関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約


奥飛騨温泉はしごの2軒目。
こちらの旅館は、温泉博士にも掲載されており、
また以下の温泉本にも掲載されていました。


温泉博士の方は月刊誌で、まっとうな温泉は期限がないですからね。
温泉博士の方で、無料入浴させていただきましょう。
槍見の湯「槍見舘」で日帰り入浴です。

川の流れを見ながら極上露天風呂♪の高級旅館 槍見の湯 槍見舘(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

非常に立派な高級旅館です。
月曜朝にも関わらず、チェックアウトのお客さんが多く、
次の宿泊予約を聞いたりしていて、ごった返してました。
私のような無料入浴客は後回しですが、それは仕方ない。
通常の日帰り入浴は500円です。

宿泊すると、ご覧のお風呂がすべて利用できます。
川の流れを見ながら極上露天風呂♪の高級旅館 槍見の湯 槍見舘(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

日帰り入浴客は、露天の混浴風呂2つ。
槍見の湯とまんてんの湯なんですけど、まんてんの湯は清掃中でした。

そう、こっちには入れません。
川の流れを見ながら極上露天風呂♪の高級旅館 槍見の湯 槍見舘(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

その名の通り、夜の星空が綺麗みたいですね。
この近辺はホント空気が澄んでいて、星の瞬きがすごかったのは、
以前の車中泊でも見た経験があります。
そして、こちらの宿も、日本秘湯を守る会の宿なんやなあ。

外の混浴風呂は、一旦、宿の外に出て、階段を下りて行きます。
川の流れを見ながら極上露天風呂♪の高級旅館 槍見の湯 槍見舘(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

本日利用できる混浴露天風呂、槍見の湯へ向かいます。

そのお風呂はご覧の様子。
川の流れを見ながら極上露天風呂♪の高級旅館 槍見の湯 槍見舘(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

蒲田川という川沿いにあり、その流れが非常にダイナミックです。
混浴ですが、脱衣場は別々に分かれていて、女性はタオル巻も可みたいですね。
浸かってみた感じでは、無色透明でさっぱりしております。
温泉感はあまりないな・・・

泉質表で、では分析してみます。
川の流れを見ながら極上露天風呂♪の高級旅館 槍見の湯 槍見舘(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

しかし、泉質表を見つけることができませんでした、利用証のみ。
源泉温度53度しかこの表示では分かりませんが、
加水、加温なしの純粋な源泉100%かけ流しらしい。
その投入量もドバドバなんですけど、どうやって冷ましてるんやろ?

ま、とにかく、景観は素晴らしい。
川の流れを見ながら極上露天風呂♪の高級旅館 槍見の湯 槍見舘(岐阜奥飛騨新穂高温泉)

遠くに槍ヶ岳も拝むことが出来て、晴れていれば最高ですよ。

新穂高の泉質って、こんな感じやったっけ?
ちょっと自身には物足りないかな。
まあ、ここのお風呂は泊まってこそ、楽しいんでしょう。
2人部屋で、1人1万8千円~という宿泊料のお宿ですから、
大概、その半額のお値段で泊まってる私には無縁だな(^^;)

住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂587
電話:0578-89-2808
日帰り営業時間:10:00~14:00
定休日:無休
日帰り入浴料:大人500円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★