関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

温泉街での外湯巡り・・・
全国的に一番有名なのが、「城崎温泉」でしょう。
私も地元が神戸なもんで、何度か日本海側に足を運んで、宿泊したことがあります。
そんな外湯めぐりを一度記事にしておりますね。
2008年城崎温泉外湯巡り記事はこちら!

城崎温泉は、宿泊者には無料券が宿にあって、どの外湯も無料で巡ることができます。
ただ、宿泊しない観光客でも、各施設、入浴料を支払えば日帰り入浴可能。

そして、長野県で有名なのは、「野沢温泉」の共同湯めぐりでしょうね。
こちらは寸志で日帰り入浴可能。
私も一度経験しております。
2010年長野共同湯巡り旅の記事はこちら!

さらに長野県にはもう1つ隠れた外湯めぐりの温泉街があります。
渋い雰囲気を持つ、「渋温泉」の外湯めぐりを今回ご紹介しますね。

渋温泉には、合計9つの外湯があります。

写真は、一番湯の「初湯」。
渋温泉の外湯巡りへLet's Go! 一番湯[初湯]二番湯[笹の湯]三番湯[綿の湯](長野県下高井郡)

一番から八番までは、この渋温泉街にある旅館に宿泊しなければ、利用できません。
入口には鍵がかかっており、各旅館で借りることができるキーで開くことができます。
以下で、今回宿泊した宿はご紹介しました。
渋温泉「金喜ホテル」の記事はこちら!

一番湯「初湯」の浴槽はこんな感じ。
渋温泉の外湯巡りへLet's Go! 一番湯[初湯]二番湯[笹の湯]三番湯[綿の湯](長野県下高井郡)

薄く白く濁ったお湯は、まさに源泉かけ流しそのもん。
この雰囲気は、私の大好きなタイプ(^^)

成分表。
渋温泉の外湯巡りへLet's Go! 一番湯[初湯]二番湯[笹の湯]三番湯[綿の湯](長野県下高井郡)

さらにもう1枚。
渋温泉の外湯巡りへLet's Go! 一番湯[初湯]二番湯[笹の湯]三番湯[綿の湯](長野県下高井郡)

ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉(弱酸性低張性高温泉)。
浴槽の見た目の通り、加水なし、加温なし、塩素消毒なしで、
源泉が完全100%かけ流されています。
なので、その泉質のもつ力強さは相当なもん。
但し、源泉温度57.7度、使用位置56度ですから、
とてもじゃないが浸かることができる温度ではございませぬ。
自分で加水してやることが必要なんですよね。
先に利用されていた方がいらっしゃれば大丈夫なんですけど、
しばらく利用者がいなかった浴槽は、ドバドバと加水しなきゃ無理です。

そんじゃ、次に二番湯「笹の湯」。
渋温泉の外湯巡りへLet's Go! 一番湯[初湯]二番湯[笹の湯]三番湯[綿の湯](長野県下高井郡)

ここは、利用者がおられたので、浴槽写真はありません。
泉質的にも、中の雰囲気も、一番湯とはさほど変わらないですしね。

三番湯「綿の湯」。
渋温泉の外湯巡りへLet's Go! 一番湯[初湯]二番湯[笹の湯]三番湯[綿の湯](長野県下高井郡)

コンクリート造りの浴槽になっています。
渋温泉の外湯巡りへLet's Go! 一番湯[初湯]二番湯[笹の湯]三番湯[綿の湯](長野県下高井郡)

泉質表。
渋温泉の外湯巡りへLet's Go! 一番湯[初湯]二番湯[笹の湯]三番湯[綿の湯](長野県下高井郡)

もう1枚。
渋温泉の外湯巡りへLet's Go! 一番湯[初湯]二番湯[笹の湯]三番湯[綿の湯](長野県下高井郡)

これを見る限り、源泉は一番湯と全く同じところからひっぱってきてます。

そんなこんなの渋温泉外湯めぐり♪
長くなりましたので、4~6番は中編として、次回お届けさせていただきます。

住所:長野県下高井郡 山ノ内町平穏
電話:0269-33-2921
日帰り入浴時間:6:00~22:00
定休日:無休
日帰り入浴料:渋温泉宿泊客のみの利用


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★