関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

よーく呑んだ土曜日の夜。
実は次の日、朝早くから、難波に用事があったんですね。
いちいち、家に帰るのもめんどくさい私。
そうなるやろなと、前日に実は宿を楽天トラベルで予約してたんですよ。
こちらの宿「末盛」です。

宿 末盛 & 末盛湯(大阪西成萩之茶屋)旅館と銭湯

はい、いわゆる西成釜が崎、ドヤ街にある旅館です。
この界隈も、過去何度も呑みに来ているが、泊まったことはないんですね。
帰れなくなったら、スパワールドがあるやないですか。
風呂好きな私はどうしてもそっちに行っちゃうんですよ。
しかし、今回楽天トラベルで1200円なんちゅう値段で宿泊でてたんですね。

それにもう一つ、決め手になったのがこちら。
宿 末盛 & 末盛湯(大阪西成萩之茶屋)旅館と銭湯

徒歩1分くらいの距離にある同じ経営のこちらの銭湯が、
無料で利用できるんですよ。
このドヤ街でも、お風呂が狭くて入るの躊躇するようなとこやと、
旅でどこかに宿泊するにも、お風呂を絶対重要視する私には、
これは非常に惹かれましたね。

通常の値段はこんな感じ。
宿 末盛 & 末盛湯(大阪西成萩之茶屋)旅館と銭湯

ですので、宿代はまあ800円ってな値段です。
交通費考えたら、そんなに差は無い。

まずはその日の汗を流しましょう。
宿 末盛 & 末盛湯(大阪西成萩之茶屋)旅館と銭湯


造りは昔ながらの銭湯ですね。
男女別の入り口入るとすぐに番台があり、脱衣場。
そして奥に、ご覧の大浴場です。

ただ、想像以上に綺麗。
宿 末盛 & 末盛湯(大阪西成萩之茶屋)旅館と銭湯

ゆっくりジャグジーでその日の疲れを癒やします。
宿 末盛 & 末盛湯(大阪西成萩之茶屋)旅館と銭湯

さーて、そんじゃ部屋に戻りますか。
宿 末盛 & 末盛湯(大阪西成萩之茶屋)旅館と銭湯

おっと、その前に水分を買っておきましょう。
ちょうど宿の前に安い自販機がありました。
90円のお茶を購入し、宿に入ります。

フロントの様子。
宿 末盛 & 末盛湯(大阪西成萩之茶屋)旅館と銭湯

銭湯の番台とかけ持ちしてる時間があるらしく、
ちょっと夜遅めのチェックインでしたので、
銭湯の番台で受け付けされてました。

靴を脱いで、部屋にあがります。
宿 末盛 & 末盛湯(大阪西成萩之茶屋)旅館と銭湯

印象は想像してたより全然ええやん。
もっと汚いかなと思ってましたが、畳を新調してるらしく、
その新しい畳の匂いが心地いい。

テレビもちゃんとした液晶でした。
宿 末盛 & 末盛湯(大阪西成萩之茶屋)旅館と銭湯

その上には空の冷蔵庫も配置されており、
もちろんエアコンも完備。
最低限宿泊するには充分な設備です。

共同のトイレがちょっと汚いのがマイナスポイントですが、
1200円って値段考えると、周りも静かで落ち着いておりますし、
この近辺、安い酒場も非常に多いですから、そういう所で酒飲んで、
銭湯入って、寝て、次の日早くに出発ってな利用でしたら、
まあ満足できる旅館やと思いますよ。

宿 末盛
住所:大阪市西成区萩ノ茶屋2-8-22
電話:06-6649-6013
チェックイン:16:00(最終チェックイン:22:00)
チェックアウト:10:00
門限23:30、無料浴券は朝6時から夜23時まで使用可

末盛湯
住所:大阪市西成区萩之茶屋2-8-2
電話:06-6641-7753
営業時間:6:00~24:00
定休日:水曜日
入浴料:大人410円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

大阪下町の銭湯・・・
昔ながらの変わらぬ雰囲気を持つところが多いです。
ここ西成は、そういう昭和レトロな銭湯がたくさんある地域。
ちょうどこの近辺の酒場はしごをした後に、
ちょっと寄って行こうかとこちらに足を伸ばしました。
「和光浴場」です。

銭湯 和光浴場(大阪西成)

位置としては、飛田新地の北あたり、
大阪市大病院の西に位置しております。
入り組んだ路地にあり、ちょっと分かりにくいですが、
駐車場も5台置けるスペースあります。
中に入ると、男女別の入り口がある番台形式。
ただ、改装を重ねているのか、雰囲気として明るく、
昔ながらの古さは感じません。

こちらが内湯の様子。
銭湯 和光浴場(大阪西成)

ジェットバスや、電気浴槽、バイブラ浴槽など、
銭湯によくありがちな設備はほぼ完備されております。
そして温泉ではなく白湯のちょっと熱めってのも、
大阪下町銭湯らしいですね。

銭湯 和光浴場(大阪西成)

中でも一番気に入ったのは「死海風呂」。
ちょっとぬるめ(約40度)のお湯なんですけど、
塩もきつめで、体が浮く感覚があり、
その浮力に任せて、ぼーっとしとりました。

そして、こちらの銭湯が魅力なのがサウナ含めた料金設定。
別料金なく410円の銭湯値段で、
高温ドライサウナ、ミストサウナ両方使えます。
サウナ好きな私には非常に魅力です。

また、綺麗な露天風呂があるんですよ。
銭湯 和光浴場(大阪西成)

こういう庭園風景を望めます。

その露天は人口炭酸泉になっています。
銭湯 和光浴場(大阪西成)

但し、私にはあまり白湯との区別がつきません。
スーパー銭湯でよく人口炭酸泉を作っているところよくありますが、
そういう浴槽のような泡つきは全くありませんでした。

で、他にはない面白い注意書きがあります。
銭湯 和光浴場(大阪西成)

ホモが思いっきり出没するんでしょうね~
あ、あと脱衣場ロッカーの盗難も注意書きがありました。
合鍵作られているかもしれないですから、
この地域的にロッカーはいつも以上に注意したほうがええです。

温泉としてではなく、銭湯としての完成度を考えると極上。
410円で楽しめる施設としてはおおいに価値があると思います。
この地域は安く呑めるお店がいっぱいありますから、
その仕上げにさっぱりしていくのもええと思いますよ。
ただ、貴重品には注意しましょう。

住所:大阪府大阪市西成区山王1-7-6
電話:06-6641-6675
営業時間:6:00~24:00
定休日:水曜日
駐車場:有り(5台)
入浴料:大人410円、中人130円、小人60円
備付品:タオル(20円) / バスタオル(100円)
石鹸(20円)/シャンプー(30円)/ドライヤー(20円)


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集
この近辺ではしご酒をしてきました。
ちょうどこの時、一緒に飲んでいた方が、
呑んだ後にさっぱり銭湯でも行こう!って言われました。
はい、温泉、風呂好きな私がこれに乗らないでいられますか(^^)
この近辺は結構、銭湯も多い地域やし、
たぶんこの辺にあったよなとぶらぶらしてると見つけました。
「日之出温泉」(日之出湯)に入りましょう。

公衆浴場 日之出湯(大阪西成山王)日之出温泉

創業はなんと60年!!
地域に非常に密着した銭湯です。
入浴料は、大阪公衆浴場均一料金の410円。
入り口から脱衣場への流れも、
男女別の入り口すぐに、番台がある昔ながらの造り。

いざ浴場へ!
公衆浴場 日之出湯(大阪西成山王)日之出温泉

大浴場です。
あとジャグジーとかもありました。
写真の一番大きい浴場は、結構熱め、43度はあるでしょう。
こういう昔ながらの銭湯はこんな温度ですね(^^)
あとサウナもあります。
ただバスタオルを巻く必要がありますので、そのレンタル料が100円。
しかし持参すると無料ですから、サウナ別料金にしてる銭湯多いですから、
この点、良心的ですね。

こちらが露天。
公衆浴場 日之出湯(大阪西成山王)日之出温泉

バスクリンを入れたような色合いです。
ぬるめでまったりとできます。

しかし露天といえどこんな感じ。
公衆浴場 日之出湯(大阪西成山王)日之出温泉

天井から空は少し見えますが、屋根あります。

で、温泉ありますよ!!
公衆浴場 日之出湯(大阪西成山王)日之出温泉

「伊香保温泉」草津温泉と並んで群馬県を代表する名湯です。
こちらの温泉、泉質は2種類あり、
黄金の湯:硫酸塩泉で空気に触れて茶褐色に変色したお湯。
白銀の湯:メタケイ酸単純泉で無色透明・無味無臭のお湯。
湯の色の感じからは黄金の湯を再現している模様。
たぶん、湯の花をどばっと投入しているんでしょうけど、
温泉感はさすがに感じません。
しかし、こういう昔ながらの銭湯で、温泉を味わえるだけで嬉しい。

まあ、410円で楽しめる大阪街中銭湯ってこんなもんでしょう。
さすがに温泉地の公衆浴場と比べると、
源泉かけ流し好きの私には、その差は雲泥の差がありますが、
なかなか楽しめましたよ。
この地域は色々と呑み屋も多いので、その仕上げにいかがでしょうか。

住所:大阪市西成区山王2-7-9
電話:06-6649-1350
営業時間:6:00~翌1:00
定休日:月曜日
入浴料:大人(中学生以上)410円 中人(小学生以上)130円
小人(幼児・6歳未満)60円 サウナ用貸しバスタオル・100円
(バスタオル持参はサウナ無料)


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★