関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

温泉宿予約

淡路日帰り旅行の道中・・・
車での旅では、必ず絶対その日後半に温泉に浸かるのは絶対なわたくし。
ちょうど夕方16時頃にもなっていたので、こちらの施設に。
淡路島の南側「三原温泉」地区は結構ええアルカリ泉質なんですよね。
その中でも、公営の南あわじ市クア施設「さんゆ~館」を訪問しました。

三原温泉 南あわじ市クア施設 さんゆ~館(兵庫淡路島)スーパー銭湯

見た目、綺麗、そして、規模がでかい。
こりゃ地元高齢者の憩いの場になっているんやろなって思われる施設。

中に入ってもこんな感じ。
三原温泉 南あわじ市クア施設 さんゆ~館(兵庫淡路島)スーパー銭湯

広々と開放感があります。

それにプールも附帯しているんですよ。
三原温泉 南あわじ市クア施設 さんゆ~館(兵庫淡路島)スーパー銭湯

このときは冬やったんでこんなのですけどね。

施設全体の地図。
三原温泉 南あわじ市クア施設 さんゆ~館(兵庫淡路島)スーパー銭湯

男女別のお風呂にバーデゾーン、
そして休憩処とバランスよく配置されています。

休憩室。
三原温泉 南あわじ市クア施設 さんゆ~館(兵庫淡路島)スーパー銭湯

テレビ付きのリクライニングルームが無料で利用できます。
この後ろにはコイン投入のマッサージチェアもありました。

そんではお風呂に入りましょう。
三原温泉 南あわじ市クア施設 さんゆ~館(兵庫淡路島)スーパー銭湯

こちらは露天風呂。
なかなか開放感のある岩風呂です。

あと、露天には檜風呂もありました。
三原温泉 南あわじ市クア施設 さんゆ~館(兵庫淡路島)スーパー銭湯

その泉質表から成分を分析してみましょう。
三原温泉 南あわじ市クア施設 さんゆ~館(兵庫淡路島)スーパー銭湯

もうひとつ。
三原温泉 南あわじ市クア施設 さんゆ~館(兵庫淡路島)スーパー銭湯

源泉温度28.6度、PH値8.8のアルカリ性単純温泉。
加水はナシの加温、循環濾過、塩素消毒ありのお湯です。
これを見る限りはさほど泉質には期待できないなと思ったのですが、
内湯は非常にアルカリ特有のヌルツル感が素晴らしい。
これ加温のみの源泉かけ流しかって思えるくらいのレベルです。
ただ消毒臭は、結構内湯には漂っていたかな。
温度は42度くらいに感じられ、私には少し熱め。

しかしそれに対して露天は、これ内湯と一緒の温泉使っているん?
って思うくらいに残念な浴感。
温度が40度ちょっとぐらいでまったりできたけど、
内湯のほうが遙かにええですね。

正直、淡路島の温泉泉質にここまで期待はしていなかったので、
意外に満足できましたね。
これは源泉かけ流しで浸かったら、
どんなに気持ちのええお湯なんやろと思います。
高速のICからも遠いので、一旦降りては厳しいですが、
淡路島を国道通って北上するならば、最後の仕上げにええと思いますよ。

住所:南あわじ市神代社家2332
電話:0799-43-3939
営業時間:10:00~22:30(受付終了22時) 
土日祝日10:00~24:00(受付は23時30分まで)
定休日:第2・第4火曜日(祝日の場合は前後の日に休館、8月は休みなし)
入浴料:【風呂】大人600円、子供300円(4歳以上小学生)
【プール利用】:大人500円、小人300円 フィットネス利用600円
【風呂・水着浴セット】:大人1000円、子供500円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
スポンサーサイト
記事編集

温泉宿予約

四国を香川、高知と巡ってきたが、どこか立ち寄り湯をとも思い検索。
しかし、四国は松山の道後温泉付近以外にはあまりええ泉質の温泉がないんですね。
なので、帰りは淡路島経由で帰り、立ち寄り湯をすることにしました。
淡路島、福良港近くにあります「南あわじリフレッシュ交流ハウスゆーぷる」です。

南あわじリフレッシュ交流ハウスゆーぷる

3連休最終日のお昼ですが、結構賑わっています。
まあ、夏なので近くにオートキャンプ場もあって、海水浴帰りとか、
ちょうどここ利用しやすいですね。

入浴料金、営業時間はこんなのです。
南あわじリフレッシュ交流ハウスゆーぷる

スーパー銭湯チックなのに、この入浴料金は安めです。
また土日祝でも値段を上げていないのも好感がもてる。

さあ、ゆったり運転の疲れを癒しましょう!
南あわじリフレッシュ交流ハウスゆーぷる

こちらは内湯です。
あと、男女日替わりになっており、男湯はこの日は、塩サウナと、露天岩風呂の日でした。
逆に女性の方は、ドライサウナに露天には滑り台があるようですね。
まず、露天風呂へ直行し、浸かってみる。
うんうん、アルカリ泉のぬめりがよく感じられる湯ですね~
お肌がつるつるになるこの感覚、気持ちいいです。
そして海に近いのもあって、塩っ気も感じます。
温度も若干ぬるめであり、長湯もできそうです。
ただ、内湯の方はぬめりがあまり感じられませんでした。

その泉質表。
南あわじリフレッシュ交流ハウスゆーぷる

源泉温度は低いので、加温はされているでしょう。
かけ流しか循環かは確認できませんでした。
あと内湯は塩素の匂いを感じました。

あがってからも・・・
南あわじリフレッシュ交流ハウスゆーぷる

ゆったり休憩するスペースがとられています。

淡路島も休日、高速1000円期間の間は非常に行きやすくなりました。
そのちょっと遊んだ帰りに、立ち寄るには最適ではないでしょうか。
ただ、行楽客が多いので、子供がうじゃうじゃですから、
その子供の騒がしさが嫌な人間は避けるべきでしょうね。

住所:兵庫県南あわじ市筒井1509-1
電話:0799-50-5126
営業時間:平日10:00~22:00、土日祝:10:00~23:30
休業日 毎月第3木曜日(8月は除く)
料金:大人(中学生以上)600円、小人(満3歳~小学生)300円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。