関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

神戸から京都を向かう道中。
その日、最後の日帰り入浴を楽しもうと思いました。
そこで検索にあがってきたのがここ。
落西ニュータウンのところにありますホテル、
京都エミナースが日帰り入浴をやっております。
ホテル京都エミナースの「竹の郷温泉」です。

ホテル京都エミナース(京都西京区)竹の郷温泉

中に入ると非常に綺麗。
ホテル京都エミナース(京都西京区)竹の郷温泉

まずホテル施設があります。

温浴施設はさらに奥。
ホテル京都エミナース(京都西京区)竹の郷温泉

こちらです。

まず内湯。
ホテル京都エミナース(京都西京区)竹の郷温泉

そして露天です。
ホテル京都エミナース(京都西京区)竹の郷温泉

なかなか広いスーパー銭湯並。
ま、平日でも800円と安くはないですもんね。

泉質表。
ホテル京都エミナース(京都西京区)竹の郷温泉

もうひとつ。
ホテル京都エミナース(京都西京区)竹の郷温泉

さらにもうひとつ。
ホテル京都エミナース(京都西京区)竹の郷温泉

温泉は2種類あり、それを混合することなく使い分けています。

各浴槽、1号泉、2号泉と表記がありました。
ホテル京都エミナース(京都西京区)竹の郷温泉

弱アルカリ性低張性温泉と弱アルカリ性低張性冷鉱泉なので、
どちらもヌメリのあるツルツルのお湯です。
ただ、加温、循環、塩素消毒ありなので、あまり温泉感はありません。
1号と2号の違いも、2号が少し緑がかっているかなと思った程度です。

うん、露天もあまり大差ありません。
ホテル京都エミナース(京都西京区)竹の郷温泉

で、ここすごいのはカランにも恩泉水が使われています。
ホテル京都エミナース(京都西京区)竹の郷温泉

確かに、お肌にヌルツル感が伝わってきました。

あがってからのレストラン。
ホテル京都エミナース(京都西京区)竹の郷温泉

こんなのがありました。
ホテル京都エミナース(京都西京区)竹の郷温泉

これで1000円ならば、絶対こっちがお得でしょう。

うん、よくも悪くもホテルの温泉施設だなって印象。
しかし、京都市内で温泉付きのホテルを探すのは難しいですから、
京都市内を観光にプラス、温泉も楽しみたいって方にええでしょう。
日帰り入浴施設としての魅力はあまりないと思います。

住所:京都府京都市西京区大原野東境谷町2-4
電話:075-332-5800
営業時間:10:00~23:00(最終受付22:00)
定休日:無休
日帰り入浴:平日:大人800円、子供500円/土日祝:大人1000円、子供600円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集
京都北方面、天橋立日帰りツアー。
高速休日1000円ですので、ここまで大阪からこの値段で、
朝6時出発、9時過ぎには到着できるのがありがたい。
まずは、お土産物を見ながら、休憩しようと寄ったのがここ、
「かに一番」の木津店である。

かに一番 木津店(京都京丹後)無料足湯

かなり大規模なお土産物屋さんです。
かに一番 木津店(京都京丹後)無料足湯

また入り口には・・・
かに一番 木津店(京都京丹後)無料足湯

かに太くんがいてます(^^)
この子が辿々しく、「いらっしゃいませ」、「ありがとうございました」
って言ってくれて、結構可愛い♪

また午前中のみですが、ありがたいことやってます。
かに一番 木津店(京都京丹後)無料足湯

コーヒーを無料でいただけるんですよ。
夏の暑い中であったので、アイスコーヒーにしていただきました。
ホッと落ち着けるコーヒーをありがとうです。

またもうひとつ無料があるんですね~
かに一番 木津店(京都京丹後)無料足湯

天然夕日ヶ浦浜詰温泉の足湯温泉施設も併設されています。
低張性弱アルカリ性高温泉のこの足湯は、ヌルツルの泉質。
お土産物屋さんに無料で併設されているものとすれば極上です。

無料を2つ看板にされておられ、結構繁盛していましたね。
こういう無料で提供できるものって商売の上ですごく大事だと思います。
(もちろん、こちらで何点か酒のアテを購入です)

ドライブの疲れを癒す、ええお土産物屋さんでした。

住所:京都府京丹後市網野町木津417(KTR木津駅前)
電話:0772-74-9011


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集
舞鶴若狭自動車道が無料化されたため、大阪から日本海へ、
非常に行きやすくなりました。
車での旅が多い私には、高速道路の低料金化は非常にありがたいです。
天橋立方面も、気楽に日帰りで行けますね。
今回、そんな旅の立ち寄り湯として利用しました、「文珠荘」です。

文珠荘(京都天橋立温泉)

建物は立派な日本旅館ですね。
文珠荘(京都天橋立温泉)

中に入ってもその印象は変わらず、廊下も畳敷きにされており、
落ち着きのある、大人の空間って雰囲気を醸し出しています。

なので、廊下を通るとこんな中庭も。
文珠荘(京都天橋立温泉)

また立ち寄りなのに、わざわざお風呂の場所も、
仲居さんが案内してくださいました。

こちらが内湯。
文珠荘(京都天橋立温泉)

こちらが露天です。
文珠荘(京都天橋立温泉)

この規模の宿ですので、こぢんまりとしておりますが、
宿の印象通りの落ち着きをもった浴槽施設です。

泉質表。
文珠荘(京都天橋立温泉)

ただ、残念なことに、泉質はイマイチか。
温度が低いため加温されており、循環濾過、消毒ありです。
無色透明のお湯は、少しアルカリ泉質のぬめりを感じるかな程度。

ただ、やっぱり立派に造られています。
文珠荘(京都天橋立温泉)

こういう庭園風景を眺めながら入るお湯は風情いいですね。
文珠荘(京都天橋立温泉)

湯上り処もあります。
文珠荘(京都天橋立温泉)

こちらでいただく、冷たい麦茶が格別でした。

泉質的には感動はなかったので、日帰り入浴としては魅力はないか。
ただ、宿としては非常に魅力を持っているなと感じました。
是非ともここを拠点に、あちこち巡りたいと思わせる宿でした。

住所:京都府宮津市天の橋立海岸
電話:0772-22-7111
日帰り入浴営業時間:11:00~15:00
日帰り休業日:木曜
入浴料:800円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★