関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

岩手県花巻市近辺はなかなかの泉質の温泉が沸き立つ地です。
過去の東北旅でも以下の2旅館で宿泊して、その泉質のよさは確認済み。
「大沢温泉」菊水館の記事はこちら!
鉛温泉「藤三旅館」の記事はこちら!

なので、同じような地域で、源泉かけ流し100%の宿を探すと、
こちらの宿が1泊2食付きで、楽天トラベル予約7000円って宿泊料やったんですよ。
この額なら予算範囲内ってことで予約しました。
台温泉にあります、「ほっと・彩 そめや旅館」です。

岩手の鄙びたこじんまり源泉かけ流し旅館での宿泊!「ほっと・彩 そめや旅館」(岩手花巻台温泉)

ここ台温泉は想像してたよりも非常に小さな温泉街でした。
ってより、旅館が数軒並んでいるだけで、あとは民家ばかりです。
こちらの宿も、見た目は民宿っぽく、旅館らしさはありません。

今回宿泊する部屋。
岩手の鄙びたこじんまり源泉かけ流し旅館での宿泊!「ほっと・彩 そめや旅館」(岩手花巻台温泉)

6畳の和室間です。
残念やったのは冷蔵庫がついてない・・・
トイレが共同なのは貧乏旅で安く泊まれる宿を選んでますから、全然大丈夫ですが、
冷蔵庫がないってことは、私のような酒飲みには非常につらいです。

2Fの廊下はご覧の通り。
岩手の鄙びたこじんまり源泉かけ流し旅館での宿泊!「ほっと・彩 そめや旅館」(岩手花巻台温泉)

全部で部屋数7室ですから、ホント民宿といってええでしょう。
特に娯楽設備もなんもありません。

けど、ここの宿は温泉を楽しみなだけに予約したようなもん。

こちらが男女別の浴槽。
岩手の鄙びたこじんまり源泉かけ流し旅館での宿泊!「ほっと・彩 そめや旅館」(岩手花巻台温泉)

この内湯のみです。
うーん・・・旅館としては全く風情がないんよね。
そしていざ、かけ湯をしようとすると・・・・あっつ!!!!!
めちゃくちゃ熱い、たぶん45度は超えていそうな熱さ。

そんじゃ泉質表を見つつ、その分析をいたします。
岩手の鄙びたこじんまり源泉かけ流し旅館での宿泊!「ほっと・彩 そめや旅館」(岩手花巻台温泉)

もう1枚。
岩手の鄙びたこじんまり源泉かけ流し旅館での宿泊!「ほっと・彩 そめや旅館」(岩手花巻台温泉)

源泉温度78.0度、PH値8.0のナトリウム塩化物-硫酸塩泉。
成分総計は1020mg/kgで、さほどなにかしら特徴のある泉質でないです。
しかし!加水、加温、塩素消毒一切ない、完全100%の源泉かけ流しなんです!
けど、一体78度もの源泉にどうやって入るねん?って思いませんか?
その湯温はだいぶ前に入れて、かき混ぜ、冷ましてるんやと思います。
なので一切、源泉は投入されていませんでした。
そして私がこの日一番の宿泊者やったみたいで、一番熱いお湯にあたったみたい。

あと混浴の内湯もありますけど、そっちは写真撮ってません。
だって、男女別の浴槽とほぼ同じような雰囲気ですもん。
そっちは自噴の温泉で、含硫黄・ナトリウム硫酸塩泉なんだとのこと。
こっちも私には熱かった・・・

私は旅館に泊まるときは、温泉の泉質ももちろん気にしますけど、
一晩滞在して、色々と楽しめるかってことも重要視するんですよ。
例えば、一番上にリンクしました、以前宿泊した2旅館を見てください。
様々な浴槽があって、飽きなかったんですよね。
その点、この宿を選択してしまった私の完全なミス。
源泉かけ流し100%にこだわり過ぎた結果です。

またこういうミスを繰り返さないよう、その宿泊先選びは慎重にしたいですね。

あ、あと宿泊の楽しみは温泉だけじゃありません。
2食ついてますから、まずは夕食より以下のブログでご紹介しますね。
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/blog-entry-4153.html

住所:岩手県花巻市台2-62
電話:0198-27-2809
チェックイン:15:00 (最終チェックイン22:00)
チェックアウト:10:00
日帰り入浴営業時間:10:00~20:00
定休日:無休
日帰り入浴料:300円
総部屋数:7室


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

岩手花巻の山奥には、鉛温泉という評判の温泉地があります。
そこにある「藤三旅館」は有名な温泉宿ですね。
そちらの宿がとんでもない安い宿泊プランを、
楽天トラベルにて、出しているではないか。
1泊2食付で、4500円!!!
ええ泉質をもつ宿と評判やし、この値段に飛びつきました。
鉛温泉「藤三旅館」湯治部に今回宿泊します。

鉛温泉 藤三旅館 湯治部 施設・温泉編(岩手花巻)

ちょっとこれ見て後悔しました。
鉛温泉 藤三旅館 湯治部 施設・温泉編(岩手花巻)

ここの旅館部は立派なんですけど、湯治部はこんなの。
レトロ通り越えて、ボロいってのが第一印象です。

部屋もこんなのです。
鉛温泉 藤三旅館 湯治部 施設・温泉編(岩手花巻)

ちょっと、ずっとここにいるのが嫌になる感じ。
私も都会生活が長いので、こういう雰囲気はね~
あと、ここ鍵もかかりませんし、金庫もない。
もちろん冷蔵庫なんてのもない。
布団も自身でセルフですし、浴衣もない。
これがこの値段の訳です。

廊下もこの雰囲気。
鉛温泉 藤三旅館 湯治部 施設・温泉編(岩手花巻)

ま、温泉にずっと行っておきましょう。

こちらが、昔ながらの内湯です。
鉛温泉 藤三旅館 湯治部 施設・温泉編(岩手花巻)

泉質表。
鉛温泉 藤三旅館 湯治部 施設・温泉編(岩手花巻)

もう一つ。
鉛温泉 藤三旅館 湯治部 施設・温泉編(岩手花巻)

低張性弱アルカリ性高温泉の単純泉。
源泉温度が50.2度で、PH8.4です。
こちらの温泉に、低温度の温泉をブレンドすることにより、
完全源泉かけ流しを実現させています。

旅館部の内風呂。
鉛温泉 藤三旅館 湯治部 施設・温泉編(岩手花巻)

さすがにこちらは非常に綺麗です。
鉛温泉 藤三旅館 湯治部 施設・温泉編(岩手花巻)

男女、時間帯により、変わります。
鉛温泉 藤三旅館 湯治部 施設・温泉編(岩手花巻)

あと貸し切り風呂もありますね。

そして露天風呂「桂の湯」。
鉛温泉 藤三旅館 湯治部 施設・温泉編(岩手花巻)

露天風呂の内湯。
鉛温泉 藤三旅館 湯治部 施設・温泉編(岩手花巻)

川沿いにあって、このお風呂が心地よかった。

そして、ここの名物、混浴「白猿の湯」。
鉛温泉 藤三旅館 湯治部 施設・温泉編(岩手花巻)

ただ、混浴と言っても、女性専用時間帯を設けており、
男女、時間別と考えた方がええですね。

こういう楕円形の浴槽が一つ。
鉛温泉 藤三旅館 湯治部 施設・温泉編(岩手花巻)

あと円形のちっさいぬる湯もあります。

その浴槽は結構深い。
鉛温泉 藤三旅館 湯治部 施設・温泉編(岩手花巻)

また下から湧き出してくる温泉なんですよ。
さすが、ここの泉質だけは他と違ってました。
アルカリのツルツルは感じないんですけど、
じわーっと体に温泉成分が浸透していくのを感じる。

いろんなタイプのお風呂があるので、
温泉好きには楽しめると思います。
ただ、やっぱり湯治部は、普通に都会生活送っている方は、
避けられた方がええと思いますよ。
1泊2食付4500円って値段は安いですけど、
私は次、泊まることがあるならば、絶対「旅館部」にします。

あと、食事については以下で記事にしています。
鉛温泉 藤三旅館 湯治部 夕食編の記事はこちら!
鉛温泉 藤三旅館 湯治部 朝食編の記事はこちら!

住所:岩手県花巻市鉛中平75-1
電話:0198-25-2311
日帰り営業時間:7:00~21:00(受付は20:00まで)
定休日:無休
日帰り入浴料:大人700円 こども500円
チェックイン:15:00
チェックアウト:10:00


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

今回の旅、初めての温泉宿宿泊。
長旅でしたので、何度かは車中泊ではなく、
宿宿泊をしようと思っていましたが、
予算は1泊2食8000円前後までで、名湯をもつ宿。
その条件にあったのが、こちら「大沢温泉 菊水館」です。

結構、歴史を感じる巨大な敷地の宿です。
大沢温泉 菊水館 施設温泉編(岩手花巻)

まず、こちらが「山水閣」。
大沢温泉 菊水館 施設温泉編(岩手花巻)

非常に綺麗で、高級感を感じます。
もちろん、今回の予算ではこちらには宿泊できません。

こちらが「自炊部」。
大沢温泉 菊水館 施設温泉編(岩手花巻)

自身で自炊が基本の館で、相当古いです

そして、今回、私が泊る「菊水館」。
大沢温泉 菊水館 施設温泉編(岩手花巻)

トイレは共同、ちょっとこちらも古めの建物です。
楽天トラベルの予約で、1泊2食付7300円でとれました。

そのお部屋はこんな感じ。
大沢温泉 菊水館 施設温泉編(岩手花巻)

壁も薄く、隣の部屋の声も丸聞こえだが、
一人でゆったりくつろぐには申し分ない。

机上。
大沢温泉 菊水館 施設温泉編(岩手花巻)

窓からの眺めもこんな感じ。
大沢温泉 菊水館 施設温泉編(岩手花巻)

ええですよね~♪
ずっと窓際に座って、PCいじってました。

そして期待の温泉です!
大沢温泉 菊水館 施設温泉編(岩手花巻)

アルカリ性単純温泉。
源泉温度51.0度で、PH9.0です。
こちらが加水、加温なしでのかけ流し。
一部、循環とのことでした。
どの浴槽も同じような泉質なので、先に感想述べますと、
すっきりツルツルのアルカリ泉。
あまり特徴はないです、全国あちこち、よくありがちやと思いますね。

但し、色んな建物に様々な浴槽があるので、
温泉めぐりできるのがこの宿の魅力。

まず、こちらが「山水館」にある「豊沢の湯」
大沢温泉 菊水館 施設温泉編(岩手花巻)

半露天になっており、一番綺麗な浴室。
さすがに落ち着く空間を醸し出しています。

夜の眺めもこんな感じで。
大沢温泉 菊水館 施設温泉編(岩手花巻)

情緒ありますでしょ。

そして、こちらが、「自炊部」にある「薬師湯」。
大沢温泉 菊水館 施設温泉編(岩手花巻)

もう1枚。
大沢温泉 菊水館 施設温泉編(岩手花巻)

古いタイプの内湯です。
閉塞感があり、ちょっと利用しただけ。

で、ここはなんと言っても、この混浴露天風呂。
大沢温泉 菊水館 施設温泉編(岩手花巻)

「大沢の湯」です。
川沿いにある、あちこちから丸見えの露天風呂。
女性用の脱衣所もありますが、
非常に、女性には抵抗あるでしょう。
お湯は透明やし、水着はもちろん、バスタオル巻きも不可。
それにこちらに入らなくても、
川沿いに女性専用露天もありますからね。

その泉質表。
大沢温泉 菊水館 施設温泉編(岩手花巻)

ほぼ他と同じですね。

朝になって、橋の上から撮りました。
大沢温泉 菊水館 施設温泉編(岩手花巻)

ご覧の通りの丸見え状態。

露天風呂から見た図。
大沢温泉 菊水館 施設温泉編(岩手花巻)

その分、こっちからの眺めも素晴らしいです。

最後に「菊水館」にあります「南部の湯」。
大沢温泉 菊水館 施設温泉編(岩手花巻)

内湯になりますが、非常に開放感あります。

温泉三昧ができる宿。
特に混浴露天「大沢の湯」が素晴らしい!
泉質はありがちではあるが、ほぼ完全源泉かけ流しやし、
周りの風景も情緒があります。
「菊水館」はちょっと古い印象がありますので、
次回宿泊するとすれば、「山水閣」ですね。

岩手県花巻市「大沢温泉 菊水館」夕食編の記事はこちら!
岩手県花巻市「大沢温泉 菊水館」朝食編の記事はこちら!

住所:岩手県花巻市湯口大沢181
電話:0198-25-2021
日帰り営業時間:8:00~20:30
定休日:無休
日帰り入浴料:大人500円、小人(2歳~小学生)300円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★