関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

雲仙温泉は活火山の近くでもあり、その泉質はかなりのもんです。
その雲仙温泉の中でも、ここのホテルは非常に目立ちます。
ちょうど、雲仙地獄のすぐそばですもんね。
ゆったり優雅に滞在できる立ち寄り湯としてこちらを利用、
「富貴屋」です。

富貴屋(長崎県・雲仙温泉)

ここの日帰り入浴料は高いです。
なんと1000円!
どれだけ豪華なんだろなって思っていました。

入浴施設は別入り口から入ります。
富貴屋(長崎県・雲仙温泉)

浴槽に入ると・・・
富貴屋(長崎県・雲仙温泉)

非常に明るい内湯が出迎えてくれました。

庭園を望むその内湯はさすが高級ホテルの感があります。
富貴屋(長崎県・雲仙温泉)

白濁りのそのお湯に浸かって眺める風景は優雅。

サウナももちろん併設。
富貴屋(長崎県・雲仙温泉)

さて、その泉質表です。
富貴屋(長崎県・雲仙温泉)

続き。
富貴屋(長崎県・雲仙温泉)

もう一つ。
富貴屋(長崎県・雲仙温泉)

単純酸性泉で、源泉温度は非常に高いです。
まあ、雲仙地獄のすぐ近くですから当然か。
残念なことに、加水加温、循環塩素消毒ありと、
見事に作られた温泉です。

露天にも出てみましょう。
富貴屋(長崎県・雲仙温泉)

こちらの写真見ると、その薄さが顕著に分かりますね。
底までしっかり見える半透明です。

で、こういう高級ホテルはこういうのしっかりしてますね。
富貴屋(長崎県・雲仙温泉)

麦茶のセルフサービス。
こういうドリンクサービスはありがたい。

まあ、この辺の他の泉質と比べると、
なんじゃこれ?って印象。
もともと硫黄臭の濃い泉質なので、塩素臭は感じないものの、
泉質に期待して行っては駄目です。
ただゆったり優雅にできるかと言えばイエス。
しかし1000円は高いな・・・

住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙320
電話:0957-73-3211
営業時間:日帰り入浴11:00~18:00(水曜日15:00~18:00)
定休日:無休
日帰り入浴:1000円/家族風呂(50分)2000円/宿泊:1泊2食付14700円~


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

長崎を代表する温泉地・・・というより九州と言ってもええでしょう。
活火山近くの温泉はやはりええとこ多いですからね。
その雲仙温泉の中でも日帰りで手軽に利用できる施設があります。
「小地獄温泉館」を訪れました。

小地獄温泉館(長崎雲仙温泉)

結構、建物は趣があり、立派ですね。
木造で八(六?)角形の形をしており、浴場の天井もかなり高く開放的でした。
そして、ここは共同湯程度の料金が嬉しい。
400円でその温泉を楽しむことが出来ます。

さーて中へ・・・
小地獄温泉館(長崎雲仙温泉)

白濁したお湯が出迎えてくれました。
かけ湯をして、その中へ。。。
うっ・・・結構熱い!!しかしその硫黄たっぷりの濃さを感じられます。
この泉質は抜群です。

またちょっと仕切りがあって、打たせ湯もあるんですが、
こっちに浸かると、かなり加水されているのか温度はぬるめ。
やはり熱いのと比べると薄いかなって印象だが、
ゆったり長く浸かっていられるので、こっちの方が好みでした。

あがってからの休憩処も狭いながらも備わっています。
小地獄温泉館(長崎雲仙温泉)

結構、体の芯まで温まるお湯ですので、ちょっとここで湯冷まししました。

硫黄の臭いぷんぷんの温泉好きならば、
ここの温泉に浸かって、満足しない人間はいないでしょう。
泉質にこだわる方なら、絶対利用するべきですね。
関西、大阪近辺には、白濁のこの硫黄プンプンのお湯はないので、
ホント近くに欲しい温泉でした。

住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙500-1
電話:0957-73-3273
営業時間:9:00~21:00
定休日:無休
入浴料:400円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★