関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

神戸にずっと生まれ育ちながらあまり行ったことがない温泉地。
その名は「有馬温泉」です。
昔、有馬ヘルスセンター(現在の太閤の湯)って名前の時に、
マス釣りも兼ねて、子供の頃行ったくらい。
日帰りの入浴施設もあまりなく、料金も高いイメージなんですね。
そんな入浴料高い温泉に入らなくても、神戸の南側にはええ銭湯、
スーパー銭湯がいっぱいありますからね。

ただ唯一行ってみたかった施設があったんですよ。
その名は「竹取亭別亭 康貴」。
今回、スルッとKANSAIでの日帰り旅行にて利用しました。

竹取亭別亭 康貴(兵庫神戸有馬温泉)日帰り入浴専用

見ての通り、有馬の旅館らしい高級風情がありますでしょ。
しかし、こちら日帰り入浴専用なんですよ。

ひっそりと佇んでいるので、温泉好きでも知らない方多いと思います。
竹取亭別亭 康貴(兵庫神戸有馬温泉)日帰り入浴専用

有馬で日帰りの入浴施設となると、金の湯・銀の湯が有名ですが、
あんな激コミのお湯に浸かる気は全く私には眼中になし。
こちらの施設の特徴は入場制限をしていること。
靴箱がいっぱいになると、それ以上は中に入れてくれません。

なので、中はこんな感じ。
竹取亭別亭 康貴(兵庫神戸有馬温泉)日帰り入浴専用

こちら、男湯の内湯なんですけど、こじんまりしてますよね。
男湯は7人で制限いっぱいやったかな?
それに金泉、銀泉、両方の泉質が楽しめるんですよ。

泉質はいかがなもんでしょ?
竹取亭別亭 康貴(兵庫神戸有馬温泉)日帰り入浴専用

金泉は含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉で泉温94.8度、PH6.1のお湯。
銀泉は単純放射能泉で泉温18.2度、PH7.35のお湯。
加温ありで、一部循環のかけ流しです。

しかし、金泉は力強い泉質です。
竹取亭別亭 康貴(兵庫神戸有馬温泉)日帰り入浴専用

鉄っ気が大いに感じられて気持ちいい。
そして銀泉が結構ぬるめに温度抑えられているので、
この交互浴に最適です。

こちらが露天の陶器風呂。
竹取亭別亭 康貴(兵庫神戸有馬温泉)日帰り入浴専用

2人やとちょっと手狭かな。

湯に浸かると眺めはこんな感じ。
竹取亭別亭 康貴(兵庫神戸有馬温泉)日帰り入浴専用

まあ、ないと思った方がええでしょう。

あがってからも、こういう休憩施設をちゃんと設けられています。
竹取亭別亭 康貴(兵庫神戸有馬温泉)日帰り入浴専用

冷たいお水もサービスでいただけますよ。

外には足湯施設も。
竹取亭別亭 康貴(兵庫神戸有馬温泉)日帰り入浴専用

まあ1000円の入浴料ともなるとお高いイメージではあるが、
それなりの高級感も味わえることができるし、泉質的にも満足。
高いと言っても、「太閤の湯」に比べると遙かに安いしね。
ここ有馬温泉では、一番にオススメできる日帰り温泉やと思いますよ。

住所:兵庫県神戸市北区有馬町1401
電話:078-903-0221
営業時間:10:00~18:00
定休日:金曜(祝日の場合は前日)
入浴料:大人1000円、小人600円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

有馬には公営(神戸市営)の温泉施設が2つあります。
有馬温泉の名称としては、金泉、銀泉が有名であるが、
これを使った、「金の湯」と「銀の湯」があります。
金の湯が650円、銀の湯が550円ってな入湯値段。
ただ2湯セットで入ると計850円で入れるので、こっちの方がかなりお得。
せっかく有馬に来たのだから2つの湯を堪能いたしましょう。
今日はまず、銀の湯からご紹介します。

有馬温泉 銀の湯

泉質はこんなのです。
有馬温泉 銀の湯

うーん・・・循環に加水に加温か・・・
せっかくの有馬の湯なのにこれは残念ですね。
まあ、元々この源泉は100度近い温度なので、
冷まさなければ入れないのはわかりますけどね。

さーて、脱衣場へ。
有馬温泉 銀の湯

非常に中は綺麗にされています。

では、中へ・・・
入って右手側に銀泉が、左手側に洗い場があります。
その銀の湯に浸かります。
全くの無色透明無味無臭、んん~銀泉って炭酸泉ですよね・・・
しかし、その体にまとわりついてくる炭酸の小さな気泡が全くない。
かなり、薄められていますね。
阪神間の炭酸泉質の銭湯の方がよっぽどいいです。
特に「おとめ塚温泉」なんて最高ですね。

あと、ここの湯温はかなり熱い。。。44度くらいあるんやないかな。
ぬるめに長く浸かるのが好きな俺にはちょっと苦手。

そして、この銀の湯には、湿式サウナが奥に配置されていました。
蒸気式のサウナですが、サウナがあると、
休憩挟みつつのインターバルできるんで、入浴時間が長くなります。

休憩所は狭いです。
有馬温泉 銀の湯

けど、やはり金の湯に比べると人気もないようで、
結構ゆったり入ることができました。

熱いお湯やったんと、サウナもあったんで、かなりのぼせました。
外はかなり寒いはずやのに、めっちゃ涼しくて気持ちよく感じます。
さーて、有馬の街でも散策しましょうか♪

有馬の街、散策はこっちで続き書きます。
人生気まま、B級グルメでいきましょ!

住所:神戸市北区有馬町1039-1
電話:078-904-0256
営業時間:9:00~21:00(入館は20:30まで)
定休日:第1・第3火曜日(祝日営業 翌日休)及び 1月1日
入浴料:大人550円(中学生以上)、小人290円(小学生)、幼児120円(5才以下)
※3才未満は無料 3~5才の幼児は大人又は小人一人につき1人目無料(2人目から有料)
※金の湯とのセット券は850円 
泉質:炭酸泉、ラジウム泉
(炭酸泉/単純二酸化炭素冷鉱泉ラジウム泉/単純放射能温泉)
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、
くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、
※高血圧症、※動脈硬化症、痛風、慢性胆嚢炎、胆石症、慢性皮膚病、
慢性婦人病、切り傷、やけど
※印は42℃以下での浴用の適応症