関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

三重からの日帰りの帰宅時にここを通ることになっておりました。
それに合わせて、温泉博士を購入しておりましたので、ここの利用は無料。
その日の最後の仕上げ湯として利用しましょう、大宇陀温泉「あきののゆ」です。

大宇陀温泉 あきののゆ(奈良宇陀市)

周りは色々と公営の施設もあり、広々としています。

こちらが泉質表。
大宇陀温泉 あきののゆ(奈良宇陀市)

源泉温度34.11度のアルカリ性単純温泉。
加水はされておりませんが、加温循環塩素消毒ありです。
まあ、泉質はあまり期待していません。

まず、露天より。
大宇陀温泉 あきののゆ(奈良宇陀市)

広々とはしていますが、なーんか寂しげ・・・もの悲しい。
周りの景色も見えないので全然だな~
あ、和洋の2種類のタイプになっていて、男女日替わりなんだそうな。
今回は洋でした。
あと泉質もたいしたことありません。

内湯のあつ湯。
大宇陀温泉 あきののゆ(奈良宇陀市)

こちらも泉質的には同様。
熱いの苦手な私やし、これもいらないな。
あ、あと内湯にはサウナがありましたよ。

しかしこういう浴槽もありました。
大宇陀温泉 あきののゆ(奈良宇陀市)

ぬる湯~♪
30度台のぬるい温度大好きな私には絶好。
浸かってみると38,9度ぐらいに感じられ、長湯できます。
またここの浴槽が一番、アルカリのヌルツル感を感じました。

今回、洋のタイプにあたりましたが、ここは和の方がええみたいですね。
洋の露天は味気ない感じがしますが、和は岩風呂とのこと。
まあ、泉質はぬる湯が一番よかったので、ここに集中して長湯したらええでしょう。
サウナとぬる湯の交互浴は、結構楽しめると思いますよ。
まあ、遠くから遠征まで行く施設ではありませんが、
近くを通りがかったついで程度にはええと思います。

住所:奈良県宇陀市大宇陀拾生250-2
電話:0745-83-4126
営業時間:10:00~21:00(受付は20:30まで)
定休日:第2水曜日・木曜日(4・8月は無休)
施設利用料:大人(中学生以上)700円 小人(3歳~小学生)350円
※バーデゾーン利用料込み


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★