関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

温泉宿予約

1か月も広い大浴場に入っていないと、ストレスが相当溜まってくるわたくし(^^)
今回もそういう症状が現れ始めました。
ちょうど、散髪もせないかんな~って時期にもなってきていたので、
カットサロン併設のスーパー銭湯を大阪近郊で検索。
すると木津市場にありますね~
ミナミにも用事があったので、ちょうどええかと訪問。
「桃源郷太平のゆ」なんば店です。

桃源郷太平のゆ なんば店(大阪難波木津市場)

丁度、木津市場の2階にスペースがとられています。

館内の案内。
桃源郷太平のゆ なんば店(大阪難波木津市場)

この狭いスペースに見事に配置されているなって印象。
岩盤浴まで、この木津市場の上にあるんやからな~

入ってすぐの内湯。
桃源郷太平のゆ なんば店(大阪難波木津市場)

内湯は回遊風呂にジェットバス、シルクバス、水風呂、サウナなどが配置されています。

そして露天。
桃源郷太平のゆ なんば店(大阪難波木津市場)

寝湯です。
桃源郷太平のゆ なんば店(大阪難波木津市場)

ここの露天は解放感があります。
しかし、人口の炭酸泉が配置されているが、天然温泉らしきもんがない。

そう、全く、温泉は湧いておりません。
桃源郷太平のゆ なんば店(大阪難波木津市場)

ラジウム(微弱な放射能)の内風呂もありますけど、これも人工。
源泉かけ流し温泉ファンにはがっかりの施設ですね。
しかし、露天の人口炭酸泉がここのスーパー銭湯の一番の目玉であるが、
広い割には、ここの泡つきがなかなかよく、ぬるめでゆったりできる。
テレビもあるしね。
なので、ここだけは絶えず、誰かいてましたね。

あがってからの休憩処はこんな感じ。
桃源郷太平のゆ なんば店(大阪難波木津市場)

ちょっとこれは狭めかな。

スーパー銭湯としての施設は一通りそろっているし、
特に天然温泉にこだわりがなければ楽しめるでしょう。
あと、難波からでも歩きでいけるし、便利は便利です。
ただ、私のように源泉かけ流しにこだわって、
あちこち温泉めぐりしてる人間には物足りない。
その点、注意すべきですね。

住所:大阪市浪速区敷津東2丁目2-8 大阪木津地方卸売市場内 南棟2階
電話:06-6633-0261
営業時間:8:00~翌2:00
定休日:年中無休
入浴料:大人800円 小人(小学生以下)400円 幼児(3歳以下)無料
岩盤浴あり:別料金800円
設備:ラジストン風呂、シルク風呂、回遊風呂、冷水風呂、サウナ、
炭酸泉風呂、薬湯、壺湯、寝転湯


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
スポンサーサイト
記事編集

温泉宿予約

今回の九州旅で是非とも訪問したかった温泉ナンバー1でした。
私はヌルメの体にまとわりついてくる泉質が大好き。
そんな私の憧れの温泉やったんです。
ただ、どうも休日とかは混んでいて落ちつかなそう。
で、今回、平日月曜の朝一に訪問できたんですよ。
(っていうよりここの温泉に合わせて、そうプランニングしたとも言う^^)
そんな温泉、「七里田温泉館」木乃葉の湯にやって来ました。

七里田温泉館 木乃葉の湯(大分竹田)下ん湯

木乃葉の湯と、炭酸泉の下ん湯の2つの泉質の浴槽があるんですが、
前評判どおり、下ん湯の券を300円で買います。
あと、その鍵を受け取るので、その保証金1000円が必要です。

下ん湯の場所は、この本館から少し離れています。
七里田温泉館 木乃葉の湯(大分竹田)下ん湯

歩いて、3分~5分程度か。
受付のご主人も説明してくださるし、案内表示もきちんとあるので、
迷うことはないはずです。

ご覧の建物が見えてきます。
七里田温泉館 木乃葉の湯(大分竹田)下ん湯

入り口。
七里田温泉館 木乃葉の湯(大分竹田)下ん湯

ここで鍵を開けて、中に入ります。

七里田温泉の歴史も書かれておりました。
七里田温泉館 木乃葉の湯(大分竹田)下ん湯

ご覧の内湯が一つのみ。
七里田温泉館 木乃葉の湯(大分竹田)下ん湯

私は5人も入ればいっぱいかな~と思ったのですが、
ご常連さんとお話していると、ここになんと12人も入ったことがあるのだとか!
いや・・・いかにいい泉質でもそんな中に入りたくない・・・

その泉質表。
七里田温泉館 木乃葉の湯(大分竹田)下ん湯

マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉で、
源泉温度は38度。
これが完全かけ流しです。
まさにラムネ湯の言葉通りで、これほどまでに、
炭酸の泡が大きいのに巡り合ったことがありません。
長湯温泉のラムネ温泉は私としては評価の高い泉質なのだが、それ以上。
大分竹田「ラムネ温泉」の記事はこちら!

ちょうど湯温も私の大好きなヌルメ温度に浸かり、
アルカリのヌルツルさもあり、炭酸シュワシュワの中でいると、
もう時を忘れましたね。
常連さんとも色々お話させていただきましたが、
じっくり目を瞑って、物思いに耽るのが最適のお湯でした。
こりゃ、過去最高に自身によく合う泉質やと思います。
これからも全国温泉巡りをしていきますが、
ここ以上に巡りあえることはあるのか?って思ってしまいますね。

住所:大分県竹田市久住町有氏4050-1
電話:0974-77-2686
営業時間:9:00~21:00
定休日:第2火曜日
入浴料:大人300円、子供200円、3歳未満無料


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

日本一の炭酸泉とのフレコミの温泉が、三木市の吉川町にあるとのこと。
泡がシュワシュワまとまわりついてくる温泉は大好きな俺。
そんな源泉かけ流しに一度は浸かってみようと立ち寄ってみました。
中国自動車道吉川ICから東へ1kmのところにあります、
「吉川温泉よかたん」です。

吉川温泉よかたん

さすがに休日の夕方だけあって、多くの人でごった返している。
内湯も露天もそんなには広くないが、スーパー銭湯チックだ。
まずは源泉、源泉と探してみたが、内湯、露天ともに満杯状態・・・
仕方なしに加温の露天に浸かってみる。

吉川温泉よかたん

内湯、露天ともに加温循環のお湯があるが、こちらは透明色。
ちょっとぬるっと感があり、薄いながらも温泉を感じ取ることができます。

で内湯、露天とも源泉浴槽がいつ空くかを待っていたが空く気配なし。
ここの常連客はかなりマナー悪い?って思います。
あちこちネットの口コミ見ててもどうやらそうらしいですね。
譲り合いの精神がないようである。

で、なんとか露天のさきっちょに足だけ入れて待つこと5分。
ようやく浸かることができました。
ちょうどボコボコと源泉が湧き出る隣の位置を確保。
湯温は結構ぬるめで30分でも楽にずっと浸かれる温度。
この温度が長居の原因でもある。
その色合いは茶褐色を帯びており、鉄の匂いも感じます。

ただ、その湯気を吸い込むと・・・
「うっ!」ものすごい酸欠状態になりました。
その炭酸ガスの含有量がすごいのか、
炭酸ジュースをがぶ飲みしたあとくらいの息苦しさである。

しかし、期待していた泡つきは全くないのだ。
炭酸泉とはこういうものかと、この点では期待外れ。
ただ、それを補うくらいに、このお湯は特有の良さがあります。
湯温は低いながらも、それがいかにも濃さを感じ、
体全体にじわじわとくる温もりのよさはかなりのもん。

また休憩処も畳敷きの箇所があるんもええですね。
吉川温泉よかたん

お土産物売り場もあります。
吉川温泉よかたん

そして、隣には日本酒を売っていたり、
地元でとれる野菜や卵などを買える建物もあります。
なのでここでインターを降りて、お土産物を買いにがてら、
ここの温泉を堪能してもええでしょう。
それだけ価値ある源泉かけ流しやと思います。

ただ、源泉独占のマナー悪い客の対策は練るべきです。
休日の混雑時は、10分おきにでもアラーム鳴らせて、
時間制限を設ける必要があるでしょう。

住所:兵庫県三木市吉川町吉安224
電話:0794-72-2601
営業時間:10:00~22:00(受付~21:00)
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は営業。但し翌火曜日が休館)
入浴料:中学生以上600円、小学生300円、家族風呂4,000円(1時間)
駐車場:160台(無料)


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。