関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

北浜湯めぐりクーポンを使った3軒目。
2軒目は以下を利用しました。
「ゆわいの宿 竹乃井」の記事はこちら!

とりあえず17時までと時間的に制約幅の狭い施設を優先的に回ることに。
こちらのホテルが14時~17時と時間が短いので、先に。
ホテル「三泉閣」です。

ホテル 三泉閣(大分別府)温泉日帰り入浴

まず、こちらのホテルは今回クーポン利用できたホテルの中でも、
一番山側に位置しております。
国道沿いにあるんですけど、それよりも西。

ロビーの様子。
ホテル 三泉閣(大分別府)温泉日帰り入浴

結構、規模は大きい施設です。

今回利用できたのは、こちらのお風呂でした。
ホテル 三泉閣(大分別府)温泉日帰り入浴

9階にある、展望風呂。
露天がないんやなって思ったら、夜と朝で男女入れ替わりになるらしく、
この時間帯、女湯は6階の露天風呂になるんだそうな。
なのでそっちは写真がありません。

この9階の内湯のみの展望風呂の景色はこんな感じ。
ホテル 三泉閣(大分別府)温泉日帰り入浴

まあ海沿いに位置していないので、海が一面ってわけではありません。
けど、眺めは結構ええです。

お湯は、相変わらずの薄い緑色、透明湯。
ホテル 三泉閣(大分別府)温泉日帰り入浴

ここで3軒目やから見慣れた。。。(^^;)

いちお、成分分析いたしましょう。
ホテル 三泉閣(大分別府)温泉日帰り入浴

続き。
ホテル 三泉閣(大分別府)温泉日帰り入浴

さらに。
ホテル 三泉閣(大分別府)温泉日帰り入浴

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉、PH8.7と弱アルカリ泉です。
源泉温度は58度と少し高め。
減泉率は96%と、わずかながらに加水されています。
まあ、ほぼ源泉かけ流しですね。
浸かっても、わずかながらにツルツルに感じる程度。
先の2軒と比べても、まあその違いは私には判別できませんね(^^;)

あと、サウナと水風呂もありました。
ホテル 三泉閣(大分別府)温泉日帰り入浴

そして、同じ階、9階にはこちら。
ホテル 三泉閣(大分別府)温泉日帰り入浴

夏場はビアガーデンを営業されているんかな?
それだけ大きなホテルやってのは、これで分かるでしょう。

大きいホテルだけに、フロントでの対応もなにかしら機械的。
お風呂もこの展望風呂の浴槽は全く特徴もなく、海の眺めも乏しいってことで、
今回巡った7ホテルの中では、
私的には、一番最後の順位を付けざる得ないかなって印象でした。

住所:大分県別府市北浜3-6-23
電話:0977-21-1155
日帰り入浴時間:14:00~17:00
定休日:なし


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

北浜湯めぐりクーポンを使った2軒目。
1軒目「清海荘」の記事はこちら!

この辺りは一面ホテル群になっており、このクーポンに参加しているホテルも、
一番端から端のホテルに移動したとしても徒歩5分くらいの距離。
1日で、9軒(うち2軒は重複になるが)回るのも、
温泉好きには苦ではないと思います、2日あれば楽勝でしょう。
(期間が6ヶ月なんで、遠方から来られた方は一気に使う必要もありますし)
こちらのホテルは、1軒目のホテルからは徒歩2分もかからなかったな。
ホテル「ゆわいの宿 竹乃井(竹の井)」です。

ホテル ゆわいの宿 竹乃井(大分別府)温泉日帰り入浴

海には面してないので、眺望はどうかなってところですが、
なかなか落ち着いた雰囲気のある中規模ホテルです。

ロビーもこんな感じ。
ホテル ゆわいの宿 竹乃井(大分別府)温泉日帰り入浴

ゴージャスさはないけれど、シックにまとまってるでしょ?

時間過ぎてましたが、浴場の清掃がまだ終わってなかったので、廊下を散策。
ホテル ゆわいの宿 竹乃井(大分別府)温泉日帰り入浴

部屋はこんな感じなんですね。
どこにでもあるタイプの和室。

清掃終わったみたい、中へ入りましょう。
ホテル ゆわいの宿 竹乃井(大分別府)温泉日帰り入浴

内湯はこんな感じ。
やっぱり眺望は、町並みになっちゃいますね。

しかし、露天も設置されています。
ホテル ゆわいの宿 竹乃井(大分別府)温泉日帰り入浴

と言っても、窓がないだけで半露天と言ったほうがよいか。
こっちもまあ眺望は同じくってところ。

反対側の眺望もこんな感じですもんね。
ホテル ゆわいの宿 竹乃井(大分別府)温泉日帰り入浴

お湯の感じは、1軒目のホテルと同じ泉質でしょう。
ホテル ゆわいの宿 竹乃井(大分別府)温泉日帰り入浴

少し緑がかった透明なお湯。
そっちをご参考にって書いてもええんですけど、
少しは違うでしょうから、以下、分析してみます。

泉質表。
ホテル ゆわいの宿 竹乃井(大分別府)温泉日帰り入浴

続き。
ホテル ゆわいの宿 竹乃井(大分別府)温泉日帰り入浴

さらに。
ホテル ゆわいの宿 竹乃井(大分別府)温泉日帰り入浴

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉、PH8.5と弱アルカリ泉です。
源泉温度は53度と少し高め。
源泉率は97%と、わずかながらに加水されています。
まあ、ほぼ源泉かけ流しですね。
浸かってみた感じは、まあほぼ1軒目のホテルとの違いはない。
若干ツルツル感が上がったように感じたのは、PH値の違いか。

露天の方は、2段階に浴槽が分かれていました。
ホテル ゆわいの宿 竹乃井(大分別府)温泉日帰り入浴

1段目のお湯がオーバーフローしたものが2段目に流れる仕組み。
なので、その温度差は結構あり、2段目なんて38度もなかったでしょう。

眺望が海ではなく、別府の市街地になっている点、
その点がマイナスポイントかな~
まあ、このあと、この近辺のホテルを順次巡るわけですが、
泉質という面で、ほぼ差が出ません。
日帰りならば眺望って点が重要視されますが、
あと、宿泊は食事に、附帯施設がどうかでしょうね。
そして宿泊料金か。
こちらのホテルは、楽天トラベルで見る限り、お安めの値段設定でしたね。

住所:大分県別府市北浜3-10-26
電話:0977-23-3261
日帰り入浴時間:14:00~21:00
定休日:なし
本来の日帰り入浴料:500円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

北浜湯めぐりクーポンを使った1軒目。
1000円で9軒のホテル(2軒は閉鎖されているが、
その2軒分は残り7軒からどこ利用してもよい)
の日帰り入浴が楽しめますから相当お得。
まずはホテル「天空湯房 清海荘」から巡ります。

ホテル 天空湯房 清海荘(大分別府)温泉日帰り入浴

この界隈は年季の入った老舗ホテルが多い地域ですけど、
その中でも、造りはまだ真新しく綺麗なホテルです。

大浴場は最上階に位置しております。
ホテル 天空湯房 清海荘(大分別府)温泉日帰り入浴

ご覧の内湯のみ。
浴槽は2段構成になっており、手前側の浴槽に温泉が注がれ、
奥の浴槽にオーバーフローで繋がっていく流れになっております。
ですので、手前が熱く、奥がぬるいと温度差がありますね。

こちらがその熱い浴槽。
ホテル 天空湯房 清海荘(大分別府)温泉日帰り入浴

少し緑がかった透明なお湯です、
ここの温度は熱く43度くらいに感じられました。

泉質表でちょっと分析してみましょう。
ホテル 天空湯房 清海荘(大分別府)温泉日帰り入浴

続き。
ホテル 天空湯房 清海荘(大分別府)温泉日帰り入浴

もう一つ。
ホテル 天空湯房 清海荘(大分別府)温泉日帰り入浴

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉、PH8.2と弱アルカリ泉です。
源泉温度は55度と少し高め。
なので、浴槽に温泉を溜める時には加水をして、
その後は源泉投入という形をとっております。
なので、ほぼ源泉かけ流しの温泉だと言ってよいでしょう。

こっちは奥の窓側浴槽。
ホテル 天空湯房 清海荘(大分別府)温泉日帰り入浴

寝湯になっています。
温度はかなりこっちは冷めてますね、40度くらいになっています。
熱いの苦手な私には適温。
で、泉質ですが、わずかにアルカリのツルツル感があるかなって程度。
浴感的には乏しいものの、塩素臭なんてのも一切なく、
まさに源泉かけ流しの生きたお湯だなってのはよく分かります。

で、こちらの温泉の売りはこれですね。
ホテル 天空湯房 清海荘(大分別府)温泉日帰り入浴

前面に広がる海!!!

その海だけの風景。
ホテル 天空湯房 清海荘(大分別府)温泉日帰り入浴

私は海が眺められる温泉には、雰囲気のプラス評価を結構つける人間ですので、
この眺めは素晴らしいですね。

あと嬉しいのはこれ。
ホテル 天空湯房 清海荘(大分別府)温泉日帰り入浴

防水畳が敷き詰められているんですよ。
足裏が、この畳敷きはホント心地いいです。

貸し切り家族湯もありました。
ホテル 天空湯房 清海荘(大分別府)温泉日帰り入浴

日帰り入浴ですから、こっちは未訪。

本浴槽と寝湯の温度差が結構あるので、交互浴がいいですね。
また寝湯はクールダウンしつつ、海を眺めながら寝転ぶことができるから、
よく考えられています。
お湯自体は力強さはないものの、ほぼ源泉かけ流しですし、
しょっぱなから、価値ある日帰り入浴でした。

住所:大分県別府市北浜3-14-3
電話:0977-22-0275
日帰り入浴時間:13:00~17:00
定休日:なし
本来の日帰り入浴料:500円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★