関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

温泉宿予約

広島での宿泊は始発が動くまでの短期間ということもあり、
ネットカフェで過ごすことに決定。
しかし、風呂好きの俺は冬でも、1日に1回はお湯に浸からないと気持ちが悪い。
すると、広島の繁華街になんと、温泉が沸く銭湯があるではないか。
ここですっきり、綺麗にして、ネットカフェに行きましょ。
薬研堀ほど近くにあります「音戸温泉」です。

音戸温泉(広島)

見た目はホント昔ながらの街の銭湯って感じですね。

周りはホント夜の街です。
音戸温泉(広島)

ビルの壁には・・・
音戸温泉(広島)

ホントにこんな街中で名湯なんやろか?
ナトリウム塩化物泉なんだそうな。

営業時間。
音戸温泉(広島)

この営業形態からも、この街が夜の街やと分かりますね。

券売機方式。
音戸温泉(広島)

400円ってな値段やと、サウナ、漢方湯が利用できないので面白味半減。
しかし600円出したら、もっと設備整ったスーパー銭湯の温泉に入れるもんな。

まあ中へ入りましょう。
入ったとたんにすごい塩素と漢方の入り交じった匂いで出迎えてくれました。

温泉はこんな感じで説明書きが書いていました。
音戸温泉(広島)

ジャグジーになってるところは確かに白く濁っておりましたね。

もひとつ。
音戸温泉(広島)

加水もされており、湯温が20度と冷たいから加温もあり、循環もある。
これですと温泉の質的なもんは望めない。
これで広島の名湯と謳うとこがすごいと思います。
温泉はジェットバスの熱湯と泡風呂のぬる湯が有ります。
入ってみた感じは、まあ塩素プンプンの温泉らしさを感じないお湯。
普段、源泉かけ流しの銭湯に慣れている俺からすると、普通の白湯扱いですね。

この手前に漢方湯から、ええ漢方の匂いが漂っていました。
これに入りたかったけど、別料金なので、我慢、我慢。
あと階段に昇って、サウナがあります。

脱衣場の外には休憩できるスペースはありませんでした。
ただ、ドライヤーは無料のんが置いていましたね。

温泉、銭湯の質的にもかなり低いと思いましたが、
一番最悪は受付の方の客応対。
「いらっしゃい、ありがとうございました」の一言もなし。
今までに入ったお風呂で一番最低やと思える銭湯でした。
まあ広島の繁華街にあるという立地条件だけの店です。

住所:広島県広島市中区田中町6-3
電話:082-244-4126
営業時間:13:00~翌8:00
定休日:第2、第4日曜日
入浴料:大人400円(サウナ・漢方湯を含むと600円)
泉質:ナトリウム-塩化物泉
泉温:20度 
効能:神経痛、関節痛、疲労回復等


★今回の旅も楽天トラベルでとった宿は成功でした★
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。