関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

青森、恐山にやってきました。
その地獄絵図は、私も温泉好きなので、
そういうところは、必ず泉質のええ温泉があるはずです。
ということで、恐山にある温泉を堪能いたします。

恐山温泉(青森むつ市)

まずこちらの門より入山。
この敷地内にある温泉は入山料500円で、
入浴することができます。

まずは地獄をあちこち散策。
恐山温泉(青森むつ市)

さすがに霊場、荒廃した大地のイメージ。
あまりええ空気を感じませんね。

散策はそこそこに温泉入りましょう。
恐山温泉(青森むつ市)

こちらが薬師の湯。
こういう温泉のある建物が敷地にいくつかあります。

花染の湯。
恐山温泉(青森むつ市)

そして、古滝の湯です。
恐山温泉(青森むつ市)

泉質的にはどれもが一緒って言っていいだろう。
あと、建物内の雰囲気も一緒です。

その泉質について。
恐山温泉(青森むつ市)

単純硫黄泉です。
硫黄の成分がとてつもなく多いんでしょうね。
硫化水素ガスによる中毒を気をつけるよう注意書きです。

こちらが浴槽。
恐山温泉(青森むつ市)

2層になっており、あつ湯とぬる湯になっています。

湯温の違いはどうなんだろ、投入量の違いかな。
恐山温泉(青森むつ市)

ですけど、両方とも水道水で加水できるようになっています。
恐山温泉(青森むつ市)

この日はまだ朝早く、誰も入浴していなかったので、
両方の浴槽とも非常に熱い状態でした。
さすがの白濁硫黄泉なんですけど、ゆっくり疲れません。
水道水を全開にして、その近くで堪能。
それでもこの泉質の濃さは変わりませんね。

こちらの温泉施設はここに来る目的の方もあまりいないので、
入山している方が、多いと窓から覗かれることも多いかも。
硫化水素ガス対策で、男湯は窓全開に開けているんですね。
なので、あまり落ち着いて入浴はできないと思います。
泉質はさすがなだけにこの雰囲気はどうもな~

住所:青森県むつ市田名部字宇曽利山
電話:0175-22-3825
営業時間:6:00~18:00 宿坊「吉祥閣」5:00~22:00
定休日:開山期間5月1日~10月31日以外
日帰り入浴料:500円(入山料のみで入浴可)
/宿泊(宿坊「吉祥閣」):入山料+1泊2食付き12000円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

青森県で一番行きたかった温泉がこちらでした。
千人風呂も是非体験してみたかったし、
なによりもその泉質に惹かれていたのだ。
ってな訳で、青森でのメインイベントです。
「酸ヶ湯温泉旅館」です。

酸ヶ湯温泉旅館(青森)

結構、山の中なんですけど、
そんなに道中は悪くなかったですね。
比較的容易に行くことができる秘湯です。

券売機方式。
酸ヶ湯温泉旅館(青森)

こちら、全ての浴槽に入るとなると少し高い。
1000円かかります。
もちろん、ヒバ千人風呂(600円)のスイッチ押しました。

館内。
酸ヶ湯温泉旅館(青森)

古い泉質表。
酸ヶ湯温泉旅館(青森)

歴史の古さを感じます。

で、今度は新しい泉質表。
酸ヶ湯温泉旅館(青森)

もう一つ。
酸ヶ湯温泉旅館(青森)

酸性・含二酸化炭素・鉄・硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉。
源泉温度48.1度、PH1.76。
非常に成分の多い、酸性のお湯です。

浴槽に入ると、さすが千人風呂・・・
ものすごく広い一部屋になっていますね。
奥に熱の湯、手前に四分六分の湯。
そして、入って左側奥にうたせ湯があります。

泉質はさすが。
酸ヶ湯温泉旅館(青森)

奥の熱の湯は熱くて、私には合わないが、
手前の四分六分の湯はなかなか適度。

その四分六分の湯の説明。
酸ヶ湯温泉旅館(青森)

ん?この説明やと四分六分の湯の方が熱いんやんね?
けど、この日は逆でした。

仕上げに打たせ湯でゆったり過ごして〆。

泉質はさすが、これほどまでにはなかなか巡り会えませんね。
あと最後に、この混浴について言及しますと、
女性に非常に敷居が低いと思います。
あ、男女の敷居の壁は高いんですけどね(^^)
その壁の向こうから熱の湯に浸かって進むことできますし、
この白濁りの湯です。
それに浴衣の着用も可、男性の入る位置もきちんと制限しています。
混浴初めての女性にも、ええ温泉やと思いますよ。

住所:青森県青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50番地
電話:017-738-6400
日帰り入浴営業時間:7:00~17:30/
ヒバ千人風呂女性専用時間8:00~9:00、20:00~21:00
定休日:無休
日帰り入浴料:大人600円 小人(小学生)300円/宿泊:1泊2食付8550円~


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

ここ八戸ではどこかで宿泊予定。
青森県のどこにしようか迷ったのだが、
温泉のある健康ランドに併設してる宿を絞って検索。
ってことで、ここにしました。
はちのへゆーゆらんど「新八温泉」です。

はちのへゆーゆらんど 新八温泉 施設編(青森八戸)

八戸市街地からは離れているので、駐車場も広いです。

今回はカプセルではありません。
はちのへゆーゆらんど 新八温泉 施設編(青森八戸)

個室ツインの部屋にしました。
カプセルやと、電源ないので、PCをあまり使えないからね。
楽天トラベルでの予約、この素泊まりで4800円。
まあ、市街地のビジネスより少し安いですね。

まずは館内を探訪します。
はちのへゆーゆらんど 新八温泉 施設編(青森八戸)

こちらがシアタールーム。

そしてリクライニングの部屋です。
はちのへゆーゆらんど 新八温泉 施設編(青森八戸)

あまりこの健康ランドはリクライニングの休憩設備よりも、
ホテルとしての個室の方に力を入れているようです。
なので、リクライニングでの宿泊なら深夜料金含め2100円と、
結構リーズナブルです。

では温泉へ、泉質表。
はちのへゆーゆらんど 新八温泉 施設編(青森八戸)

そして、その温泉へのこだわりです。
はちのへゆーゆらんど 新八温泉 施設編(青森八戸)

純度100%の強塩化物泉。
源泉温度37.2度でPH7.09。
このままではぬるいから、加温はされているんだけど、
しかし濾過されているんですね。
もともとは茶褐色の結構濃いそうな泉質やのに残念。

そのお風呂全体図。
はちのへゆーゆらんど 新八温泉 施設編(青森八戸)

シンプル&開放的な印象です。
各浴槽で、温度を変えており自分好みを探せますね。
お湯は少し緑がかった透明です。

こちらが一番熱い、ひのき風呂。
はちのへゆーゆらんど 新八温泉 施設編(青森八戸)

43度ありました。

このあたりは、42度、41度ぐらいであったか。
はちのへゆーゆらんど 新八温泉 施設編(青森八戸)

私はぬるめ好きですから一番手前のに入っていましたね。
だいたい38~9度ぐらいか。
浸かっていると、塩素のにおいは全く感じません。
逆に岩塩風呂のような、塩の香りを感じますね。
さすがの強塩泉です。

施設としては、現代的な造りではなく、
昭和を感じる健康ランド。
ただ、こういう健康ランドにしては、
泉質はなかなかしっかりしています。
あと、リクライニングシートに、
各液晶TVでもつけてくれたら、ゆっくり滞在したいのにね。
ちょっと値段出しても、個室にすべきですね。

あと、朝食バイキングをプラスオプションで利用しました。
朝食編の記事はこちら!

住所:青森県八戸市長苗代下亀子谷地18-1
電話:0178-29-4126
チェックイン:16:00
チェックアウト:10:00
営業時間:24時間
定休日:無休
駐車場:有り無料
日帰り入浴料:大人(中学生以上)1260円 小人(3歳~小学生)525円
深夜24:00~AM5:00に滞在の方は深夜割増料金として\840が加算されます


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★