関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

福井からずーっと日本海沿いを東へ向かっておりました。
その日は午後からちょっと雨模様の予報。
色々と行動することなく、温泉でも篭ろうかと。
ちょうど富山市内に健康ランドがあることを発見。
ここで夜までゆっくり過ごしましょう。
APAHOTEL富山アーバンサウナ SPA・Xです。

APAHOTEL富山アーバンサウナ SPA・X(富山市内)アパホテル併設

隣にあるアパホテルに併設されている施設です。

早速浴場へ。
APAHOTEL富山アーバンサウナ SPA・X(富山市内)アパホテル併設

こういう健康ランドの浴場施設としてはこじんまりしてますね。

泉質表。
APAHOTEL富山アーバンサウナ SPA・X(富山市内)アパホテル併設

もう一つ。
APAHOTEL富山アーバンサウナ SPA・X(富山市内)アパホテル併設

アルカリ性単純温泉。
42.4度でPH8.86とこのまま源泉かけ流しでやってくれたら、
ええ極上のアルカリ泉なんですけどね。
加温、循環の塩素消毒ありです。

内湯。
APAHOTEL富山アーバンサウナ SPA・X(富山市内)アパホテル併設

そして露天。
APAHOTEL富山アーバンサウナ SPA・X(富山市内)アパホテル併設

色は少し茶色がかった透明。
湯口からも豊富にじゃんじゃん投入されており、
浸かってみても、ヌルツルを非常によく感じられて、
なかなかええ泉質ではないか。
おそらくかけ流し、循環を併用しており、
湯のフレッシュさは塩素臭さもなくええ感じです。

湯から上がってゆっくりくつろぎましょう。
APAHOTEL富山アーバンサウナ SPA・X(富山市内)アパホテル併設

こちらが仮眠室です。

そしてリクライニングルームです。
APAHOTEL富山アーバンサウナ SPA・X(富山市内)アパホテル併設

こちらはちょっと古めの健康ランドタイプですね。
テレビは各席についてはおらず、
前面の壁に色んなチャンネルが放映されています。
あと漫画も種類少ないですが、後ろに置かれていました。

レストランも併設。
APAHOTEL富山アーバンサウナ SPA・X(富山市内)アパホテル併設

この値段が結構良心的なんですね。
APAHOTEL富山アーバンサウナ SPA・X(富山市内)アパホテル併設

車で来なければ、風呂浸かって、呑んで、寝てと、
至福の時間ができそうです。

うん、富山の都心からも近くて、
駐車場も無料で利用できるしで、休日料金もないですから、
その日は土曜やったんですけど、結構混んでました。
泉質もそこそこで、なかなかええ施設やと思いますよ。

住所:富山県富山市窪新町4-61
電話:076-441-9191
営業時間:11:00~24:00
定休日:無休
入浴料:大人1000円、小人(4~15歳)500円/宿泊:室料シングル7000円~


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

富山県の秘境温泉と呼ばれている宿・・・
そんな山奥にあって行きにくいわけでもないのに、
なんでかなあ~って思っていました。
石川→富山へ抜けるのにちょうど通ります。
高岡市と氷見市の境にあります「神代温泉」です。
これで「こうじろおんせん」と読みます。

神代温泉(富山県氷見)秘湯温泉

ただ、ここまで辿り着くには結構狭い道を通ります。
その点、やっぱり秘湯ですね。

建物は正直言って非常にボロイ。
神代温泉(富山県氷見)秘湯温泉

廊下はギシギシやし、戸もなかなか開かない。
レトロって言葉では表現できないくらいですね。

泉質表。
神代温泉(富山県氷見)秘湯温泉

もう一つ。
神代温泉(富山県氷見)秘湯温泉

しかし、ここはなんと言っても温泉の泉質です。
ナトリウム-塩化物強塩泉(高張性中性高温泉)。
源泉温度52度で使用場所で42度なんだとか。
加水、加温なく完全源泉かけ流しのこれぞ!温泉。

こちらがその内湯です。
神代温泉(富山県氷見)秘湯温泉

ただ浴槽はこれのみ。
見事な茶褐色に変色に変色しておりますね。
それだけ鉄分も多く、金気臭もたっぷり。

その源泉が少しずつ投入されています。
神代温泉(富山県氷見)秘湯温泉

こうやって冷ましているんですね。
しかし、私には42度以上に感じました。
43度近くはあったでしょう。
5分も浸かっていると汗びっしょり。
その汗は30分以上経ってもひかないくらい、
非常に保温力の高いお湯です。

お湯はさすがの極上。
ただ、建物は何度も言いますが、ボロいので、
綺麗なスーパー銭湯好きな方は駄目でしょう。
あと、ここの受付のお姉さん、めっちゃ応対上手です。
この方に見送られると非常に癒されましたよ。

住所:富山県氷見市神代3021
電話:0766-91-1210
営業時間:10:00~21:00
定休日:無休
日帰り入浴:大人500円、小・中学生250円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

石川県を出て、富山県へ。
富山も奥地に行くと、ええ泉質をもつ温泉の宝庫ですが、
なかなか行って帰って往復するのも時間、費用的にきつい。
けど、ここの温泉は金沢からでも、
1時間もかからない距離であったのでチョイス。
「法林寺温泉」です。

法林寺温泉(富山県)

山奥にひっそりと佇む旅館ってイメージ。
朝8時の日帰り営業時間ちょっと過ぎやったのに、
駐車場には車はいっぱい。
地元民に非常に愛されている温泉のようです。

ロビーの眺め。
法林寺温泉(富山県)

うん、質素ながらも清楚なイメージがあります。

泉質表。
法林寺温泉(富山県)

もう一つ。
法林寺温泉(富山県)

ナトリウムー硫酸塩・塩化物温泉で、源泉温度は45,6度。
このお湯が全く加工されていない、完全かけ流しなのだ。
これが、この温泉に行こうと決めた理由である。

こちらが内湯。
法林寺温泉(富山県)

さすがに源泉が45度を超えており、使用温度43度は、私には少し熱い。

なので、こちら露天へ。
法林寺温泉(富山県)

内湯よりはぬるかったです。
こっちにゆっくり浸かると、さっぱりシャキっと感じるお湯。

ただ、山の中やのに眺めよくないな~
法林寺温泉(富山県)

囲いが高くてこんな眺めです。

完全源泉かけ流しなので、私は期待し過ぎたのかもしれません。
さっぱり熱めって苦手なんですね。
浴場の構成も単純な、内湯と露天のイメージで、
ちょっと満足できなかったかなって印象です。

住所:富山県南砺市法林寺4944
電話:0763-52-4251
営業時間:日帰り入浴=8:00~21:00
定休日:元旦
日帰り入浴:大人500円 宿泊:1泊2食付6900円~


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★