関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

阪神間は有馬温泉に近いのもあるのか、温泉が湧いている銭湯がいっぱいある。
ただ、宝塚には銭湯自体が2つしかない。
ましてや、温泉が湧いている銭湯はここだけである。
清荒神ちかくにあります、「荒神温泉」です。

今回車で行ったのだが、道が非常にわかりにくい。
宝塚警察署の交差点を国道176号線から北へ曲がるのだが、
地図上では道なりにいけばええもんやと思いました。
けど、この荒神温泉はすぐ見つかったんですけど、
丁度坂になっていて、階段で降りなきゃいけないんですね。
車じゃ階段降りれない・・・
引き返して、脇に入る道から、ズンズン細い道を進みましたです。

ようやく着きました。これが荒神温泉!
koujinonsen1.jpg

その入り口を入ってみると・・・
いきなり男女別の入り口になっとります。
koujinonsen3.jpg

今の銭湯ってみんな、ロビーがあって、フロントがあってって、
そういう形に改装されてるやないですか。
ここはそうやない。
昔ながらの、男女別入り口に入ると、真ん中に番台があって、
そこでお金払うと、すぐに脱衣所ってやつです。
あ、入浴料は大人340円ですから、ちっと安めです。

お湯の種類はこんなんです。
koujinonsen2.jpg

浴室に入ってみると・・・
昔ながらの銭湯の配置ですが、電気風呂、ジェット座湯などもついている。
しかし、俺の目標は、奥にあると思われる「露天温泉」!
ありました!露天ではありますが、天井がないだけと思ってくださいな。
入ってみると、お湯はすこしぬるめ。
もともとの源泉の温度が15.8度なので、加温されているが、ちっとぬるめ。
しかし、ぬるめ大好きな俺には丁度心地よい温度である。
色は無色、無臭に思われたが、温泉の質は感じられるお湯。

あと、ここはスチームサウナが別料金なしで利用できます。
これはええですね~温泉つきの銭湯はサウナ別料金が多いですから、
サウナ好きの俺にはありがたい。

あとよかったのは、赤外線付ジェット寝湯。
ここにも温泉が使われているようで、ぬるめで、ラドンが染み渡ってくる感じの、
ジェット噴流が、体に心地よいのだ。

天然ラドン泉はなかなか阪神間ではないので、このお湯に感動。
浴場自体は非常にいいです。
あとは脱衣場を改装して、ロビー・フロント形式にして欲しいなって思いました。

住所:兵庫県宝塚市旭町2-22
電話: 0797-86-0270
営業時間:10:00~22:30  
定休日:木曜
料金:大人340円
泉質:ラドン泉 15.8度


温泉宿も格安で宿泊できますよ♪
記事編集
健康診断前日、サウナで体を一絞りしようと思った。
となると、選択肢はいつもなら阪神間ナンバー1スーパー銭湯「湯の華廊」にするか、
家近くのサウナあり銭湯「三興湯」にするかってとこだが、
「湯の華廊」は5日前に行ったし、「三興湯」は月曜休み・・・
そうなるとどこがあるかな・・・って閃いたのが宝塚「名湯 宝乃湯」である。
ここは車で20分くらいの距離なのだが、ずっと行こうと思って
行けなかったスーパー銭湯である。

takaranoyu1.jpg

なにが俺をそこまで惹きつけたのか・・・・
「源泉かけ流し」って言葉ですな(^^)
全国でも「源泉かけ流し」を謳い文句にしているスーパー銭湯は数少ない。
約10%ぐらいか?
久しぶりに濃い~温泉に浸かりたい気分になった俺は車を北へ走らせる。

takaranoyu2.jpg

約20分後に到着して入湯・・・内風呂は案外狭い。
その分、露天に力を入れてるって感じが「湯の華廊」と似ている。
さーて、源泉かけ流しはどこ??って探すが見つからない・・・
ようやく分かった!岩風呂の一番上のちょっとしたスペースにあるのだ。
しかし狭い!大人6人も入ればいっぱいやんかいさ。
やはり源泉かけ流しにするには貴重な沸出なんでしょうな。

茶濁色の色で全然見えない階段を3歩4歩下るとそこは名湯の気分(^^)
いやーこんだけ濃いの久しぶりや。
「クア武庫川」と似た感じです。
所謂、鉄分の多い温泉で、周りの岩も酸化した鉄褐色で色が変わってる。
匂いもいかにも鉄!

うーんこの湯には周りがオープンな山の中の露天が似合う。
北海道「双葉ラジウム温泉」の景色なんて最高であろう。

山奥の秘湯に入りたい気分にさせてくれるスーパー銭湯であった。
ここ自体は・・・あんまし魅力感じないかな(^^;)