関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

平湯温泉に早朝に着いて、一風呂堪能。
次の目的の温泉が開くにはまだ時間がある。
ちゅうことで、平湯温泉から車で30分弱でこちらに行けることを検索。
入浴料金は清掃協力金程度ってことで、
ぶらっと車を向かわせました、「新穂高の湯」である。

混浴露天 新穂高の湯(岐阜県奥飛騨温泉郷新穂高温泉)

見てのとおりの自然天然温泉。
川の脇に作られております。
この橋の上からは丸見えの混浴露天なので、
女性が入るのには抵抗があるか・・・
ただご夫婦で入りに来られていた方が何人かおられましたが、
きちんと脱衣所もあるので、水着着用、タオル巻きで、
湯に浸かっておられましたから、あまり恥ずかしがる必要はありません。

その橋の上からの風景。
混浴露天 新穂高の湯(岐阜県奥飛騨温泉郷新穂高温泉)

さすがは奥飛騨の自然らしい、川の流れで晴れている中、
すっごく心地いいです。

こちらが案内の看板。
混浴露天 新穂高の湯(岐阜県奥飛騨温泉郷新穂高温泉)

自然の露天ですが、管理されている方もきちんといてるらしく、
清掃もしっかり行き届いていました。
清掃協力金を入れる箱がありましたが、200円入れて、
脱衣場に向かわせていただきます。

その露天風呂。
混浴露天 新穂高の湯(岐阜県奥飛騨温泉郷新穂高温泉)

すっごく大きな岩を利用して造られており、開放感は抜群です。
湯の温度はぬるめですが、看板にあるような温度ほどではなく、
38,9度ぐらいは感じられました。
冬は入れないのですが、この温度だと凍えるでしょうね。

泉質表。
混浴露天 新穂高の湯(岐阜県奥飛騨温泉郷新穂高温泉)

この通り、全く癖のない単純泉です。
少しぬめりを感じる程度。

泉質的にはこの奥飛騨の地ではさほどでなないものの、
やはりその露天の開放感は抜群!!
女性は水着着用、タオル巻き可ですし、男性も、人目を気にせず、
裸になれるのでしたら、是非とも堪能してもらいたい露天風呂ですね。

住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉
電話:なし
営業時間:4月下旬~10月下旬 8:00~21:00
定休日:無休
入浴料:寸志(清掃協力金程度)


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

鍋山には鍋山の湯ともう一つ、野湯があるのだ。
鍋山の湯を下りてきた後、途中の分岐道を行くと、
もう一つ山奥の秘湯があるんよね。
こちらは川沿いのお湯だとか。
歩いて両方廻るのは遠いかな~とも思ったのであるが、
ここまで来たなら行ってみようと思い立つ。
まむしがでることから「ヘビん湯」と名付けられている。

鍋山の湯(黒湯)の記事はこちら!
鍋山の湯(泥湯)の記事はこちら!


途中の分岐点の風景。
ヘビん湯

いや~しかし分岐道からもかなり山を20分以上登ったので、
到着する頃には息をぜーぜー切らせておりました。
鍋山の湯を登るのよりこっちはきついよ・・・
ただし砂利道ながら車道になっていて、
このヘビん湯すぐのところまでは車で行けます。
車やったら楽やのにな~

ご覧のように、下っていった沢のところにあります。
ヘビん湯

その浴槽は上流から4つに分かれて岩風呂のようになっている。
また脱衣した衣服を置いておける箇所もあって、
すごく野湯にしてはしっかり手入れが行き届いた場所だ。

ヘビん湯

こちらの湯は川のせせらぎがせき止められて、
そこに温泉が湧いてきてるような感じで泉質的には、
あまり濃さは感じられない、若干別府特有の硫黄臭が感じるくらい。
色も無色透明で底までよく見えるし
ところどころ苔が生えていて足も滑りそうになる。

ヘビん湯

しかし森の中でその川のせせらぎに溶け込みながら、
浸かるちょっとぬるめの湯は非常に心地いいの一言。
ぼーっと浸れる時間である。
1時間ほどの滞在であったが、体中にマイナスイオンを浴びた気分であった。

住所:大分県別府市鍋山
電話:別府市観光課 (0977-21-1111)
交通:JR日豊本線別府駅から亀の井バスAPU大学行きで25分、明礬下車、
タクシーで10分 徒歩やと40分
営業時間:24時間
定休日:対象外
入浴料:無料


★楽天トラベルでカプセルホテルが安くとれたので長旅です★