関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

神戸にずっと生まれ育ちながらあまり行ったことがない温泉地。
その名は「有馬温泉」です。
昔、有馬ヘルスセンター(現在の太閤の湯)って名前の時に、
マス釣りも兼ねて、子供の頃行ったくらい。
日帰りの入浴施設もあまりなく、料金も高いイメージなんですね。
そんな入浴料高い温泉に入らなくても、神戸の南側にはええ銭湯、
スーパー銭湯がいっぱいありますからね。

ただ唯一行ってみたかった施設があったんですよ。
その名は「竹取亭別亭 康貴」。
今回、スルッとKANSAIでの日帰り旅行にて利用しました。

竹取亭別亭 康貴(兵庫神戸有馬温泉)日帰り入浴専用

見ての通り、有馬の旅館らしい高級風情がありますでしょ。
しかし、こちら日帰り入浴専用なんですよ。

ひっそりと佇んでいるので、温泉好きでも知らない方多いと思います。
竹取亭別亭 康貴(兵庫神戸有馬温泉)日帰り入浴専用

有馬で日帰りの入浴施設となると、金の湯・銀の湯が有名ですが、
あんな激コミのお湯に浸かる気は全く私には眼中になし。
こちらの施設の特徴は入場制限をしていること。
靴箱がいっぱいになると、それ以上は中に入れてくれません。

なので、中はこんな感じ。
竹取亭別亭 康貴(兵庫神戸有馬温泉)日帰り入浴専用

こちら、男湯の内湯なんですけど、こじんまりしてますよね。
男湯は7人で制限いっぱいやったかな?
それに金泉、銀泉、両方の泉質が楽しめるんですよ。

泉質はいかがなもんでしょ?
竹取亭別亭 康貴(兵庫神戸有馬温泉)日帰り入浴専用

金泉は含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉で泉温94.8度、PH6.1のお湯。
銀泉は単純放射能泉で泉温18.2度、PH7.35のお湯。
加温ありで、一部循環のかけ流しです。

しかし、金泉は力強い泉質です。
竹取亭別亭 康貴(兵庫神戸有馬温泉)日帰り入浴専用

鉄っ気が大いに感じられて気持ちいい。
そして銀泉が結構ぬるめに温度抑えられているので、
この交互浴に最適です。

こちらが露天の陶器風呂。
竹取亭別亭 康貴(兵庫神戸有馬温泉)日帰り入浴専用

2人やとちょっと手狭かな。

湯に浸かると眺めはこんな感じ。
竹取亭別亭 康貴(兵庫神戸有馬温泉)日帰り入浴専用

まあ、ないと思った方がええでしょう。

あがってからも、こういう休憩施設をちゃんと設けられています。
竹取亭別亭 康貴(兵庫神戸有馬温泉)日帰り入浴専用

冷たいお水もサービスでいただけますよ。

外には足湯施設も。
竹取亭別亭 康貴(兵庫神戸有馬温泉)日帰り入浴専用

まあ1000円の入浴料ともなるとお高いイメージではあるが、
それなりの高級感も味わえることができるし、泉質的にも満足。
高いと言っても、「太閤の湯」に比べると遙かに安いしね。
ここ有馬温泉では、一番にオススメできる日帰り温泉やと思いますよ。

住所:兵庫県神戸市北区有馬町1401
電話:078-903-0221
営業時間:10:00~18:00
定休日:金曜(祝日の場合は前日)
入浴料:大人1000円、小人600円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

兵庫県の評判のいい温泉もほぼ行き尽くした感。
そんな中で唯一、5年くらい前から行こうと思って、
達成できていなかったスーパー銭湯があるんですよ。
小野市にありまして、なかなかこの地域は旅の途中でも高速に乗っており、
通過してしまい、訪問することはありませんでした。
今回、温泉博士に掲載されていたこともあり、
思い立ってこの温泉を目標に小野にやって来ました。
白雲谷温泉「ゆぴか」です。

白雲谷温泉 ゆぴか(兵庫小野)スーパー銭湯

建物は相当優秀なデザイナーが設計されたのではと思います。
白雲谷温泉 ゆぴか(兵庫小野)スーパー銭湯

モダンで落ち着いた設計になっており、
これがこの施設に来たかった理由の一つでもあります。

まず、こちらが内湯。
白雲谷温泉 ゆぴか(兵庫小野)スーパー銭湯

ここに源泉浴槽があるとのことで、その泉質には期待しておりました。
ただ、その浴槽は狭く、4人も入ればいっぱいです。

泉質表。
白雲谷温泉 ゆぴか(兵庫小野)スーパー銭湯

カルシウム・ナトリウムー塩化物泉で、
源泉温度25.6度、PH6.7の低温、中性の泉質。
なので、源泉浴槽も加温はされているはずです。
しかしぬるめ、40度弱くらいでゆっくり浸かれます。
成分の濃い~泉質なので、もっと浴感あるかと思えばあっさり。
確かに塩分の濃いさは感じられるですが、それだけですね。

この内湯の外の露天に行きましょう。
白雲谷温泉 ゆぴか(兵庫小野)スーパー銭湯

こちらは展望風呂になっております。
夜でしたので見えませんが、昼間は山の景色が一望できます。

こちらのお湯は加水、加温、循環ろ過、塩素、全てありでしょう。
白雲谷温泉 ゆぴか(兵庫小野)スーパー銭湯

全く温泉らしさはないです。

こちらが内湯にあるサウナ。
白雲谷温泉 ゆぴか(兵庫小野)スーパー銭湯

ただ、狭くテレビもないので、あまり何回もは利用しづらいです。
あと、もう一つ、露天にスチームサウナもありました。

そして、もうひとつ露天は階段を下りて別にあります。
白雲谷温泉 ゆぴか(兵庫小野)スーパー銭湯

前には池があり、ライトアップされていました。
寝ころんで入れる浅さやったんで、ここでゆったり過ごしました。

休憩所もこんな感じで。
白雲谷温泉 ゆぴか(兵庫小野)スーパー銭湯

スーパー銭湯のデザインとは思えませんね。

土日祝関係なく、大人は600円の入浴料ですから、
これだけの施設で、この値段はお得感たっぷり。
男女週替わりで趣向が異なる、施設ってこともあり、
今回水辺の湯でしたが、森の湯にも入ってみたい。
泉質自体には過度の期待はできませんけど、
トータルで見れば、また再訪したいと思わせてくれるスーパー銭湯です。

住所:兵庫県小野市黍田町1000-1
電話:0794-70-0261
営業時間:10:00~22:00(21:30 受付終了)
定休日:年中無休(施設点検日・年末年始は除く)
入浴料:大人(中学生以上)600円  小人(小学生)300円 幼児 無料


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

今回の温泉博士、無料入浴手形の旅、いよいよ最後となりました。
最後は少しでも泉質のええ所をと思っていたので、選んだ施設はこちら。
ヌルメの源泉浴槽があるとのことで、
ぬるいお湯大好きな私は結構期待しておりました。
かさがた温泉 せせらぎの湯の「みはらし館」です。

かさがた温泉 せせらぎの湯 みはらし館(兵庫神崎郡市川町)

こちらの施設、お土産物屋さんや、
昔なつかしの博物館などの建物が点在しており、
ちょっとした集落のようになっております。
温泉施設も、「ふところ館」「みはらし館」の2つあり、
両方とも料金は600円で別々になっております。
今回は評判のいい「みはらし館」を利用しました。

その泉質表。
かさがた温泉 せせらぎの湯 みはらし館(兵庫神崎郡市川町)

これを見る限りは、加温、循環、消毒とのことで全く特徴がありません。

こちらが露天。
かさがた温泉 せせらぎの湯 みはらし館(兵庫神崎郡市川町)

その泉質表どおりのお湯でこれはイマイチ。

眺めは高台にあるので、なかなか風情はあります。
かさがた温泉 せせらぎの湯 みはらし館(兵庫神崎郡市川町)

ホント山ん中の温泉に来たなって雰囲気が味わえますね。

で、内湯にありました!
かさがた温泉 せせらぎの湯 みはらし館(兵庫神崎郡市川町)

大浴槽の手前に、源泉浴槽があります。
3人も入ればいっぱいになる程度の小さな浴槽です。
こちらに浸かってみると・・・ヌルイ!
32、3度くらいでしょうか。
アルカリ系のヌルツルさはあまりないものの、
温泉感は非常によく感じられ、じっくりじわじわ温もります。
オーバーフローした分は大浴槽に流れるようになっているので、
この浴槽はかけ流しであるように思います。

終了間際で、ほとんど誰もおらず、源泉浴槽を30分くらい独占。
なかなか満足できましたが、欲を言えば、
もっとどばどば投入されたフレッシュさが欲しかったですね。
本当にちょろちょろ程度で、お湯の劣化は感じられました。
ホント、あと一歩ってところですね。

住所:兵庫県神崎郡市川町上牛尾2073-12
電話:0790-27-1919
営業時間:本館ふところ館10:00~20:00(最終受付19:00)
新館 みはらし館10:00~18:00(月曜日のみ19:00まで)
定休日:(ふところ館)月曜日、(みはらし館)火曜~土曜
日帰り入浴料:(ふところ館)大人(中学生以上)600円 小人(5歳~小学生)300円
(みはらし館)大人600円 小人300円/温泉1館+博物館:大人1,000円 小人500円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★