関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

那須湯本でも山奥に位置していますね。
その広い敷地に様々な温泉を持っている旅館。
実はその日雨降っていたんで、行くか迷いました。
しかし、なかなか行けないところやし、寄ることに。
「北温泉旅館」です。

北温泉旅館(栃木県那須湯本温泉)

まず、ここまで辿り着くのに、駐車場に停めて、
約400mほど歩きました。
まさに山奥の秘湯と言っていいですね。

しかし、名物の温泉プールはご覧の通り。
北温泉旅館(栃木県那須湯本温泉)

この雨じゃ、ちょっと無理ですね。

館内はまるで迷路のよう。
北温泉旅館(栃木県那須湯本温泉)

どこをどう行ったいいかがあまり分からない。
受付で、どこのお湯に入れるかとか、
そういう説明欲しかったです。

とりあえず、有名な天狗の湯にやってきました。
北温泉旅館(栃木県那須湯本温泉)

こちらは混浴となります。
思っていたよりも狭い。
それにかなり薄暗いです。

そのお湯の投入量は半端なく多い。
北温泉旅館(栃木県那須湯本温泉)

相当な量がまたかけ流されていきます。

泉質表。
北温泉旅館(栃木県那須湯本温泉)

泉温56.0度、PH6.2の中性である。
浸かってみても結構熱いんであるけれども、
冷たいホースをずっと投入されているので、
その付近は適温になっている。
湯の花もいっぱい舞っているんだけれども、
無色透明無味無臭なので、特徴は全くない。

こちらが一つ上にある打たせ湯。
北温泉旅館(栃木県那須湯本温泉)

さらに上にある家族風呂である。
北温泉旅館(栃木県那須湯本温泉)

外の景色も残念ですね。
北温泉旅館(栃木県那須湯本温泉)

山の奥深いところにあるため、霧もすごい。

うーん、これで700円はどうかなと思います。
混浴の女性が入る敷居の高さも脱衣所が男女とも一緒で、
あんな廊下から丸見えだと、入れないのではないでしょうか。
それにお湯も透明で、タオル、水着不可ではね。
建物も非常に古くて、私はここでは泊りたいとは思わなかった。
受付の方の無愛想さも含めて、マイナスポイントが多いです。

住所:栃木県那須郡那須町湯本151
電話:0287-76-2008
営業時間:8:30~16:00
定休日:無休
入浴料:700円 宿泊:1泊2食付き7500円~/素泊まり:4150円~/休憩:2500円~


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

那須湯本の日帰り温泉施設というと、
まず、ここの温泉の名前が出てきますよね。
栃木県では是非とも行きたい温泉のナンバー1でした。
「鹿の湯」を訪問です。

鹿の湯(栃木県那須湯本温泉)

まず、駐車場に着いてびっくり!
鹿の湯(栃木県那須湯本温泉)

朝のオープン8時を30分過ぎた程度の早朝やったのに、
停めるところもないくらいに満車!
とんでもない人気ですね。

その温泉分析表。
鹿の湯(栃木県那須湯本温泉)

含硫化水素酸性明礬泉で、源泉69.9度。
PHは1.5とかなり酸性度の高い温泉です。

近くの川にも大量に温泉が流れ込んでいます。
鹿の湯(栃木県那須湯本温泉)

その豊富な湯量がこれでよく分かりますね。

浴場は写真撮影禁止なので雰囲気を書きます。
各温度別に6つの檜の浴槽がずらりと並んでいます。
私は一番手前のぬるい40度、41度の浴槽ばかりに浸かりました。
奥の46度、48度の高温のところは、周りを常連さんが囲んでましたね。
一見はお断り!のような雰囲気を醸し出してました。

浸かってみた感じは、硫黄の匂いプンプンで、
肌にもピリッと引き締まるええお湯です。
浴槽の各温度差は、投入する量で調節する仕組みのよう。
温度を管理している方がおられて、温度計で測り、
その投入口を調節していました。

私はぬるい方が好きなので、もっぱら一番手前だけでOKだったが、
熱いのが好きな方は、奥の高温浴槽に行くには、
非常に敷居が高いのではなかろうか。
泉質はええとは思うけど、この混雑ぶりはどうもなって感じました。

住所:栃木県那須郡那須町湯本181
電話:0287-76-3098
営業時間:8:00~18:00(3月1日~11月30日は8:00~19:00)
定休日:無休
日帰り入浴:大人400円 小人300円、幼児無料/1日入浴:大人1500円 小人1200円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★