関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

温泉宿予約

この日は長野県木曽周辺を徘徊しております。
このルートを選んだのも、ここの温泉に立ち寄りたかったからと言っても、
過言ではないです。
二本木温泉「二本木の湯」です。

すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

GW5月初めであったが、桜も綺麗です。
それだけ、結構な高地にある温泉施設ですね。

こちらの入口より中へ入ります。
すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

日帰り専門の入浴施設。

フロント兼、レストラン受付。
すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

蕎麦が美味しい地域でもあるので、どのくらいの値段か見てみると、
かけそばで650円と極々普通の値段設定。
その後、別の店で十割そばをいただく予定でしたので、ここでは温泉のみ。

料金表。
すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

大人620円です。
私は以下の温泉本を持参しておりますから、無料入浴です。


この温泉本に掲載してるところを見逃し、進むことはない。
それほど、源泉かけ流し好きには信頼できる本です。

こちらが湯上りの休憩処。
すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

GW休日やったのもあり、多くの方が寝転んでおられました。

眺めもご覧のような風景です。
すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

山々の間から、まだ雪の残った御岳山が見えるのわかりますでしょうか。

では浴場へ。
すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

この内湯1つだけと至ってシンプル。
ただ、日がちゃんと差し込むような造りになっており明るい。
眺めも、1つ上の休憩処からの風景と同じ眺めが拝めます。

お湯の色は赤黒い色合いをしております。
すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

日光の差し込みで緑っぽく写ってますけどね。
何よりびっくりしたのは、その泡付きシュワシュワ感なのだ。
鉄の匂いもプンプンで、この色合いからして酸性だなって分かるのだが、
この泡々感は非常に不思議な泉質である。

ではそのよく分からない泉質を分析表で見てみましょう。
すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

もう1枚。
すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

しかしこれ見て、さらに不思議感は高ぶりましたよ。
源泉温度12.9度、PH値5.9度の、
含二酸化炭素-カルシウム-炭酸水素塩冷鉱泉(低張性弱酸性冷鉱泉)。
この温度ですから、もちろん加温はされているんですが、
さらに循環ろ過、塩素消毒ありなんです。
加温循環ろ過で、この泡付きは絶対に信じられない。
ただ、含有成分見てもらえばわかりますけど、
炭酸水素イオンが1175㎎と非常に高い数値を表してます。
この成分の影響ではあるけどね。

さらに、浴槽に浸かって、分析してみる。
すっごい泡付きの鉄分たっぷり源泉かけ流し 二本木温泉 二本木の湯(長野木曽)

すると気づきました。
ご覧の湯口から投入されている温泉は、めっちゃ冷たい。
つまり循環ろ過で温めてはいるのだが、投入されているのは源泉なんです。
その量もドバドバと結構な湯量なんです。
なるほどね~なので、フレッシュな炭酸泡付きが残ってるわけやわ。

加温循環ろ過やからと言って、舐めてはいけません。
世の中、源泉かけ流し100%が温泉の醍醐味だと思い込んでる方も多いと思います。
私もその傾向はあるんですけど、その元々の成分をいかに上手く有効利用できるよう、
浴槽で処理をするかが鍵ですよね。
ですので、源泉オタクの方にこそ、こちらの施設は利用してほしいです。

住所:長野県木曽郡木曽町新開6013-1
電話:0264-27-6150
営業時間:10:00~19:00
定休日:木曜
入浴料:大人620円 小人410円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
スポンサーサイト
記事編集

温泉宿予約

長野県、木曽方面に初めてやって来ました。
御嶽山が近くなってくると、晴れていれば、非常に綺麗に見えますね。
そんな標高1400mの地点に、ええ泉質の温泉が湧いている、
日帰り入浴施設があるのだ。
御嶽明神温泉「やまゆり荘」です。

御嶽明神温泉 やまゆり荘(長野木曽開田高原)

まあ、見てくださいな!この壮大な御嶽山の景色!!
5月ゴールデンウィークでも、まだまだ雪山の御嶽山。

中に入りましょう。
御嶽明神温泉 やまゆり荘(長野木曽開田高原)

施設もすごい立派ですから、日帰り客でごった返していました。
こういう大型連休ですと、混雑は避けられないですね。

こちらが、その内湯。
御嶽明神温泉 やまゆり荘(長野木曽開田高原)

こんな内湯が2つありました。
見事な茶褐色のお湯ですね~

その泉質表。
御嶽明神温泉 やまゆり荘(長野木曽開田高原)

ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素・
硫酸塩温泉(低張性中性高温泉)です。
源泉温度は45.6度、PH値は6.49。
加温はされておりますが、あとは完全源泉かけ流し。
非常に力強いお湯です。
その内湯に浸かってみると、結構熱め。
鉄分とカルシウムがしっかり感じられ、あ~温泉に来たなと実感できます。

そして露天へ。
御嶽明神温泉 やまゆり荘(長野木曽開田高原)

うんうん、見事なくらいに、御嶽山を目の前に湯に浸かることができます。
温度も、内湯よりも2度ほど低く、長湯もできる。
露天風呂自体も非常に広くって、混雑しててもゆっくり落ち着けますね。

冬やとこんな感じになるみたいですね。
御嶽明神温泉 やまゆり荘(長野木曽開田高原)

で、この庭園展望風呂は日替わりで男女入れ替わるようだ。
ちょうどこの日は奇数日やったんで、こちらに入れてラッキー♪

あがってからのお土産売り場も非常にゆったり。
御嶽明神温泉 やまゆり荘(長野木曽開田高原)

そして、レストランの食券自販機。
御嶽明神温泉 やまゆり荘(長野木曽開田高原)

蕎麦、岩魚、おやき、ソースカツ丼など、長野らしいものがずらりと。

最後に、もっかい、御嶽山を振り返ります。
御嶽明神温泉 やまゆり荘(長野木曽開田高原)

うん、雄大だ。
残雪がある時期までに、こちらの温泉は来たほうがええと思います。

温泉の質も非常にいい、そして展望も御嶽山が素晴らしい。
それゆえ非常に大人気の日帰り入浴施設になり、混雑するのも仕方ないか。
ただ、大型連休の中日でこの混雑度合いでしたら、
我慢できる範疇やと思います。
長野側からの道中も道幅広くて非常に行きやすかったし、
これで600円ならば、大満足ですね。

住所:長野県木曽郡木曽町開田高原西野6321-1211
電話:0264-44-2346
営業時間:10:00~21:00
定休日:火曜(祝日の場合は営業)
入浴料:大人600円 小人300円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。