関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

山陰横断の旅も鳥取市までやってきました。
あとは鳥取道を通って、自宅に帰るだけです。
その鳥取市内にある国民宿舎「山紫苑」に、
今回最後の立ち寄り湯としてやってきました。

国民宿舎 山紫苑(鳥取県・鹿野温泉)

いかにも国民宿舎らしい外観。
国民宿舎 山紫苑(鳥取県・鹿野温泉)

質素で古めかしい雰囲気を持っています。
こちらのお風呂は本館の内湯、露天、
そして新館の展望風呂とあるんですが、
あとでその展望風呂の存在は知ったので、そちらは未訪です。

その泉質表。
国民宿舎 山紫苑(鳥取県・鹿野温泉)

アルカリ性の単純温泉で、源泉温度56.4度。
100%のかけ流しと聞いていたんですけど、ホントに??
この源泉温度をどうやって冷ましているんでしょうか。

こちらが内湯。
国民宿舎 山紫苑(鳥取県・鹿野温泉)

そして、露天です。
国民宿舎 山紫苑(鳥取県・鹿野温泉)

うん、浸かってみてもそのアルカリ感をほとんど感じません。
加水はされているでしょうし、循環もしてるでしょう。

ただ、露天は風情がいいです。
国民宿舎 山紫苑(鳥取県・鹿野温泉)

うん、この庭園風景は、
夜間にライトアップされたら綺麗だろうな。

まあ、国民宿舎らしい施設です。
泉質にもっと期待していただけに、これは残念。
鳥取市内にこだわらなければ、
三朝温泉、岩井温泉などがある鳥取県ですから、
そちらの方に足を運んだ方がいいですね。

住所:鳥取県鳥取市鹿野町今市972-1
電話:0857-84-2211
営業時間:11:00~20:00
定休日:無休
日帰り入浴料:大人500円 小人250円/1泊2食7000円~


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

奈良、十津川を抜けて、勝浦、白浜をぐるっと廻る車中泊1泊2日コース。
ちょうどその道中に温泉博士の入浴手形が使える施設がありました。
泉質的にはあまり評判の宿ではありませんが、少し寄っていきましょう。
太地町営国民宿舎「白鯨」です。

太地町営国民宿舎 白鯨(和歌山太地町)

いかにも町営の国民宿舎らしくこじんまりしています。
入浴手形を使っての無料にも関わらず、応対は気持ちのいいものでした。

浴室はこんな感じで。
太地町営国民宿舎 白鯨(和歌山太地町)

内湯がひとつだけのシンプル構成。
地元の人と思わしき方々が、夕刻ひっきりなしに訪れていました。
海に近いのもあり、食塩泉であるが、その浴感は白湯と変わりありません。
おそらく循環で加温はされているだろう。

しかし、その内湯からの景色は結構いい。
太地町営国民宿舎 白鯨(和歌山太地町)

海を眺められる温泉は大好きなので、ずっと窓縁にへばりついてました。

あがってからも・・・
太地町営国民宿舎 白鯨(和歌山太地町)

ホテルらしく、休憩スペースがあったので、
ちょっとテレビ見つつ、ゆったりさせてもらえました。

こちらが1階のレストラン。
太地町営国民宿舎 白鯨(和歌山太地町)

結構安く、鯨料理を食えるみたいなので、料理と温泉をセットで
利用するのもいいかもしれません。

泉質的には、この近辺はええ温泉豊富なので、
ここの施設を日帰り入浴のみで使う価値はないだろう。
しかし、国民宿舎らしく、宿泊料金はそこそこの料金なので、
1泊2食で宿泊して、朝は日が昇るのを見られるそうなので、
早朝に浸かりたいお湯です。

住所:和歌山県東牟婁郡太地町大字太地2973-4
電話:0735-59-2323
日帰り入浴時間:16:00~20:00
日帰り入浴料:400円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★