関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

十津川、湯めぐりストラップを使用しての2湯め。
こちらも十津川村の公営施設となります。
庵の湯を訪問です。

庵の湯(奈良十津川温泉)

十津川の観光としては温泉が一番の目玉ですから、
ここの施設も綺麗に整備されていますね。

無料で利用できる、足湯や飲泉場も揃っています。
庵の湯(奈良十津川温泉)

階段をずっと下りていくと、施設があります。

穏やかなダム湖もちょうど桜の季節で綺麗でした。
庵の湯(奈良十津川温泉)

中に入ると、ご覧のシンプルな内湯のみ。
庵の湯(奈良十津川温泉)

ただ、大きな窓があります。
庵の湯(奈良十津川温泉)

まあ、これだけ大きいとダム湖の景色を拝めますので、
内湯といっても、半露天感覚で湯に浸かれます。

泉質表。
庵の湯(奈良十津川温泉)

ナトリウム炭酸水素塩泉であるが、結構硫黄の香りがします。
100%、源泉かけ流しであるので、その力強さをよく感じます。
湧き出し温度が高いので、湯温も42度くらいと熱めに感じる。

しかし、この眺めはええですね~
庵の湯(奈良十津川温泉)

湯温が熱いので、立ったり、座ったりを繰り返しましたが、
この景色を眺めているだけで、癒されました。

あまり長湯はできないですが、泉質、景観ともにすごくいいです。
ここもさすが温泉の十津川村を感じ取ることができました。
では、3湯めに向かいましょう。

住所:奈良県吉野郡十津川村大字平谷
電話:07466-4-1100
営業時間:10:00~21:00
定休日:火曜日
入浴料:大人400円、小人200円
駐車場:村営駐車場利用で90分無料


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

勝浦からの帰り道・・・
山越えルートを選択したので、168号線を通ります。
勝浦で散々温泉を楽しんだが、十津川に来ると
泉質のいい温泉がごろごろありますからね。
ちゅうことで1つだけ温泉を堪能して帰ろうと思いました。
出谷温泉公衆浴場「つるつる乃湯」です。

出谷温泉公衆浴場 つるつる乃湯(奈良十津川)

ここに来るまでの県道は非常に狭いです。
対向車が来ると、ひやりとしますね。
駐車場に車を停めて、非常にきつい階段を
下っていくと川があります。
その川沿いに小屋を見つけました。

すると、脇の部屋の扉がにゅーっと開いた。
そこにおばあちゃんがちょこんと座っておられました。
この方が非常に気さくで温かい方で、湯から上がった後も、
みかんをくださったりして、ちょっとお話させてもらいました。
あ~やはりこういう田舎での人との触れ合いはいいな~
と感慨深くなりましたね。

さあ、中に入りましょう!
出谷温泉公衆浴場 つるつる乃湯(奈良十津川)

誰もいませんでした、一人でこのお湯を独占です。
すごくシンプルな、この浴槽一つだけです。

窓は自分で開閉できました。
出谷温泉公衆浴場 つるつる乃湯(奈良十津川)

窓を開けると、そこには渓流の眺めが抜群!
内湯になっておりますが、これは半露天と言っていいだろう。

その渓流はこんな感じ。
出谷温泉公衆浴場 つるつる乃湯(奈良十津川)

湯がどばどばと川にかけ流されていきます。

湯は少し白濁しとります。
出谷温泉公衆浴場 つるつる乃湯(奈良十津川)

これがええ感じで硫黄の臭いぷんぷんで、
湯温もぬるめ好きな私にはちょうどいい案配。
つるつるの湯の言葉どおり、肌にもしっとり馴染んできます。
すごくいい泉質ですね、感動しました。

500円という値段からすると人それぞれの価値観があると思いますが、
源泉かけ流し大好きな人間には、その額に見合う充分な泉質と景色です。
ただスーパー銭湯のような複合施設が好きな人間には
500円は高いと思うでしょうね。
濃い温泉に浸かりたい方でしたら、是非とも推薦できる温泉ですぞ。

住所:奈良県吉野郡十津川村出谷118
電話:07466-4-0303
営業時間:8:30~18:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業、1月1日休)
入浴料:大人500円、小学生300円
泉質:ナトリウムー炭酸水素塩泉(低張性、弱アルカリ)74度
源泉かけ流し(泉温が高いため、加水のみ)


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

奈良の十津川村近辺・・・
この辺りの温泉の力強さは何度か経験しているが、
私の好みに結構合っています。
今回、その十津川の温泉を湯めぐりストラップ(1000円)で3湯を堪能。
その一番目として訪問したのが「滝の湯」です。

湯泉地温泉 滝の湯(奈良十津川)

下の駐車スペースに車を停め、階段で玄関へ。
湯泉地温泉 滝の湯(奈良十津川)

こちらが泉質表。
湯泉地温泉 滝の湯(奈良十津川)

時期によって加水はされるのだが、12月~3月の寒い時期は、
源泉かけ流し100%!!
そのお湯に期待感が高まります。

施設内は、結構新しい綺麗な施設。
湯泉地温泉 滝の湯(奈良十津川)

スーパー銭湯慣れしている方でも、充分に満足できるだろう。

こちらが内湯。
湯泉地温泉 滝の湯(奈良十津川)

入ると、がつん!と硫黄臭がします。
ここで塩素臭がするといつもがっくりくるのだが、心躍りますね。
注がれている源のお湯を手に取ろうとするがめっちゃ熱い。
さすが50度を超えるお湯は触ることができません。
また、一番風呂でもあったので、加水されておりましたが、それでも浸かると熱い。

さーて。露天に向かいます。
湯泉地温泉 滝の湯(奈良十津川)

ここはその名のとおり、滝を眺望しながら入る露天があります。
ただ、ここまでが非常に遠い・・・
ずっと谷底へ下っていくんですけど、3月でもかなり寒かったです。

この露天の脇では、滝が轟音を立てて流れ落ちています。
湯泉地温泉 滝の湯(奈良十津川)

また、こちらのお湯はさすがに外気の寒さもあるのか加水なし。
湯泉地温泉 滝の湯(奈良十津川)

内湯よりも熱くはなく、またその濃さをこっちのほうが上。
硫黄ぷんぷんのこのお湯に浸かりながら、滝を眺めるその風情は格別です。

十津川のええ泉質を、楽しめる施設ですね。
ストラップを購入すると、1湯333円で堪能できる施設としてはすごい。
最初からがつん!と泉質を感じられて、満足、満足です(^^)

今回の旅のあらすじはこちら!

住所:奈良県吉野郡十津川村小原373-1
電話:07466-2-0400
営業時間:10:00~21:00
定休日:木曜日
利用料金:大人600円、子供300円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★