関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

蔵王温泉から、仙台へ向かう道すがら。
仙台ではええ温泉がないので、それまでに一つ、
どこか温泉に入ろうかなと決意。
泉質がいいと評判の、
「薬湯薬膳 保養館一乃湯」を訪れました。

薬湯薬膳 保養館一乃湯(宮城)

施設の印象は結構老巧化が進んでいるかな。
造りが昭和でした。

こちらが泉質表。
薬湯薬膳 保養館一乃湯(宮城)

もう一つ。
薬湯薬膳 保養館一乃湯(宮城)

ナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉。
源泉温度32.5度で、弱アルカリ泉である。
この温度なので、加温されており、
かけ流しと循環の併用、塩素消毒ありです。
これを見る限りは、さほど期待はできるもんではありません。

しかし!
薬湯薬膳 保養館一乃湯(宮城)

こちらが内湯なんですけど、見事な土色!
鉄の色ではなく、土の色って感じなんですよ。
あまり見たことのない個性的なお湯である。

またサウナも併設されています。
薬湯薬膳 保養館一乃湯(宮城)

表に出てみましょう。
薬湯薬膳 保養館一乃湯(宮城)

露天も見事な色合いですね~
また、内湯と同様に、全く循環の湯の印象はない。
それを証拠にしっかり湯の花が豊富に舞っている。

また、こちら露天は40度もないぬるいお湯。
薬湯薬膳 保養館一乃湯(宮城)

長湯できる気持ちのええフワンとした泉質。

あと景色も抜群なんですよ。
薬湯薬膳 保養館一乃湯(宮城)

露天は川沿いにあって、開放感が心地いい。

休憩処はお年寄りの憩いの場となっておりました。
薬湯薬膳 保養館一乃湯(宮城)

こちらが食堂の券売機。
薬湯薬膳 保養館一乃湯(宮城)

うどん、そばの軽めのもんばかり。

泉質は循環併用であれど、なかなか独特な泉質、
そして、露天からの景観も非常にいい。
なのに何かが物足りない。
入浴料が1000円もしているっていうのもあるが、
どうも建物の造りがへんなのだ。
例えば、なぜか、靴箱が男女別になっており、
この鍵の番号がそのまま、脱衣所ロッカーの鍵番号となります。
山を越えるとすぐに、泉質抜群、蔵王温泉があるってこともあり、
ここはスルーされがちでしょうね。
どうも何もかも中途半端を感じた施設でした。

住所:宮城県柴田郡川崎町今宿スド15-3
電話:0224-84-5626
営業時間:9:00~21:00
定休日:無休
入浴料:大人1000円/小人(0歳~小学生)無料/平日18:00~大人500円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★