関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

乗鞍高原近辺の温泉を1つ堪能。
しかし、そちらは日帰り専用施設で、ゴールデンウィーク期間中でもあり、
とんでもない人でごった返していました。
ぼーっと、ゆっくり山々の景色を眺めながらの温浴をしたかったので、
こちらの宿の日帰り入浴を利用します。
「坂巻温泉旅館」です。

坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

場所は、高山⇔松本の国道沿いにある宿なんですけど、
ちょうど高山方面から来ると、トンネルの入り口、
松本方面から来ると、トンネルの出口すぐってな立地で、
非常に分かりにくい所にありますね。
交通量は多いのに辺鄙な雰囲気を持つ一軒宿です。

こちらが、館内の廊下。
坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

この鄙びた感が、山間の温泉宿風情がたっぷり。

まずは内湯より。
坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

実はこちらの宿、内湯と露天とが全く別の場所にあります。
両方入るとなると、いちいち着替えなければならず、少し面倒ですね。
またご覧の通りのシンプルな浴槽です。

ただし、その湯は力強い。
坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

その泉質を見てみましょう。
坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

もう一つ。
坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

さらにもう1枚。
坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉。
源泉温度は67.5度、PH値6.6の低張性中性高温泉です。
温度が高いので加水はされておりますが、かけ流しのお湯です。

まずはその内湯に浸かります。
坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

加水されているといえど、ぬるめ好きな私には結構熱い。
しかし、見事なくらいに湯の華が舞っていますね。
中性のお湯なので、浴感はさっぱりと特徴はないんですが、
ほのかな硫黄の香りといい、さすがの泉質を感じます。

簡単に着替え直して、露天に向かいましょう。
坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

露天には館内から外に出て、階段を降りていくのですが、
男湯はまあ丸見えですね(^^;)
その分、景色はええでしょうが。

なかなか立派な露天風呂です。
坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

山々の景色も見渡せますし、日帰りの入浴客も他に1人だけでした。
こうして過ごしたいなと思ってたイメージとぴったりで嬉しい。

こっちのお湯も内湯と変わらないのかな。
坂巻温泉旅館(長野松本上高地)

いくぶん薄めに感じました。
また投入口付近は相当熱く、私には近寄れなかったですけど、
かけ流しの出口付近はまったりできる温度。
そちらに陣取ってぼーっとした時間。
生きていて、一番至福の時間ですね。
酒飲むよりなにより、露天風呂でええ泉質に浸かってるときが私は一番幸せ。

うん、泉質的には上々やし、露天の雰囲気もいい。
ただレベルの高い、奥飛騨・上高地・乗鞍近辺の温泉ですから、
立ち寄り湯としては、もう少し他の何かが欲しいところ。
しかし、鄙びた温泉雰囲気に浸りたい方には格好な温泉宿ですよ。

住所:長野県松本市安曇上高地4460
電話:0263-95-2453
営業時間:露天風呂9:00~16:00 内湯11:00~16:00
定休日:不定休
日帰り入浴料:大人500円 小人(小学生以下)300円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★