関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

知床の山奥に入っていくと、こここそ、
日本の北東端とも言えるホテルが存在している、
その名のとおり、ホテル「地の涯(ちのはて)」(^^)
こちらのホテルに附帯して、無料の露天風呂もあるのだ。
今回の無料野天風呂探訪の旅には欠くことはできませんでした。
岩尾別温泉露天風呂である。

岩尾別温泉露天風呂 三段の湯 滝見の湯(北海道知床)混浴

こちらの露天風呂に入るには、まず、
このホテル地の涯の駐車場に車を停めます。
案内が上写真のようにあるので、
その脇の山道を下っていて、山の中に入っていきます。

すると見えてくるのがこちら。
岩尾別温泉露天風呂 三段の湯 滝見の湯(北海道知床)混浴

三段の湯です。
その名のとおり、浴槽が三段になっており、
一番上に湯が投入されており、下の段にかけ流しされる仕組み。

早速、まずは一番ぬるそうな下段に浸かります。
岩尾別温泉露天風呂 三段の湯 滝見の湯(北海道知床)混浴

まず、脱衣場なんてもんはありません。
無色透明のお湯でもあるし、女性には敷居は高い混浴ですね。
湯温はぬるくて、私にはずっと入っていられそうな適温。

景色も森の中に川が流れており、風情がいい。
岩尾別温泉露天風呂 三段の湯 滝見の湯(北海道知床)混浴

温泉感はあまりないかな、
川のほとりにありがちなさっぱりしたお湯。

そして、さらにこちらから50mちょっと奥へ歩いたところにもう一つ。
岩尾別温泉露天風呂 三段の湯 滝見の湯(北海道知床)混浴

滝見の湯があります。
こちらの湯船は2,3人も入ればいっぱいでしょうか。
湯温も高くて、泉質も三段の湯よりも濃い目。

こちらも湯に浸かった眺めは同じような感じ。
岩尾別温泉露天風呂 三段の湯 滝見の湯(北海道知床)混浴

さらに奥に突き進もうととすると・・・
岩尾別温泉露天風呂 三段の湯 滝見の湯(北海道知床)混浴

奥には入れないようになっています。
岩尾別温泉露天風呂 三段の湯 滝見の湯(北海道知床)混浴

ヒグマは知床半島では遭遇率、非常に高いです。
私もこちら岩尾別にやってくる途中の道で熊に遭遇。
写真撮ろうとしたら突進してきて、
危うくってことがありました。

これぞ自然の中の野天風呂。
車を停めてすぐに行けるってこともあり、
その点、敷居の低い、無料混浴露天風呂です。
ただ、ちょっと落ち着いて滞在はできないかな。
あくまで、ホテル地の涯さんの提供に感謝しつつ、
知床めぐりの一つに、さっと加えるべきですね。

住所:北海道斜里郡斜里町岩尾別
電話:01552-4-2331(ホテル地の涯)
営業時間:24時間
定休日:無休
入浴料:無料


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

知床羅臼は野天風呂の宝庫。
いくつか巡ってきたけど、こちらの評判が非常にいいですね。
今回の野天風呂訪問旅では一番気になる温泉でした。
羅臼温泉「熊の湯」です。

羅臼温泉 熊の湯(北海道羅臼)無料露天風呂

場所は羅臼の街から、羅臼岳の方面に登っていて、
結構、すぐに到着しました。
案内看板も出ていましたし、道沿いの駐車場も分かりやすかったです。
上写真のように川沿いに位置しており、
この駐車場から橋を渡って、対岸へ。

羅臼温泉 熊の湯(北海道羅臼)無料露天風呂

案内書きに従って、すぐに辿り着きました。
ちょっと大きめの木小屋って風情。
浴場は無料の露天風呂といえど、男女別になっています。
毎朝、地元の方が清掃されているらしく、
綺麗にされていますね。

こちらがその浴槽。
羅臼温泉 熊の湯(北海道羅臼)無料露天風呂

周りのロケーションは。ばっちし。
森と川から自然のエネルギーをいっぱいもらえます。
川の流れもダイナミックですばらしい。

泉質表。
羅臼温泉 熊の湯(北海道羅臼)無料露天風呂

もう一つ。
羅臼温泉 熊の湯(北海道羅臼)無料露天風呂

含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(中性低張性高温泉)。
源泉温度77.4度、PH7.3。
源泉温度は非常に高いので、ホースの水を都度、加水して、
適温にされています。
白濁の硫黄臭たっぷりのええ泉質。
が、いくら加水しているといっても熱い。
44度前後はあるでしょう。
この加水に関しては、色々と注意書きもあるので、
外様の私は、全く、調整なんてできないですね。
地元ご常連の方に合わせるしかないです。

いや~周りの環境の雰囲気もええし、泉質も最高。
これだけの施設を無料で楽しめるのは非常にいい。
ただ、地元の方々には遠慮して入る心がけは必要です。
使わせていただいているってことを心に留めて置きましょう。

住所:北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町
電話:01538-7-2111(斜里町観光課)
営業時間:24時間
定休日:無休
入浴料:無料


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

知床羅臼の温泉・・・
無料で体験できる温泉がいくつかあります。
その羅臼でも一番北の奥にまでやってきました。
そこに位置しているのがここになります。
相泊(あいどまり)温泉です。

相泊温泉(北海道羅臼)無料半露天風呂

見ての通り、仮設のお風呂かって印象。

混浴のようにも見えますが違います。
相泊温泉(北海道羅臼)無料半露天風呂

丁度、真ん中で敷居があって、男女別になっています。

その説明書き。
相泊温泉(北海道羅臼)無料半露天風呂

日本最北東端にあたる温泉になります。
一番、日本の最果てにやってきたな~って感慨に浸れますね。

その湯船はこんな感じ。
相泊温泉(北海道羅臼)無料半露天風呂

写真、右側に着衣をおける脱衣スペースがあり、
6人も入ればいっぱいの湯船が一つ。
足入れると、熱っつつ!!!!!
こりゃ50度以上あるでしょう、全く浸かれる状態ではない。

写真奥に、水道水の蛇口があるので、それを全開に。
相泊温泉(北海道羅臼)無料半露天風呂

何度か足入れて確認するも、全く駄目。
この浴槽の底から温泉がぷくぷく湧いてくるんですけど、
その勢いに加水が追いついていきません。
大量にかけ流されていくのに、温度は変わらず。

かれこれ15分くらいは待ったかな。
相泊温泉(北海道羅臼)無料半露天風呂

湯船から海を見た図です。
これは浸かっておらず、半立ち状態なので、
浸かってしまうと、テトラポッドで海は見えないですね。
波の音は聞こえるけれど、情感はないです。

結局、足を膝下10センチまで入れただけでギブアップ。
その泉質のよさもわからぬままでした。
ここにきちんと浸かれる方はすごいな・・・

住所:北海道目梨郡羅臼町相泊
電話:01538-7-2111(羅臼町観光課)
営業時間:24時間
定休日:6月~9月上旬のみ利用可
入浴料:無料


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★