関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

この日で隠れた温泉横綱県である、「山梨県」を離れます。
他の県よりも、かなり密に温泉はしごをしてきたんですが、
ここで最後となります。
甲斐駒ケ岳温泉「尾白の湯」にやって来ました。

力強い黄土色の強塩泉は山梨では珍しい「甲斐駒ケ岳温泉 尾白の湯」(山梨北杜)

「白州・尾白の森名水公園べるが」という郊外観光公園内にあり、
綺麗で清潔な日帰り温浴施設です。

入浴料金。
力強い黄土色の強塩泉は山梨では珍しい「甲斐駒ケ岳温泉 尾白の湯」(山梨北杜)

市外の方ですと820円ですが、市内ですと410円と格安。
ただ今回、私は温泉博士を利用しての無料入浴です。

内湯はご覧のような雰囲気。
力強い黄土色の強塩泉は山梨では珍しい「甲斐駒ケ岳温泉 尾白の湯」(山梨北杜)

そして、露天。
力強い黄土色の強塩泉は山梨では珍しい「甲斐駒ケ岳温泉 尾白の湯」(山梨北杜)

ご覧のとおりの広々とした開放感です。
しかし、こうして見ると、郊外にあるスーパー銭湯って感じで、
泉質としては大したことないかなってイメージしました。

では、その泉質について分析してみましょう。
力強い黄土色の強塩泉は山梨では珍しい「甲斐駒ケ岳温泉 尾白の湯」(山梨北杜)

もう1枚。
力強い黄土色の強塩泉は山梨では珍しい「甲斐駒ケ岳温泉 尾白の湯」(山梨北杜)

源泉36.7度、PH7.8のナトリウム-塩化物強塩泉(中性高張性温泉)。
加温、加水、循環ろ過、塩素消毒ありと、加工しまくりです。
うん、内湯の透明度と塩素臭からもそれはよく分かります。
なんでも、源泉は10%しか含まれないくらいに加水されてるんだとか。

しかしですね、露天の浴槽はうっすらと黄色になってますね。
力強い黄土色の強塩泉は山梨では珍しい「甲斐駒ケ岳温泉 尾白の湯」(山梨北杜)

こっちは加水度が低いのか?

さらに!
力強い黄土色の強塩泉は山梨では珍しい「甲斐駒ケ岳温泉 尾白の湯」(山梨北杜)

源泉のぬる湯浴槽があるんですよ!!
ここはもう、黄土色をしたすっごい濃さを感じる浴槽なんです。
温度もですね、源泉をわずかに加温した38度。
ぬるいの大好きな私には、めっちゃ適温なんです。

その源泉浴槽の説明書き。
力強い黄土色の強塩泉は山梨では珍しい「甲斐駒ケ岳温泉 尾白の湯」(山梨北杜)

成分総計が3000㎎を超える、とんでもない濃さなんですよね。
但しその成分は、ナトリウムイオン、塩素イオンが突出してる強塩泉。
なので、ぬるい湯でありながら、
保温性が素晴らしく、湯上りにポカポカします。

上がってからの休憩処。
力強い黄土色の強塩泉は山梨では珍しい「甲斐駒ケ岳温泉 尾白の湯」(山梨北杜)

この規模の施設にしては狭めですね。

そして、レストランメニュー。
力強い黄土色の強塩泉は山梨では珍しい「甲斐駒ケ岳温泉 尾白の湯」(山梨北杜)

近くにサントリー白州工場ありますから、ビールもプレモルですね。
私は工場見学に行くことも計画模索したんですが、
どうしても試飲するには、車を置いて行く道の駅が遠く、
またこの日のうちに長野入りしたかったので断念しました。

はっきり言って、普通の平凡なスーパー銭湯やと思っていたけど、
源泉浴槽が、めちゃめちゃ素晴らしくて、ぬるいのもあり長居しました。
山梨はヌルヌルのアルカリ系が多い県ですけど、こんな泉質もあるんやな~
最後まで、温泉の充実感が素晴らしい山梨県でした。

住所:山梨県北杜市白州町白須8056 白州・尾白の森名水公園べるが内
電話:0551-35-2800
営業時間:10:00~21:00(受付20:30まで)
定休日:水曜(祝日の場合は翌日)、8月は無休
入浴料:820円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★