関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

湯の峰温泉・・・
やはり、有名なのは世界遺産にもなっている「つぼ湯」でしょう。
和歌山「湯の峰温泉」つぼ湯の記事はこちら!

で、この辺りの旅館もさすがの湯の温泉宿ばかりです。
ちょうど、有名旅館「あづまや」の日帰り入浴時間(13:00~15:00)に、
こちらに到着。
こんな機会を逃してなるものかと、寄りました。

旅館あづまや(和歌山湯の峰温泉)

その建物風情は、老舗そのもの。
旅館あづまや(和歌山湯の峰温泉)

日帰りで入るにはちょっと躊躇しましたが、中へ。
結構気さくに応対してくださったので、ほっとしました。

こちらは、女性用の露天風呂。
旅館あづまや(和歌山湯の峰温泉)

私は入ってませんので、ノーコメントとしときます。

ご覧の内湯。
旅館あづまや(和歌山湯の峰温泉)

厳かな雰囲気が溢れています。
こちらで一人でゆっくり浸かるお湯はなんて落ち着くこと!

天井もこんな感じです。
旅館あづまや(和歌山湯の峰温泉)

ぼーっと見上げてましたね~(^^)

また入って左側には「さまし湯」ってのがありました。
旅館あづまや(和歌山湯の峰温泉)

源泉をゆっくりと少量そのまま冷ましながら投入している、高温のお湯です。
さすがに最初は入れないくらいに熱いのですが、
我慢して入ってしまうと、その力強さがぴりぴり伝わってきますね。

こんな感じで投入されています。
旅館あづまや(和歌山湯の峰温泉)

あと、脱衣場には蒸し風呂がありました。

こちらは硫黄匂いプンプンのスチームサウナ。
旅館あづまや(和歌山湯の峰温泉)

これまた気に入りました。
自然源泉の蒸気だけですからね~人工的に造られていないサウナですもん。

ずっと貸切状態でしたので大満足でした。
ただ、ちょっとお値段がお高めかな~
近くの公衆浴場では、同じように自然に冷ましたお湯に、
この値段で入浴できますもん。
和歌山「湯の峰温泉公衆浴場くすり湯」の記事はこちら!

住所:和歌山県田辺市本宮町湯の峰122
電話:0735-42-0012
営業時間:日帰り入浴13:00~15:00
休業日:無休
日帰り入浴料金:大人700円 子供(3才~小学生)400円
宿泊:1泊2食付(1室2名様以上)16000円~


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

今回の奈良・和歌山縦断旅の最初の立ち寄りにしようと思っていたのがここ。
以前に、ここ湯の峰温泉公衆浴場には来たことがある。
湯の峰温泉公衆浴場の普通湯記事はこちら!
湯の峰温泉公衆浴場のくすり湯記事はこちら!


しかし、つぼ湯は待ち時間の関係もあり、未経験でした。
なので、早朝一番にここを訪問しようとやってきましたよ~
湯の峰温泉の「つぼ湯」です。

つぼ湯(和歌山・湯の峰温泉)

到着したのはまだ、朝5時20分くらい。。。
さすがにまだ営業されてないかと思うと、準備始められている。
で、おじちゃんが手招きしてくれて、5時25分には入ることができました。

外はまだまだ真っ暗です。
つぼ湯(和歌山・湯の峰温泉)

見事に一番札をゲット!しました(^^)
つぼ湯(和歌山・湯の峰温泉)

こんな浴槽です。
つぼ湯(和歌山・湯の峰温泉)

その名の通り、3名も入ればいっぱいか。
ただ、この狭さゆえに、その泉質の良さがあるのよね。
白濁した硫黄臭の湯は、否が応にも期待が高まる。

泉質表。
つぼ湯(和歌山・湯の峰温泉)

源泉温度は非常に高いです。
それが源泉かけ流しですから、一番風呂はかなり高いと思っていました。
しかし、手をまずつけて確認すると思ったほどではない。
管理人さんが先に水をうめてくださったのだろうか。
途中、ちょっと熱くなり、5秒ほど水を入れましたが、
ほぼ、その源泉の湧き上がりを我慢して入ることができました。

この小屋の中も・・・
つぼ湯(和歌山・湯の峰温泉)

脱衣所も一緒になっている簡易的なもんですけど、
風情がありますよね~

やはり、温度熱いので、浸かったり、あがったりを繰り返し・・・
つぼ湯(和歌山・湯の峰温泉)

この泉質はやはり水で薄めたくないです。

30分の制限時間もあっちゅう間でした。
この濃い~泉質で、1人750円という入浴料は、
貸切風呂だと思えば妥当か。
しかしカップルでなければ、ここの「くすり湯」でも、
充分に泉質を堪能できるので、高い料金を払うのは不要です。
あと、やはり景色を拝めないのが不満ですね。

住所:和歌山県田辺市本宮町湯の峰
電話:0735-42-0074
営業時間:6:00~21:30(水曜日は8:00~21:00)
定休日:年中無休
利用料金:大人(12歳以上)750円、12歳未満450円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

以前、ここ「湯の峰温泉公衆浴場」の方には、
入ったことがあるが、加水の温泉の為、そんなに濃さを感じなかった。
「湯の峰温泉公衆浴場」の記事はこちら!

しかしやっぱり、これだけいいお湯ならば、
源泉かけ流し100%のお湯に浸かりたい。
そう、ここは「くすり湯」っていうお湯があるんですね。
ちゅうわけで、湯の峰温泉公衆浴場「くすり湯」にやって来ました。

湯の峰温泉公衆浴場 くすり湯

ここ「くすり湯」は380円、加水の公衆浴場は250円、
130円の違いならば、なんで前に「くすり湯」に入らなかったんだろな。

これが「くすり湯」の浴槽です。
湯の峰温泉公衆浴場 くすり湯

この浴槽一つだけです。
こちらは石鹸、シャンプーの類は厳禁です。
それだけ、泉質にこだわりを持っているのが分かりますね。

こちらが温泉分析表。
湯の峰温泉公衆浴場 くすり湯

源泉温度は90度近いのに、どうやっって入れるくらいまで、
加水せずに冷ましているんえしょうね。
含硫黄ナトリウム水素塩・塩化物泉ですので、
硫黄の匂いがええ感じで漂っています。

この源泉が豪快に注がれています。
湯の峰温泉公衆浴場 くすり湯

湯の花の舞い方はすっごく多いです。
この時は白濁しておらず、完全に透明でした。

お湯に浸かっても銭湯風情。
湯の峰温泉公衆浴場 くすり湯

しかしやはり加水なしで冷ましているだけのお湯は、
私にはかなり熱かったです、43、4度はあるでしょうね。

湯の峰温泉公衆浴場 くすり湯

この公衆浴場を出ると、温泉卵作るところがあります。
近くに生卵売ってる店があるんで、そこで買って、
温泉入ってる間に出来上がり~
湯上りに温泉卵ってこともできますよ♪

やはり湯の峰温泉の湯も非常にええですね~
今回、加水ではなく、源泉かけ流しに入れたから余計そう思います。
温泉好きならば、是非「くすり湯」に入ったほうが満足できますよ。

住所:和歌山県田辺市本宮町湯の峰110
電話:0735-42-0074
営業時間:公衆浴場・くすり湯6:00~22:00、つぼ湯6:00~21:30
定休日:無休 (清掃のため休業する場合あり)
入浴料金:公衆浴場 大人250円 小人(12歳未満)130円、くすり湯 大人380円 小人190円
/公衆浴場+つぼ湯入浴:大人750円 小人450円/くすり湯貸切=1時間2000円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★