関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

温泉宿予約

よーく呑んだ土曜日の夜。
実は次の日、朝早くから、難波に用事があったんですね。
いちいち、家に帰るのもめんどくさい私。
そうなるやろなと、前日に実は宿を楽天トラベルで予約してたんですよ。
こちらの宿「末盛」です。

宿 末盛 & 末盛湯(大阪西成萩之茶屋)旅館と銭湯

はい、いわゆる西成釜が崎、ドヤ街にある旅館です。
この界隈も、過去何度も呑みに来ているが、泊まったことはないんですね。
帰れなくなったら、スパワールドがあるやないですか。
風呂好きな私はどうしてもそっちに行っちゃうんですよ。
しかし、今回楽天トラベルで1200円なんちゅう値段で宿泊でてたんですね。

それにもう一つ、決め手になったのがこちら。
宿 末盛 & 末盛湯(大阪西成萩之茶屋)旅館と銭湯

徒歩1分くらいの距離にある同じ経営のこちらの銭湯が、
無料で利用できるんですよ。
このドヤ街でも、お風呂が狭くて入るの躊躇するようなとこやと、
旅でどこかに宿泊するにも、お風呂を絶対重要視する私には、
これは非常に惹かれましたね。

通常の値段はこんな感じ。
宿 末盛 & 末盛湯(大阪西成萩之茶屋)旅館と銭湯

ですので、宿代はまあ800円ってな値段です。
交通費考えたら、そんなに差は無い。

まずはその日の汗を流しましょう。
宿 末盛 & 末盛湯(大阪西成萩之茶屋)旅館と銭湯


造りは昔ながらの銭湯ですね。
男女別の入り口入るとすぐに番台があり、脱衣場。
そして奥に、ご覧の大浴場です。

ただ、想像以上に綺麗。
宿 末盛 & 末盛湯(大阪西成萩之茶屋)旅館と銭湯

ゆっくりジャグジーでその日の疲れを癒やします。
宿 末盛 & 末盛湯(大阪西成萩之茶屋)旅館と銭湯

さーて、そんじゃ部屋に戻りますか。
宿 末盛 & 末盛湯(大阪西成萩之茶屋)旅館と銭湯

おっと、その前に水分を買っておきましょう。
ちょうど宿の前に安い自販機がありました。
90円のお茶を購入し、宿に入ります。

フロントの様子。
宿 末盛 & 末盛湯(大阪西成萩之茶屋)旅館と銭湯

銭湯の番台とかけ持ちしてる時間があるらしく、
ちょっと夜遅めのチェックインでしたので、
銭湯の番台で受け付けされてました。

靴を脱いで、部屋にあがります。
宿 末盛 & 末盛湯(大阪西成萩之茶屋)旅館と銭湯

印象は想像してたより全然ええやん。
もっと汚いかなと思ってましたが、畳を新調してるらしく、
その新しい畳の匂いが心地いい。

テレビもちゃんとした液晶でした。
宿 末盛 & 末盛湯(大阪西成萩之茶屋)旅館と銭湯

その上には空の冷蔵庫も配置されており、
もちろんエアコンも完備。
最低限宿泊するには充分な設備です。

共同のトイレがちょっと汚いのがマイナスポイントですが、
1200円って値段考えると、周りも静かで落ち着いておりますし、
この近辺、安い酒場も非常に多いですから、そういう所で酒飲んで、
銭湯入って、寝て、次の日早くに出発ってな利用でしたら、
まあ満足できる旅館やと思いますよ。

宿 末盛
住所:大阪市西成区萩ノ茶屋2-8-22
電話:06-6649-6013
チェックイン:16:00(最終チェックイン:22:00)
チェックアウト:10:00
門限23:30、無料浴券は朝6時から夜23時まで使用可

末盛湯
住所:大阪市西成区萩之茶屋2-8-2
電話:06-6641-7753
営業時間:6:00~24:00
定休日:水曜日
入浴料:大人410円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。