関西地区の温泉・スーパー銭湯を巡った紀行です。

記事編集

温泉宿予約

ぬるい源泉浴槽がある温泉施設。
日本全国、そんな所をどんどん廻っていきたいですね。
こちらも素晴らしいアルカリ感を持っていると聞きました。
山口県萩市の山奥にあります「阿武川温泉ふれあい会館」です。

阿武川温泉ふれあい会館(山口県萩市)

こちらが泉質表。
阿武川温泉ふれあい会館(山口県萩市)

もう一つ。
阿武川温泉ふれあい会館(山口県萩市)

アルカリ性単純硫黄泉で、源泉温度が35.4度で、PH値が9.36という表示。
ただ、加温で循環されており、泉質にはこれでは期待できないかなとも思いますね。

確かに内湯はそうでした。
阿武川温泉ふれあい会館(山口県萩市)

かなり熱めに加温されており、全く温泉感がありません。

しかし!!
阿武川温泉ふれあい会館(山口県萩市)

こっちの露天浴槽がすごかったんです。
2つの浴槽に分かれていました。

ご覧の通り。
阿武川温泉ふれあい会館(山口県萩市)

源泉をどばどば投入しております。
手前の浴槽は循環との併用で、少々ぬるいお湯。
こちらでも非常にフレッシュなヌルツル感を感じられました。

さらにすごかったのがこちらの浴槽。
阿武川温泉ふれあい会館(山口県萩市)

完全源泉かけながしにされております。
浸かってみた感じでは32、3度ぐらいで、少し冷たい。
しかし硫黄の香りも感じられ、体中に小さい気泡もまとわりついてきます。
めちゃめちゃええ泉質ですね。

あがってからの休憩処も質素ながらもゆったり。
阿武川温泉ふれあい会館(山口県萩市)

一番奥にある完全源泉かけ流しの浴槽は見事の一言。
ここに1時間でも浸かっていたい気分になりました。
ぬるめ、アルカリ泉好きな方には、非常に気に入られると思います。
私もそうですが、強烈にプッシュしてオススメできますよ。

住所:山口県萩市川上池ヶ原
電話:0838-54-2619
営業時間:10:00~21:00
定休日:火曜日
入浴料:大人400円 小人200円 幼児100円/
サウナ:大人800円 小人500円(専用タオル・バスタオル代含む)


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

結構春先にしては暑い気温だったので、ぬるい源泉に浸かりたいなあ~と。
で、それで、ネット検索しているといいお湯が見つかりました。
大阪、摂津市にあります「鳥飼の里温泉」です。

鳥飼の里温泉(大阪摂津)

券売機方式で券を買うのですが土曜やったので、ロイヤル680円。
ここは普通の銭湯料金410円でも入れるらしいのですが、
それで使えるのは、内湯の白湯ばかりですので、全く魅力ありません。

その施設構成はこんな感じで。
鳥飼の里温泉(大阪摂津)

サウナ、露天の使用はロイヤルのキーがないと出入りできません。
その露天の檜風呂と壺風呂が唯一の源泉かけ流しです。

なので、その2つを目指し露天へ向かう。
鳥飼の里温泉(大阪摂津)

中央の岩風呂は循環、加温なので、眼中にありませんでした。
こちらはすいています。
しかし!檜も壺も大盛況!!
温度が低いのもあり、中々、誰も出ません。
タイミング良く、檜も壺も1度づつ堪能はできたものの、
この辺りの譲り合いマナーが出来ていない方が多いようです。
あと、露天にはイオウ岩塩のお風呂もありましたが、
こちらも岩塩の匂いがほどよく香り立ち、温度も高く、
最後に浸かるのにちょうどよかったです。

内湯。
鳥飼の里温泉(大阪摂津)

こちらには全く魅力ありませんでした、塩素の匂いもプンプンです。
あとペンギンサウナ(冷たくクールダウンできるの)もありましたね。
夏の暑い時には気持ちよさそう。

レストランのようす。
鳥飼の里温泉(大阪摂津)

結構、値段設定で魅力的でしたね。

源泉かけ流しの質は、想像通りで最高♪
ただ、なかなか休日には入るの難しいですね。
あと冬の利用もここへは来たくないな~
平日は料金安いし、客の少ない、その夏の深夜に来るのが最適な施設でしょう。

住所:大阪府摂津市鳥飼上3-19-23
電話:0120-112-657
営業時間:9:00~翌1:00(最終受付24:00)、薬宝石サウナ=9:15~23:30
定休日:年中無休(メンテナンスのための休業あり ※要電話問い合わせ)
入浴料:ロイヤル入浴料(各種サウナ・露天風呂利用込み):平日 大人580円 子ども250円
土日祝 大人680円 子ども300円
薬宝石サウナ:平日 大人500円 子ども(4歳以上)300円、土日祝 大人600円 子ども350円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
記事編集

温泉宿予約

今回、日帰り島根鳥取旅行を思いついたのは、この温泉があったらこそ。
ぬるくて、濃い源泉かけ流しのお湯は私の好み。
昔は、健康な体の人間には入れさせなかったという、元は湯治場の温泉、
「千原温泉」を訪問しました。

千原温泉(島根県邑智郡美郷町)

朝8時の営業開始きっちりに受付へ。
ここの浴槽は6人も入ればいっぱいで、お互いににらめっこ状態になると
聞いていたので、そうなる前に堪能したかったんですね。
受付のお留守番だと言われるおかあさんが、すごく気さくな方で、
心がほっこりします^^

この近辺は自然に溢れています。
千原温泉(島根県邑智郡美郷町)

脱衣場から階段を下って浴槽へ向かいます。
千原温泉(島根県邑智郡美郷町)

既に常連さんがお一人、時間前から入っておられました。
ずっと、40分くらいお話していたのですが、福山から来られている方で、
片道2時間かけて、週に2,3回は来られているとのこと。
西日本の温泉はあちこち制覇されているらしく、温泉談義に華が咲きました。
で、中でもここの濃さだけはどこにも敵わないとおっしゃっていました。

その泉質表。
千原温泉(島根県邑智郡美郷町)

見ていただいたらわかるように塩素が非常に多いんですね。
なので、傷口の治療には最適な温泉なんだとか。
アトピーでも1週間でも通えば、たちまち良くなるとのこと。
あとナトリウムも多いので、体温が外に逃げていかず、
あがってからのけだるさもものすごかったです。

その源泉の説明書き。
千原温泉(島根県邑智郡美郷町)

まさに、ここに書いているとおりですね。
全く、嘘いつわりがありません。

源泉温度は34.5度とまさに私好み!
千原温泉(島根県邑智郡美郷町)

その源泉が、底からぼこぼこと沸いてくるんですよ!
茶褐色の力強いぬるいお湯を肌に感じつつ入る雰囲気は極上。
ゆっくり目を瞑って瞑想していたい気分です。
(今回ずっとご常連さんとお話していたので、それができなくて残念)

現時点(2010年9月)で、私も全国あちこち300以上の温泉を巡ってきているが、
ここ以上に素晴らしいお湯には巡り会ったことありません。
ここのお湯に入ってしまうと他では満足できないという、
お話したご常連さんの気持ちもよく分かります。
ただ、その浴槽の狭さとネットで広まってしまった人気から、
時間を見計らって行かないと、ゆっくり満足できないでしょうね。
ちょうど私があがった9時前には、駐車場満杯、10人ぐらいどどっと押し寄せたとこでした。
危ない、危ない・・・
もしこれが混雑したお湯でしたら、また違った評価になってたかもしれないです。

住所:島根県邑智郡美郷町千原1070
電話:0855-76-0334
営業時間:8:00~18:00
定休日:無休
入浴料:大人500円小人300円


★楽天トラベルで安く旅が出来てるので、頻繁にあちこち行っています★