関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

北海道のタウン情報誌「HO(ほっ)」。
北海道のとある温泉でご一緒した方から得た情報で、
こちらの雑誌に、温泉パスポートがついてるってことで購入しました。
その雑誌に掲載されていたのが、こちらの豪華ホテル。
阿寒湖ほとりにあります「あかん遊久の里 鶴雅」です。

あかん遊久の里 鶴雅(北海道阿寒湖温泉)

見た目、非常に立派なホテル。
これぞ、ゴージャスって趣きです。

館内に入っても印象は同じです。
あかん遊久の里 鶴雅(北海道阿寒湖温泉)

その代わり、やぱり値段は高い。
日帰りの入浴でも、、1470円もします。
1泊朝食のみでも1万円・・・
なかなか貧乏旅の私には、宿泊できない施設です。

その泉質表。
あかん遊久の里 鶴雅(北海道阿寒湖温泉)

もう一つ。
あかん遊久の里 鶴雅(北海道阿寒湖温泉)

単純温泉。
源泉温度60.3度、PH値7.0、中性の高温泉です。
なんの成分が基準満たして温泉??
よく分かりません、泉質としては期待できませんね。

まあ、しかしゴージャス。
あかん遊久の里 鶴雅(北海道阿寒湖温泉)

いきなり浴場に入ると、こんなエントランス。
それに全体が広い。
豪華さとゆったりさを求める方には、この雰囲気すごくいい。

あちこち広々と和の雰囲気が素晴らしい。
あかん遊久の里 鶴雅(北海道阿寒湖温泉)

洞窟風呂とかもありました。
あ、あと言い忘れていましたが、
男女のお風呂は時間変わりで、変わります。
女性はこの時間は屋上の展望風呂です。

露天手前の内風呂。
あかん遊久の里 鶴雅(北海道阿寒湖温泉)

こちらもゆったりと。

そして、露天の岩風呂です。
あかん遊久の里 鶴雅(北海道阿寒湖温泉)

阿寒湖が目の前にあって、眺めが素晴らしい。

洞窟風呂もあったりして色々楽しめました。
あまり泉質にこだわらない、リッチな方向けのホテル。
私のような源泉かけ流し好き、貧乏人には不向きですね。
阿寒湖自体、あまり泉質のええとこはありませんね。

住所:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-6-10
電話:0154-67-2531
日帰り営業時間:14:00~17:00(土日は12:00~)
定休日:無休
日帰り入浴料:大人1470円 小人735円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★