関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

温泉宿予約

静岡では源泉かけ流しで、海辺の温泉ってことで、
ここは以前から注目していました。
静岡辺りに旅行で通りがかった時には、是非とも利用してみたい宿。
そこの日帰り入浴にちょうど今回利用してみました。
磯料理・海辺の湯の宿「平鶴」です。

平鶴(静岡熱海網代)

見た目はちょっと古そうな旅館ですね。
ランチ営業もやっておられて、新鮮な海の幸が楽しめるそうです。

このホテルのフロントにて「日帰り入浴」であることを告げ、
料金を支払い、すぐ近くの脱衣場へ。

平鶴(静岡熱海網代)

あ、ここ気をつけてください。
貴重品ロッカーは100円入れても戻らない方式です。
なので車で置いておけたらその方がええです。

源泉のご案内。
平鶴(静岡熱海網代)

結構、源泉温度は高いらしいのだが、それをちょろちょろと、
投入することによって、冷ましているようである。
その源泉かけ流しに否が応にも期待が高まる。

まずは内湯。
平鶴(静岡熱海網代)

こっちはかなり熱い。
それに、暗めの平凡な内湯であんまり魅力はないです。

さーて、露天で海を眺めましょう。
平鶴(静岡熱海網代)

ご覧のとおり、露天と海が一体になった感じ。
この風情はなかなかのもんです。
それにこっちは内湯と違って、ぬるめであるので、
長湯をしても平気です。
ただ塩化物泉のため、あまり浸かり過ぎると、湯当たりしますね、
30分ちょっとも入ってから、服を着替えて外に出ても、
汗だくで、いつまで経っても、その温もりは消えませんでした。

湯に浸かってみた感じ。
平鶴(静岡熱海網代)

目線が、海とどんぴしゃに来ます。
これは気持ちいい~
けど、ちょうど下が砂浜になってるんですが、そこに人が来ると丸見えです。
立ち上がると下半身も見えてしまいますね。
それに景色としても一面の海ってわけにはいかないので、
以下の2つの温泉を経験してしまうと、劣りますね。
海の見える温泉好きならば、是非こちらを利用してみてください。

福井露天風呂漁火の記事はこちら!
和歌山、崎の湯の記事はこちら!


温泉の質としては、いかにも源泉かけ流しを感じるが、
さらりとした塩化物泉ですので、クセがあんまりありません。
そして景観もそれよりすごい所を今まで経験しているので、
休憩所もなく内湯と露天のみで、この値段ではどうかなって思いました。

住所:静岡県熱海市下多賀493
電話:0557-67-2221
営業時間:日帰り入浴11:30~16:00、18:00~20:00
貸切露天風呂11:00~23:00、4:00~7:00
定休日:無休
日帰り入浴:1,050円
泉質:下多賀1号泉 源泉温度62.2度 PH7.8
カルシウム・ナトリウム-塩化物温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)


★楽天トラベルにて1万円の豪華宿がとれたので長旅です★
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。