休日:第4火曜日 (祝日の場合は翌日休)
入浴料:大人600円、小人(3歳~小学生)300円
泉質:仏生山砂蒸し温泉、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物高温泉(弱アルカリ性高張性高温泉)、
泉温:45.2℃


★この旅は楽天トラベルにて、ビジネスホテル1人3150円で予約できました★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。