関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

北海道、登別温泉に到着。
北海道あちこち温泉めぐりの今回の旅だが、
こちらの温泉地だけは何度でも来たくなります。
ホテルの立ち寄り湯として、こちらを利用することに。
「登別石水亭」です。

登別石水亭(北海道登別温泉)

ぱっと見た目は非常に豪華な巨大ホテル。
登別にはこういうタイプ、多いですね。

こちらのホテルは内湯と露天とで建物が分かれています。
登別石水亭(北海道登別温泉)

まず、こちらがフロントのある建物にある内湯。
両方とも最上階にあります。

その泉質表。
登別石水亭(北海道登別温泉)

もう一つ。
登別石水亭(北海道登別温泉)

説明書き。
登別石水亭(北海道登別温泉)

単純硫黄泉(低張性酸性高温泉)。
源泉温度68.6度で、PH3.5。
泉温が高いので、加水されており、
またかけ流し、循環ろ過の併用です。
ただ、塩素は使用していないみたいですね。

通りで少し薄いなって思いました。
登別石水亭(北海道登別温泉)

ただ、浴場内は硫黄の香りがたっぷりでしたけどね。

サウナも併設されています。
登別石水亭(北海道登別温泉)

あと、こういう高級系旅館の素晴らしいところ。
登別石水亭(北海道登別温泉)

なんと!マッサージチェア、無料でした。
車中泊旅で、疲れの溜まった背中を揉みほぐしました

続けて、露天風呂の方へ向かいます。
登別石水亭(北海道登別温泉)

ただ、こちらも内湯があるんですね。
泉質は、向こうの建物と一緒。

露天のジャグジー。
登別石水亭(北海道登別温泉)

そして樽風呂です。
登別石水亭(北海道登別温泉)

ここだけ泉質がちがう感じしましたが、
やっぱり、かけながしオンリーみたいです。
なので、ここが一番気に入りましたね。
ただ、内湯と違い、眺めが全くありません。

泉質的にはさすが登別!ってところまではいきませんが、
うん、これぞ高級ホテルの温泉にやってきたって雰囲気。
登別に宿泊する際、チョイスの検討に加えたいですね。

住所:北海道登別市登別温泉町203-1
電話:0143-84-2255
日帰り入浴営業時間:11:00~18:00
定休日:無休
日帰り入浴料:700円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

登別温泉は北海道一の大人気温泉地ですね。
札幌からも比較的近いし、なにより泉質がいい。
その中でも、こちらのホテルの人気は一番!
その広大な敷地の温泉浴槽は全てかけ流し。
行きたい日帰り入浴のナンバー1でした。
次の北海道旅行の際は絶対行こうと思っていた、
「第一滝本館」にやって来ました。

第一滝本館(北海道登別温泉)

まあ、そのホテル全体は巨大の一言・・・
一体、どれだけの敷地なんだろ。
日帰り専用の入り口は裏手にあり、
そちらから中へ入ります。

日帰り入浴の案内。
第一滝本館(北海道登別温泉)

通常は2000円します。
これほどまでに高い日帰り入浴料は見たことありません。
ただ夕方16時以降は1500円になるので、
この時間帯に行きました。

ロビーもゴージャス。
第一滝本館(北海道登別温泉)

なにもかもが開放感あり、ゆったり過ごせるよう設計されています。

まあ、その浴場全体も広いこと!
第一滝本館(北海道登別温泉)

いくつもの泉質があり、何種類もの浴槽があります。
これは温泉デパートって言う表現が適当か。

それもまた、全てがかけ流しの温泉なんですね。
第一滝本館(北海道登別温泉)

泉温が高いため、加水されているのがほとんどですが、
湯のフレッシュさは評判どおり。

その泉質表の一部。
第一滝本館(北海道登別温泉)

源泉温度56.2度、PH値6.8。
こちらですと中性の温泉なんですけど、
登別温泉らしい、酸性の硫黄泉もあれば、
ヌルツルのアルカリ泉もあるという素晴らしさ。
これだから温泉デパートなんですよね。

露天もゆったり。
第一滝本館(北海道登別温泉)

で、ここでびっくりしたのは、
露天に浸かりながらビール飲んでいる方がいる。
ビールをですね、売っているんですよ。
酒好きには露天に浸かりながら、酒飲むのは結構憧れ。
商売上手なホテルだなって思いました。

ここの浴槽の中でも一番気に入ったのはこちら。
第一滝本館(北海道登別温泉)

「金蔵の湯」です。
第一滝本館(北海道登別温泉)

ここだけ、完全源泉かけ流しなんですよ。
風車のような冷却設備があって、そこを流れるに従い、
温度が冷めていく仕組みで投入されています。
ちょっと熱めながら、がつんとその成分を感じます。

内湯の窓際からは地獄を望むことができます。
第一滝本館(北海道登別温泉)

これだけ広大な土地の温泉ひいてるんやもんね。

そして一番下の階には温水プールもあります。
第一滝本館(北海道登別温泉)

水着を持ってきてたので、こちらも少し利用しました。
短いながらもウォータースライダーもあって、
家族連れは水着持ってきて、こちらで遊ぶんがええですね。

泉飲場もあります。
第一滝本館(北海道登別温泉)

いや~合計で3時間以上でしょうか。
たっぷり楽しませていただきました。
これぞ、温泉デパートの成せる業。
ただ、2000円ではどうかなって印象です。
1500円でも微妙ですね、2回目はええかなって感じ。

関西でこの雰囲気を持つホテルは1つありますね。
私は温泉レジャーランドと呼んでいるホテルです。
老巧化はしておりますが、
こちらは1000円で楽しめるのを考えると、こちらに軍配かな。
和歌山、勝浦「ホテル浦島」の記事はこちら!

住所:北海道登別市登別温泉町55
電話:0143-84-2111
日帰り営業時間:日帰り入浴9:00~22:00、温水プール=8:00~22:00
定休日:無休
日帰り入浴料:9:00~16:00 大人2000円 小人1000円、
夕方16:00~20:00までは1500円 小人750円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★