関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

和歌山の市街地は、茶褐色の濃い~温泉が湧く地域であります。
中でも有名なのがこちら「花山温泉」ですね。
以前にも1度訪問済みなんですけど、
なんでも夕方17時以降は入浴料が600円になると聞きました。
あの濃い~冷たい源泉には、夏に浸かってみたいなと再訪です。

花山温泉 薬師の湯(紀州和歌山の名湯)日帰り入浴

場所はJR和歌山駅からも東へ3km程度と、ホント市街地から近いです。

本来はこちら旅館なんですよ。
花山温泉 薬師の湯(紀州和歌山の名湯)日帰り入浴

しかし、日帰り入浴施設として有名ですね。

中に入ります。
花山温泉 薬師の湯(紀州和歌山の名湯)日帰り入浴

うん、年季の入った旅館風情ですね。
あと無料休憩に大広間や朝食会場も使えるようにしており、
日帰り入浴客への配慮がしっかりされています。

受付から浴場に向かう渡り廊下。
花山温泉 薬師の湯(紀州和歌山の名湯)日帰り入浴

飲泉場がありました。
そのままでは濃い過ぎるのか、活性水で薄めるようになっています。
また左側斜めに写っているシューターみたいなのから、
温泉がガバボコいいながら、噴き上げられていってました。
炭酸の圧力で自噴しているらしいですね。

そのお湯はこんなのです。
花山温泉 薬師の湯(紀州和歌山の名湯)日帰り入浴

こちらは露天の浴槽ですが、どの温泉浴槽もこんな色合いです。

その泉質表。
花山温泉 薬師の湯(紀州和歌山の名湯)日帰り入浴

もう一つ。
花山温泉 薬師の湯(紀州和歌山の名湯)日帰り入浴

含二酸化炭素・鉄-カルシウム・マグネシウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、
源泉温度が25.5度、PH値6.4の泉質。
この温度そのまま26度の源泉浴槽が内湯に1つ、そして大浴場が41.5度、
そして低温浴槽が38度、露天が40度と加温されています。
源泉浴槽は消毒も全くなしの完全源泉かけ流しという素晴らしいお湯です。

こちらは露天からの風景。
花山温泉 薬師の湯(紀州和歌山の名湯)日帰り入浴

街中なので、眺めはあまりよくはありません。
しかし、こちらの温泉の力強さがあれば、全くそんなのも気にならない。
あと内湯には白湯のジェットバスなども配置されており、
嬉しいのはサウナがあるところ。
26度と冷たい源泉浴槽との交互浴はめちゃめちゃ気持ちええです。

1000円はちょっと高いよな~って思っていたけど、
この夕方17時以降の600円は非常にお得感あります。
京阪神で市街地にある温泉施設では、最高の泉質でしょう。
ぬるめで濃いめ好きな私には、ぴったりの浴感です(^^)

住所:和歌山県和歌山市鳴神574
電話:0734-71-3277
日帰り入浴時間:8:00~23:00
日帰り入浴料:大人1000円(17:00以降は600円)
定休日:木曜日(祝日は営業)


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

和歌山市内、市街地には、非常にええ泉質が湧き出しています。
以下の2つは以前に訪問済みです。
和歌山、花山温泉の記事はこちら!
和歌山、ふくろうの湯の記事はこちら!

そしてもうひとつ、銭湯で、この泉質を提供する所があるですね。
今回そちらの泉質を堪能しにやって来ました。
本町温泉「夢想乃湯」です。

本町温泉 夢想乃湯(和歌山市)

見た目、ご覧のとおりの昔ながらの銭湯。
その入浴料も銭湯値段の420円です。
なので、シャンプーなどのアメニティも持って来る必要があります。

その脱衣場もこんな雰囲気で。
本町温泉 夢想乃湯(和歌山市)

昔ながらのロッカータイプですね。
それに地元民に非常に愛されている銭湯なんでしょう。
常連度が非常に高いように感じます。

あとサウナもこの銭湯値段込みで利用できます。
本町温泉 夢想乃湯(和歌山市)

水風呂もこんな感じで。

こちらのスチームサウナも無料です。
本町温泉 夢想乃湯(和歌山市)

あと、温泉浴槽以外の浴槽は白湯でジェットバスとかありましたけど、
非常に熱かった。

で、その肝心の温泉浴槽ですね。
本町温泉 夢想乃湯(和歌山市)

浴場の一番奥に位置しており、もう大混雑!!
その訳は非常にぬるい、大体、体感温度40度くらいです。
泉質は含二酸化炭素-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。
源泉温度40.5度で、PH6.9。
この泉質をかけ流しなんでしょう、とてつもなく濃い~
茶褐色で完全に濁ったお湯に入っていると、
じわじわ体に浸透してくるのが分かります。
私も10分ちょっとじっくりと浸からせていただきました。

本当はもう一度、この温泉浴槽に浸かりたかったのだが、
あまりの人の多さに断念しました。
泉質はさすがに評判通りです。
しかし、誰もがそこに入りたがるので、その混雑度具合がな。
わざわざ遠くから、この泉質を堪能するのであれば、
すぐ近くのふくろうの湯はすいているので、
値段は高くなるけどゆったりできます。
あと花山温泉も浴槽が広いだけに捨てがたいな。
ま、値段を抑えたいなら、こちらをおススメします。

住所:和歌山県和歌山市本町6-50
電話:073-422-5992
営業時間:13:00~24:00
定休日:水曜日
入浴料:大人420円(小学生以上) 子供140円(小学生) 幼児80円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

とある情報誌に割引券がついていました。
土日祝700円のスーパー銭湯が、入浴料500円になります。
で、ここはちょうど散髪スペースもあるんですね。
ばっさり短く切りたかったので、散髪がてら利用を決定。
大阪、住之江に車を走らせました。
天然露天温泉「スパスミノエ」です。

天然露天温泉 スパスミノエ(大阪住之江)

ちょうど競艇場があるすぐ近くの大型レジャー施設内にあります。
さすがに土曜は大混雑しているようです。

まずは散髪してからお風呂です。
天然露天温泉 スパスミノエ(大阪住之江)

こういう散髪屋は待ち時間を覚悟せねばならないが、30分ほどで完了。
レストランがここ広いですね~
讃岐うどんが名物なんだそうな。

さあ、中へ。
天然露天温泉 スパスミノエ(大阪住之江)

「竹林の湯」と「森のつぼ湯」が男女週替わりとなっています。
私が行ったときは森のつぼ湯でした。
で、ここ思ったのは外で寝ころべるスペースが多いなってこと。
寝湯もありましたし、休憩処も寝ころべました。

内湯はちょっと狭めですね。
感じがどこかと似ているなと思ったら、
湯あそび広場系のジェットが豊富に配置されています。

こちらが泉質表。
天然露天温泉 スパスミノエ(大阪住之江)

泉質は低張性・弱アルカリ温泉で源泉温度は35.1度。
こんな街中の温泉ですので、加温、加水、循環、塩素ありでしょう。
内湯の塩素臭はすさまじかったです。
浸かってみた感じは少しアルカリのヌルスベを感じますが、
まあほとんど泉質は感じられないと思った方がええです。
露天の広いスペースの浴槽はぬるめで私にはちょうどよかったです。

まあ、特徴のないスーパー銭湯ですね。
住之江近辺に住んでいるとか、別の目的があって住之江にいるとか、
でしたら、まあスーパー銭湯好きにはいいのではないでしょうか。
ただ泉質重視の方にはいくら近くにいてもスルーでしょうね。

住所:大阪市住之江区泉1-1-82 ゴルフスミノエ内
電話:06-6685-1126
営業時間:10:00~翌2:00
定休日:無休
入浴料:大人 平日600円、土日祝700円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★