関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

南紀勝浦周辺は温泉の宝庫。
過去の旅でも、何度もこの地を訪れています。
その勝浦の西側には、湯川温泉という温泉地があります。
その中で今まで訪問したことのない旅館の日帰り入浴に行ってみることに。
温泉旅館「柳屋」にやって来ました。

プンプンの透明な硫黄泉 温泉旅館 柳屋(和歌山那智勝浦)湯川温泉

見てのとおり、小さな旅館です。
日帰り入浴料は300円と安く、今回の貧乏旅には最適(^^)

ロビーの様子もこの宿らしい。
プンプンの透明な硫黄泉 温泉旅館 柳屋(和歌山那智勝浦)湯川温泉

こっちは貸切風呂みたいです。
プンプンの透明な硫黄泉 温泉旅館 柳屋(和歌山那智勝浦)湯川温泉

しかし、味のある古びた旅館ですよね♪

その大浴場は、この内湯のみ。
プンプンの透明な硫黄泉 温泉旅館 柳屋(和歌山那智勝浦)湯川温泉

まあ「大」ってつけてもええんかいなって思う、小さな浴槽。
ただ、この浴室内に入ると、もわーーんと硫黄のええ香りがするんですよ。

泉質は源泉温度40.0度、PH値9.4のアルカリ性単純温泉。
プンプンの透明な硫黄泉 温泉旅館 柳屋(和歌山那智勝浦)湯川温泉

お湯の色は無色透明。
完全に100%源泉かけ流しです。
投入口からドバドバ湯量が投入されており、
それが全部かけ流されていく様子は圧巻。
あ~かけ流しの温泉に浸かってるな~って幸せ感を味わえますね(^^)

源泉温度40度にしては結構熱いかな?
自身の体感温度では41度台に感じました。
あと、PH値ほどのアルカリヌメヌメ感もあまり感じません。
硫黄臭が目立つ、さっぱり系の泉質です。

あと、アメニティの類は一切置いていません。
プンプンの透明な硫黄泉 温泉旅館 柳屋(和歌山那智勝浦)湯川温泉

シャンプーなど忘れないように持参しましょう。

うん、300円でこの源泉かけ流しはさすがだなって思います。
ただ、自身の好みでいうと、この近くにある、「ゆりの山温泉」が、
浴感、泉温、ともに好みですね。
その記事はこちら!

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町湯川980
電話:0735-52-0317
日帰り入浴時間:15:00~21:00
定休日:なし
日帰り入浴料:300円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

湯川温泉には非常にええ公衆浴場が3つあります。
内2つは経験済み。
ゆりの山温泉の記事はこちら!
きよもん湯の記事はこちら!

今回の旅行では、こちらの施設を訪問。
「四季の郷温泉」です。

四季の郷温泉(和歌山湯川温泉)

建物自体はこじんまりとしていますが綺麗。
公衆浴場って感じはしません。

内湯だけのシンプル構成。
四季の郷温泉(和歌山湯川温泉)

温泉分析表はこんな感じ。
四季の郷温泉(和歌山湯川温泉)

アルカリ性の単純温泉。
ヌルツルの性質のお湯です。
そして、この近辺はどこもそうであるが、
硫黄の香りもほのかにしてきますね。

そして・・・
四季の郷温泉(和歌山湯川温泉)

源泉温度は35度なので、加温はされております。

その湯の投入量は非常に多いです。
四季の郷温泉(和歌山湯川温泉)

たっぷり投入されて、かけ流されていく様子はさすが。
また、カランからもヌルツルのお湯が出ていたので、
そちらも温泉が使われているようである。

上記、2湯と比べても、泉質的に全然遜色のない施設ですね。
ただ、「ゆりの山」は源泉そのままをどばどば投入で300円。
「きよもん湯」は浴後にゆったり座れる所があるということを考えると、
この3つのうち1つを選択ってなると、私は「ゆりの山」にするかな~
しかし、時間的にタイミングが合うと、こちらですね。
和歌山、湯川温泉「もみじや」の記事はこちら!
湯川温泉・・・いい所です(^^)

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町湯川287
電話:0735-52-2515
入浴時間:10:00~21:00
定休日:火曜
入浴料金:大人500円
泉質:アルカリ性単純温泉


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

和歌山の湯川温泉は勝浦に近く、その泉質は抜群です。
そんな湯川温泉の泉質を源泉かけ流しで楽しめる宿があるとのこと。
それも日帰り入浴300円の安さなのだ!
ってことで、タイミング良く、その入浴時間に近くにいたので、
寄ってみることにしました。「もみじや」です。

もみじや(和歌山湯川温泉)旅館

しかし、建物えらい古いですね・・・
もみじや(和歌山湯川温泉)旅館

鄙びた温泉宿は結構好きなわたくしですが、
ここにはあんまり泊まりたくはないかな・・・(^^;)
だーってなんか長屋みたいですもん。

お風呂に向かう廊下に・・・
もみじや(和歌山湯川温泉)旅館

こんな卓球台がありました。
いかにも温泉卓球が似合う宿です。

その浴槽。
もみじや(和歌山湯川温泉)旅館

この内湯一つのみです。
シンプルではあるが、しかし、その湯量はすさまじく、
源泉そのまま、どばどば投入され、かけ流されていく様子は心地良い。
なので、飲泉もできるようでコップもおかれていました。

浸かってみるとこんな感じで。
もみじや(和歌山湯川温泉)旅館

ホントかけ流されていく量がすさまじい。
源泉温度は41度らしく、体感は40度弱くらいに感じられ、
硫黄の香りもプンプンで、長湯してじっくり味わえます。

ぬるめの源泉かけ流し大好き人間の私からすれば最高です。
外の景色は全く拝めないが、その泉質だけで充分満足ですね。
300円は価値ある使い方でした。

住所:和歌山県東牟婁郡太地町湯川夏山3830
電話:0735-52-0409
営業時間:15:00~19:00
入浴料:大人300円 小人200円/1泊2食付 8,000~12,000円(込別) 


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★