関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

この日の九州旅は、大晦日。
熊本市街地に滞在予定でした。
まあ、私の宿を選ぶ基準としては、大浴場があること必須のため、
この日の宿泊もカプセルホテルでええかなとは思ってました。
しかし、楽天トラベルで熊本市街地のホテルを検索していると、
こちらのホテルを発見。
「ホテル法華クラブ熊本」です。

ホテル法華クラブ熊本(熊本市中央区)大浴場付きビジネスホテル

私にしては珍しく、ビジホタイプのホテルです。
まず、もちろん大浴場はついています。
そして、お値段がですね、窓無しタイプのエコノミーシングルですと、
税込み3500円やったんですよ。
大晦日くらい、個室でゆっくりとするんもええなと、
500円ほど今回の貧乏旅では予算オーバーですが、
他で調節ってことで予約しました。

館内入って、フロント前のインターネット端末。
ホテル法華クラブ熊本(熊本市中央区)大浴場付きビジネスホテル

但し、全部屋、無線LANは行き届いていますので、
モバイルPC持参の私は、ゆっくりくつろぎながら部屋で接続させてました。

部屋に入ると、こんな感じ。
ホテル法華クラブ熊本(熊本市中央区)大浴場付きビジネスホテル

奥に伸びるような特殊な造りになっています。
一番奥がユニットバス。
なぜなら窓がない中部屋だから、それでこんなスペースになったんでしょう。

しかし、小綺麗で全く申し分なし。
ホテル法華クラブ熊本(熊本市中央区)大浴場付きビジネスホテル

この旅ようやく、周りの物音を気にしない、
またこちらで物音立てても気にしなくてすむ居住空間でしたので、
落ち着けましたね(^^)
ただ、この枕元にコンセントなかったので、
モバイルPCでも充電がめんどくさかったですね。

こちらが私、必須の大浴場。
ホテル法華クラブ熊本(熊本市中央区)大浴場付きビジネスホテル

カラン側。
ホテル法華クラブ熊本(熊本市中央区)大浴場付きビジネスホテル

至ってシンプルでコンパクト。

まあ、別にここまで書かなくても・・・
ホテル法華クラブ熊本(熊本市中央区)大浴場付きビジネスホテル

温泉やないんやからね~
循環式をこうも説明している白湯は初めて見た(^^)
この大浴場は16:00~25:00、6:00~9:00に利用できるので、
さほど混んでもおらず、ゆっくり浸かることができました。

こちらが3階の自販機コーナー。
ホテル法華クラブ熊本(熊本市中央区)大浴場付きビジネスホテル

電子レンジがあったのはありがたかった。
ホテル法華クラブ熊本(熊本市中央区)大浴場付きビジネスホテル

この日は夜は飲み食べには出ず、ホテル内で過ごしたので、
部屋での晩酌ものはここで温めることができました。

うん、1泊滞在させていただきましたが、快適でした(^^)
ただ、問題は立地・・・市電の駅(慶徳校前)は近いんですけど、
熊本駅、繁華街からは遠いんですよね。
双方から、ちょうど中間的な位置なんです。
また一番近くのコンビニでも歩いて5分ちょっと・・・
周りになんもないとこなんですよ。
なので、飲み食いに出たとしたら15分くらい歩かなきゃいかんかったから、
めんどくさかったかな。
それと、失敗したなと思ったのが、あとで記事書くのに調べていると、
ここのホテル、朝食バイキングが美味しいと評判なんですよ。
郷土料理も色々と並ぶらしいんですよね。
バイキング好きな私やし、プラス1000円程度でつけられたので、
そうすりゃよかった。
ホント問題は立地だけです、お値段、居住性ともに満足できるホテルですよ。

住所:熊本県熊本市中央区通町20-1
電話:096-322-5001
チェックイン:15:00(最終チェックイン:26:00)
チェックアウト:10:00


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

この日のメイン目標は、晩酌に地獄蒸しをすることでした。
6日目後編あらすじ記事はこちら!

その晩酌前に温泉に浸かって、喉をカラカラにして、
ビールをごくごく飲みたい。
ならば、温泉地なんで、日帰り入浴をやっている旅館はたくさんあります。
中でも、車を停めた真ん前にあります、こちらの旅館へ。
杖立温泉 純和風旅館「泉屋」です。

杖立温泉 純和風旅館 泉屋(熊本県阿蘇郡)

木造3階建てで、築60年の老舗旅館です。

外観もうひとつ。
杖立温泉 純和風旅館 泉屋(熊本県阿蘇郡)

このように外からは鄙びた温泉旅館雰囲気ですが、
中はしっかりリフォームされており綺麗ですね。

その売店の様子。
杖立温泉 純和風旅館 泉屋(熊本県阿蘇郡)

はい、中はこんな雰囲気です。

こちらが内風呂の様子。
杖立温泉 純和風旅館 泉屋(熊本県阿蘇郡)

この規模の旅館にしては、相当広々とスペースがとられています。
岩風呂になっており、ダイナミックさがありますね。

あと、杖立温泉らしく、こんな蒸し湯の施設もありました。
杖立温泉 純和風旅館 泉屋(熊本県阿蘇郡)

サウナもスチーム系(もちろん天然)が設置されてます。

その泉質表。
杖立温泉 純和風旅館 泉屋(熊本県阿蘇郡)

もう一つ。
杖立温泉 純和風旅館 泉屋(熊本県阿蘇郡)

源泉温度99.0度、PH値8.78のナトリウム-塩化物泉。
少しアルカリ寄りの泉質です。
温度がこれだけ高温ですから、半分は水道水の加水。
あとはそのままのかけ流しされています。

これだけ水道水が加わると、お湯はほぼ無色透明。
杖立温泉 純和風旅館 泉屋(熊本県阿蘇郡)

こちらは露天の浴槽ですが、
内湯、露天とも、ほぼ変わらない泉質でした。
さすがにここまで加水されると、温泉らしさはなくなりますね。

露天の眺め。
杖立温泉 純和風旅館 泉屋(熊本県阿蘇郡)

まあ、温泉街のど真ん中にあるので、
目隠しは結構高い位置まで設置されています。

まあ、温泉の質に期待していく日帰り入浴旅館ではないと思います。
ただ、その老舗の雰囲気は相当ええので、
ここはできたら宿泊で訪問したい旅館でしょう。
日帰り入浴では、私はこの近くでは、ここの施設がダントツで好きですね。
熊本小国町「豊礼の湯」の記事はこちら!

住所:熊本県阿蘇郡小国町杖立温泉4179
電話:0967-48-0021
日帰り営業時間:9:00~21:00
定休日:なし
入浴料:大人500円 小人300円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

熊本県でも有数のアルカリ泉と聞いておりました。
場所的にも、山の中にあって、風情よさそう。
旅行に出かける前から、ここの施設だけは絶対行こうと思っていました。
熊本県、山鹿市の山中にあります「平山温泉 元湯」です。

平山温泉 元湯(熊本山鹿市)[旧平山温泉センター]

最近、近くの別の場所から最近移設されたようです。
思っていたよりも非常に綺麗です。

ただ、中に入るとこんな感じ。
平山温泉 元湯(熊本山鹿市)[旧平山温泉センター]

村の集会所っぽいですね。
大広間もあるようで、地元民らしき方で賑わってました。

こちらの温泉用に、こんなマンガがありました。
平山温泉 元湯(熊本山鹿市)[旧平山温泉センター]

子供でも楽しんで読めるようになっていますから、
こういう温泉施設のマナーを諭すには、
非常によく考えていますね。

こんな内湯が出迎えてくれました。
平山温泉 元湯(熊本山鹿市)[旧平山温泉センター]

浴槽は2段階になっていて、源泉が注ぎ込まれる狭い浴槽に、
そのオーバフローした温泉が流れ込む広い浴槽。
そちらはぬるめでまったりとできました。

泉質は評判どおりのヌルヌル感。
平山温泉 元湯(熊本山鹿市)[旧平山温泉センター]

それにわずかながら硫黄臭がします。
塩素臭のない源泉かけ流しだな~って感はあるんですけど、
自身としてはもうちょいヌルツル感が欲しい。

200円でこの源泉かけ流しは、さすがというしかない。
わざわざ立ち寄る価値もあると思います。
ただ、休日は相当な賑わいなので、
平日利用できるようでしたら、その方がいいですね。

住所:熊本県山鹿市平山256
電話:0968-43-2041
営業時間:6:00~21:30、大広間利用=9:00~16:00
定休日:無休
入浴料:大人200円 小人(4歳~小学生)100円 2歳まで無料
大広間利用:大人500円 小人200円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★